トヨタ新型クラウンセダンは4グレード構成でハイブリッド&四輪駆動を採用!

トヨタを代表する車「クラウン」のフルモデルチェンジが近づいています。

一時期は、クラウンは無くなるのではないかと言う噂もありましたが、めでたく新型クラウンが投入されます。

トヨタは新型クラウン販売戦略において、複数のボディタイプを用意するつもりのようです。

まずは、新型クラウン群の第一弾として、SUV風4ドアセダンという聞きなれないボディ形状を採用した新型クラウンセダンを発表する予定です。

すでに販売会社には営業マン用の資料が届いているようで、新型クラウンを見た人がtwitterで下記のように呟いています。

まじでこれまでとは全然違う斬新な別の車!
想像してたより百倍よかったわ!
20世紀末頃に思い描いていた”未来の車”という印象。

このような驚きの意見もある一方、あれはクラウンじゃないという反対意見も散見されます。

今回は、トヨタ新型クラウンセダンのグレード構成とパワートレインについて紹介します。

トヨタ自動車が国内7工場11ラインの稼働一時停止を発表!遅延するモデルは何?

スポンサーリンク

トヨタ新型クラウンセダンは4グレード構成

画像引用元:Motor1

トヨタ新型クラウンセダンは4グレード構成です。

トヨタ新型クラウンセダンのグレード
RS見た目も装備も最上位グレード
HI Leather Packageレザーシートの贅沢仕様
HI売れ筋グレード
BASEベースグレード

トヨタ新型クラウンセダンは、現行クラウンのグレード構成と同じように「RS」を最上位グレードに設定します。

トヨタ新型クラウンセダン「RS」は、従来通り欧州車に負けない乗り心地と走行性能を目指して開発されたグレードです。

エクステリアはもちろん、インテリアカラーからデコレーションパネルまでスポーティな印象に仕上がっています。

トヨタ新型クラウンセダン「HI Leather Package」は、レザー表皮を使用した贅沢仕様となっており、現行クラウンオーナーからの乗り換えを前提に設定されていると思われます。

トヨタ新型クラウンセダン「HI」は、売れ筋グレードです。

必要な装備は一通り装着されており、サンルーフをはじめとする贅沢装備や安全運転システムの拡張などのオプションが用意されるとみられます。

そして、トヨタ新型クラウンセダン「BASE」は、読んで字のごとくベースグレードです。

おそらく、「BASE」には必要最低限の装備なので、タクシーやパトカーなどの改造を必要とする車両に適用されるグレードと思います。

トヨタ新型クラウンセダンの発表後しばらくの間は、トヨタの推奨仕様のみの生産に限定されると思います。

半導体不足の影響により、生産できる装備やオプションが限られているため、自由にオプションを選ぶことは出来ないでしょう。

トヨタが更なる半導体不足により新車減産を発表!納車遅延がもっと深刻に?

スポンサーリンク

トヨタ新型クラウンセダンはハイブリッド&四輪駆動


画像引用元:Motor1

トヨタ新型クラウンセダンは全グレードにハイブリッド&四輪駆動システムを採用しています。

これまで歴代クラウンに採用されてきたFR(フロントエンジン後輪駆動)は新型クラウンセダンでは廃止されます。

トヨタ新型クラウンセダン「BASE」「HI」「HI Leather Package」に搭載されるパワートレインは、2.5ℓ直列4気筒ガソリン+ハイブリッドモーターとなっています。

このパワートレインは、現行クラウンやカムリに採用されているパワートレインと同型ですが、燃費が向上されているようです。

そして、後輪には「eAxle」が搭載されます。

「eAxle」はトヨタグループであるアイシンが開発したEV駆動モーターシステムです。

つまり、トヨタ新型クラウンセダンは、前輪をエンジン+ハイブリッドユニットが、後輪をeAxleが駆動させる四輪駆動システムが採用されています。

トヨタ新型クラウンセダンの最上位グレード「RS」のパワートレインには、2.4ℓ直列4気筒ターボエンジン+ハイブリッドが搭載されます。

トヨタとしては初となる2.4ℓターボハイブリッドシステムは、トヨタの高級ブランドであるレクサス新型NX300に搭載されているユニットと同じです。

さらに、トヨタ新型クラウンセダン「RS」は後輪にeAxleが搭載する最新の四輪駆動システムとなるので、新型NX300よりも走行性能は圧倒的に上になるでしょう。

ちなみに、トヨタ新型クラウンセダンのトランスミッションは6速ATが、それ以外はCVTが採用されます。

自動車税の減額なるか?トヨタ自動車の豊田社長が国に減税を求めると表明!

スポンサーリンク

トヨタ新型クラウン群とは?

トヨタ電気自動車画像引用元:トヨタ自動車

トヨタ新型クラウンセダンですが、SUV風4ドアクーペのような見た目をしているようです。

販社で資料を見た人の中には、「SUVとステーションワゴンとクーペの特徴を全部採用したような見た目」と表現したり、「マツダアテンザワゴンみたい」と具体的なモデル名もありました。

「まさかクラウンがSUVみたいになるなんて!」と悲観しているセダン愛好家の方には朗報です。

トヨタの資料には現代の多様なニーズに応えるべく、クラウン群の第1弾として新たなボディタイプのクラウンを投入」と記載されているようです。

注目すべきは「クラウン群の第一弾」という言葉です。

そうです。トヨタ新型クラウンはセダンだけではなく、SUVやステーションワゴンといったボディ形状の発表も予定されているのです。

今後は、人気の高いSUV形状で新型クラウンを発表し、これまでクラウンが取り込むことが出来なかった若いユーザー層もターゲットにする計画のようです。

ちなみに、トヨタの営業マンさんと思われる方のtwitterには、

ほんとお願いだから600万円とか阿保な値段はやめてほしい。若者買うわけないじゃん。

という切実な呟きがありました。

私も元自動車営業マンとして、まさに共感します。お気持ち痛いほど分かります。

それはそれとして、トヨタ新型クラウンセダンの価格は600万円前後に設定されているようですね。

トヨタ新型クラウンセダンは2022年7月15日発表か?

トヨタ新型クラウンSUVの発表は2022年7月15日に発表される見込みです。

根拠は、大手メディアが2022年7月15日に新型クラウンが発表されると報じているからです。

さらに、トヨタの営業マンさんの手元に内部資料が届いており、購入見込のあるお客様リストを作成している様子を見ると直近で発表発売されると思います。

ちなみに、日本の自動車メーカーは内部リークなどの危険性を考慮し、公式発表ギリギリまで販売店に内部資料を郵送しません。

下手すると自動車スクープ情報「マ〇ジンX」の方が営業マンよりも早く報じることがあります。

とにかく、twitterで呟かれているように、販社で資料を見たという人がいるという事は、もうすでに営業マンの手元に資料が届いているという事です。

つまり、トヨタ新型クラウンセダンの公式発表はもう目の前まで迫っているということに相違ありません!

新車の生産遅延による今後の日本の自動車市場は?

画像引用元:carscoops

メーカーによる新車減産と大幅な遅延により、今後の日本の自動車市場では中古車が中心となる可能性があります。

更なる半導体不足によって新車が生産されない状態が続くと、当然注目されるのはもうすでに走っている中古車ですよね。

実際に中古車の査定・買取額が大幅に上昇しているケースが見受けられるようです。

最早、新車を買える人は複数台の車を所有する資金力といつまでも待てる時間がある人に限られてくるでしょう。

今の状態が快方に向かうまでに少なくとも1~2年ほどかかるとみられます。

つまり、当面の間では日本の自動車市場は中古車の売買が活発になると予想されます。

今乗っている車を手放そうと思っている人には逆にチャンスと言えます。

通常時なら買取額が良くても5万円の車が、今なら10万円、もしくは、15万円の値が付くかもしれません。

もしあなたが今乗っている車を手放そうかどうか悩んでいるのであれば一度あなたの愛車の査定をすることをお勧めします。

査定結果を見て、納得すれば手放して現金化すればいいし、納得しなければ乗り続ければいいだけです。

今は買取相場が上がっているので、あなたが想像している以上の買取額が提示されるかもしれませんよ。

買取査定レビューしているのでぜひ参考にしてください。

買取査定レビュー⇒【査定レビュー】高額買取に必要なのは競合させること!私は一括査定で35万円アップに成功した!

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND