自動車税の減額なるか?トヨタ自動車の豊田社長が国に減税を求めると表明!

日本最大の自動車メーカー、トヨタ自動車のトップである豊田章男社長(以下:豊田社長)が、自動車税の更なる減額を国に求める考えをしましました。

豊田社長は、2018年5月に一般社団法人日本自動車工業会(以下:自工会)の会長に就任し、自動車産業の発展に尽力しています。

その甲斐もあって、就任翌年の2019年(令和元年)10月以降に登録された新車の自動車税を減額する事に成功しました。

しかしながら、減税後であっても日本の自動車税が世界一高額な税金であることは変わりありません。

そんな自動車税の更なる減税を豊田社長は国に訴えてくれています。

世界のお金持ちトップ20の車事情!世界一の大富豪はどんな高級車に乗ってるの?

スポンサーリンク

世界一高額な日本の自動車税

日本の自家用乗用車の自動車税
総排気量現行2019年10月1日以降登録
~1,000cc29,500円25,000円
1,001cc~1,500cc34,500円30,500円
1,501cc~2,000cc39,500円36,000円
2,001cc~2,500cc45,000円43,500円
2,501cc~3,000cc51,000円50,000円
3,001cc~3,500cc58,000円57,000円
3,501cc~4,000cc66,500円65,500円
4,001cc~4,500cc76,500円75,500円
4,501cc~6,000cc88,000円87,000円
6,001cc~111,000円110,000円
自家用乗用軽自動車10,800円10,800円

自動車税は毎年5月に自動車の所有者(ローンの場合は使用者)へ郵送されます。

自動車税は一年に一回とは言え、数万円単位のお金が必要になるため大きな出費となります。

自動車税を滞納、未納となれば、あなたの給与や財産の差し押さえられる事態も考えられます。

私たちが払っている自動車税が実は世界一高額であることはあまり知られていません。

自動車大国のアメリカの自動車税は毎年1,000円~15,000円程度と激安。

自動車先進国のドイツでは排気量とCO2の排出量によって税金が決まりますが、日本ほど高額ではないようです。

イギリスではCO2排出量と使用燃料によって0円~90,000円の範囲で自動車税が決まります。

もともと自動車税は、自動車用の道路を作ったり、修理する為の道路特定財源として徴収されていました。

しかし、2009年の税制改正後、自動車税は使用用途を問わない一般財源となりました。

つまり、私たちが払った自動車税は自動車の為に使われていない可能性もあるのです。

もしかすると、議員さんの出張費に充てられているかもしれません。

そんな自動車税の減額を豊田社長をはじめ、JAFも要望書を提出するなど尽力してくれた結果、2019年10月からの減税には成功しました。

しかし、まだまだ自動車ユーザーの税負担は大きいものとなっています。

豊田社長は日本の自動車税制について、さらなる簡素化と減税を求めているが、抜本的な見直しは実現できないと強調しました。

しかしながら、自動車ユーザーの負担軽減を国に求めていく考えを示しています。

日本において、車を購入すること自体はそこまで難しくありません。

大変なのは、自動車税をはじめとする自動車を維持していくための維持費です。

自動車税をはじめとする自動車に掛かる税金を減額する事で、少しでも気軽に車が持てる世の中にしてもらいたいと思います。

自動車の購入時に必要な税金はいくつあるの?日本はお金取り過ぎだよ!

スポンサーリンク

日本の車離れは維持費の高さも要因

日本では急速な車離れが深刻化しています。

もちろん、車の価格自体が高くなっているということもありますが、一番の要因は車の維持費の高さにあると思います。

車を購入すると、燃料代をはじめ、自動車保険料、自動車税、点検代、車検代など様々な費用が必要になります。

車を買うだけでも大変なのに買ってからも費用が掛かるなら車を買おうと思う人が減っても不思議ではありません。

ましてや、車の維持で大変な思いをしている親を見て育った子供は車なんて持ちたくないと思うことでしょう。

日本には、世界的に評価の高い自動車メーカーが数多くある自動車生産国です。

しかし、そんな自動車生産国の国民は、車の維持費が高すぎて車を買わない、持たないというのは寂しいですよね。

自動車税だけではなく、ガソリン税や車検時の重量税など、自動車に課せられている重複する税金の免除、もしくは、減税が叶えば車を買おうと思う人も増えるはずです。

自工会やJAFなど、たくさんの組織が自動車に関する税金の減額を国に要望しています。

近い将来、もっと気軽に車が買える、持てる社会の実現に期待しましょう。

トヨタ新型クラウンSUVは4グレード構成でハイブリッド&四輪駆動を採用!

スポンサーリンク

新車の生産遅延による今後の日本の自動車市場は?

画像引用元:carscoops

メーカーによる新車減産と大幅な遅延により、今後の日本の自動車市場では中古車が中心となる可能性があります。

更なる半導体不足によって新車が生産されない状態が続くと、当然注目されるのはもうすでに走っている中古車ですよね。

実際に中古車の査定・買取額が大幅に上昇しているケースが見受けられるようです。

最早、新車を買える人は複数台の車を所有する資金力といつまでも待てる時間がある人に限られてくるでしょう。

今の状態が快方に向かうまでに少なくとも1~2年ほどかかるとみられます。

つまり、当面の間では日本の自動車市場は中古車の売買が活発になると予想されます。

今乗っている車を手放そうと思っている人には逆にチャンスと言えます。

通常時なら買取額が良くても5万円の車が、今なら10万円、もしくは、15万円の値が付くかもしれません。

もしかすると、買取額100万円だった車が150万円に!

200万円だった車が250万円以上の高値を付ける可能性もあります!!

もしあなたが今乗っている車を手放そうかどうか悩んでいるのであれば一度あなたの愛車の査定をすることをお勧めします。

査定結果を見て、納得すれば手放して現金化すればいいし、納得しなければ乗り続ければいいだけです。

今は買取相場が上がっているので、あなたが想像している以上の買取額が提示されるかもしれませんよ。

買取査定レビューしているのでぜひ参考にしてください。

買取査定レビュー⇒【査定レビュー】高額買取に必要なのは競合させること!私は一括査定で35万円アップに成功した!

コメント一覧
  1. 村田 より:

    頑張って自動車税を下げてほしい。または、車検や十二ヶ月点検に助成金の実施、燃料代を下げて欲しい。また、旧車と最新の車の税金の公平化を実現、。
    自動車税が純粋に車の事に使われてないのなら減税。

    • より:

      村田様
      コメントありがとうございます。
      自動車は購入時の環境性能割(取得税の代わり)だけではく、ガソリン税、自動車税、重量税など維持管理するのにもお金がかかります。
      私たちが払った税金が自動車以外にも使えるようになっていることで、豊田社長やJAFが国に対して自動車に関する減税や負担軽減を訴え続けています。
      維持するのにお金がかかるから好きな車を買えない、車なんて買わないなんて悲しすぎますね。

      • アツちゃん より:

        結局消費税10%時点で取得税が廃止になったが環境ほにゃらら税とかで結局一緒!
        まったく自動車に関わる税金は減っていない新車を買おうとすると以前より高額。ただでさえ自動車の価格が上がってるのにとても買う気になれない。若い人が車に興味がないんじゃなくて車を購入することできないのが現実。
        全くこの国の政治家は国民のことなんて一切考えていない。自分のことさえよければそれでいい的な政治家が80%以上占めてるんじゃないだろうか?

        • より:

          アツちゃん様
          コメントありがとうございます。
          憤り全くその通りです。
          自動車に関する税金が一般財源化した時点で、国は自動車に関する税金は取りすぎて余っていると言っているようなものです。
          自動車業界に携わる多くの人や企業が国に訴え続けることで、昔から変わらず続けられてきた悪しき習慣を良い方向へ変えてもらいたいと切に思っています。

          • オヤジ より:

            倒産したクルマ屋です…そもそも…所得も上げずに増税と予算第一でデフレが悪いと宣う頭の悪い人達に搾取される様ではお先真っ暗…絶望的ですね…
            失われた30年で全てに於いて取り返しのつかない国にされて仕舞いました…大国の罠に嵌まり中流総崩れな国内市場を見切り…当然民間企業は儲かる海外に活路を見出だすしかなくなりました…合掌…

  2. ナルホド・トランプ より:

    自動車税と言うくくりではないけれど、ドイツは自動車を購入する際、確か車両価格の25%くらいの税金を払うはずですよ。
    だからBMWの3シリーズやメルセデスのCクラスのエントリーモデルは、車両本体価格は日本の方が高いのに、乗り出し価格はドイツで買うより日本で買う方が安く済みます。
    自動車を購入する際、先進国で最も税金を払うのはドイツのはずです。

    • より:

      ナルホド・トランプ様
      コメントありがとうございます。
      確かに、ドイツでは車両購入時に19%の税金が必要です。
      だからこそと言っていいのか、ドイツでは自動車は価値のある資産となるのでリセール(下取・買取)価格が日本よりも高額で取引されているようです。
      ドイツの車検は約100ユーロ(15000円程度)らしいですが、日本では自賠責や税金だけでも5~8万円くらい、整備まで含めると12~15万円必要です。
      日本で10年間自動車を保有するための税金&維持費は、アメリカの49倍、ドイツの3倍ほど高いとされているようですね。

  3. i より:

    13年だっけ?古い車は増税ってのは。
    貧乏だから新車買えない人も沢山いるのにそこに増税とかほんと頭おかしい。
    旧車等にいたっては何十年と所有者は払い続けているのに、1台の車を大切に維持するためだけに何故税を払い続けなきゃならない?
    古いものを大切にするだけなのに。
    ガゾリン税に消費税、二重課税も相変わらず?

    • より:

      i様
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り、13年以上経過した自動車には1.5倍の自動車税が課税されます。
      欧州では長年大事に乗っている車やクラシックカーには逆に無税になるのですが・・・・・。
      ノーベル平和賞を受賞したケニア人のワンガリ・マータイさんが「もったいない」という言葉は日本語にしかない素晴らしい言葉だと言っていましたが、日本政府は「もったいない」という言葉を知らないのでしょうね。

  4. あぁ より:

    ほんまこの国は自動車にかかる税金が異常やわ

    • より:

      あぁ様
      コメントありがとうございます。
      世界一高い自動車税を払わないと車を所有することすら許されない国です。
      自動車税を払わなければ給与差し押さえまでするのに、払われすぎた税金は一切帰ってこない。
      不思議ですね?どこに消えているのでしょうね?
      やだなぁ。怖いなぁ。

  5. たっく より:

    車離れだけではなくて自動車整備士も足りないみたいですね!私は子育て世代なのでミニバンに乗ってますが、子供達に手がかからなくなったら好きな車に乗ろうと思ってましたが税金が高くて手にできませんね!抜本的に税金は見直して欲しいものです

    • より:

      たっく様
      コメントありがとうございます。
      仰る通り、自動車販売店では自動車整備士の確保が難しくなっています。
      そもそも、車が好きで弄るのが好きじゃないと自動車整備士になろうとは思いませんからね。
      自動車税を減らすことが可能なら減らしてほしい限りです。

  6. anonymous より:

    他国が何円だろうと、納得して払えるか否か。

    • より:

      anonymous様
      コメントありがとうございます。
      自動車税が車のユーザーの為に使われているなら納得して払うユーザーが多いと思います。
      しかしながら、一般財源化した今、自動車ユーザーが払った自動車税が、何にいくら使われているのか分かりません。
      本当に仕事で行ったのかわからない出張費や得体のしれない通信費として湯水のように使われていると可能性があると思うと悲しくなります。

コメントを残す

関連キーワード
あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND