トヨタ自動車が国内7工場11ラインの稼働一時停止を発表!遅延するモデルは何?

トヨタ自動車は6月16日、17日以降より一部工場及びラインの稼働を停止すると発表しました。

これにより、6月の世界生産台数は約80万台から75万台に引き下げられることになります。

新型コロナウイルスによるパンデミック以降、世界中の自動車メーカーが部品供給不足による減産を余儀なくされています。

特にトヨタは、年間に952万台という世界一位の販売台数(2020年)をほこる大企業なので、減産の影響は甚大です。

今回は、トヨタ自動車が一時的に稼働を停止する工場と、更なる生産が遅延が予想されるモデルを調べてみました。

【フルモデルチェンジ】トヨタ新型プリウスの発売時期はいつ?販売価格はいくら?

スポンサーリンク

トヨタが稼働を一時停止する工場と期間は?

トヨタ減産画像引用元:carscoops

トヨタ自動車がHPで公表している稼働を停止する7工場11ライン、及び、稼働停止期間は以下の通りです。

工場名稼働停止日程
元町工場第1ライン6月17日~7月1日
GRライン
少量ライン6月20日~7月1日
高岡工場第2ライン6月27日~7月8日
田原工場第3ライン6月27日~7月1日
岩手工場第1ライン
第2ライン
宮城大衡工場-
トヨタ車体 富士松工場第2ライン
トヨタ車体 吉原工場第1ライン
第2ライン

参考資料:トヨタ自動車

トヨタ自動車の工場の中でも基幹となる元町工場において稼働停止する期間が一番長いことがわまります。

中国・上海のロックダウンに伴う大幅な部品供給不足が影響しているようです。

トヨタ自動車では6月13日に全14工場28ラインで正常稼働に戻ったばかりですが、早くも一部工場とラインで稼働停止を余儀なくされています。

トヨタの工場で高級ブランドである「レクサス」も生産しているため、トヨタの車種のみならず、レクサスの車種でも遅延が発生する見込みです。

中国と東南アジアからの部品供給不足が解消されなければ更なる工場稼働停止期間の延長もあり得ます。

しかしながら、トヨタ自動車としても減産を最小限に抑え、1日でも早く生産できるよう努力していることは間違いないでしょう。

トヨタの電気自動車「bZ4X」リコールにより一時的に販売停止!納期は未定?

スポンサーリンク

トヨタの更なる遅延が予想されるモデルは何?

トヨタ減産画像引用元:carscoops

トヨタ自動車の7工場11ラインの一時停止によって生産遅延が予想されるモデルは以下の通りです。

工場名稼働停止日程
元町工場第1ラインクラウン
ノア
ヴォクシー
MIRAI
bZ4X
GRラインGRヤリス
少量ラインレクサス LC
高岡工場第2ラインハリアー
RAV4
田原工場第3ラインレクサス LS
レクサス IS
レクサス RC
レクサス RCF
レクサス NX
岩手工場第1ラインC-HR
アクア
第2ラインアクア
ヤリス
ヤリスクロス
宮城大衡工場ヤリスクロス
シエンタ
カローラアクシオ
カローラ―フィールダー
JPN TAXI
トヨタ車体 富士松工場第2ラインノア
ヴォクシー
トヨタ車体 吉原工場第1ラインレクサス LX
ランドクルーザー300
第2ラインランドクルーザー70

参考資料:トヨタ自動車

全14工場中7工場の稼働を停止することで様々なモデルの生産が遅延します。

トヨタブランドでは、「ヤリス」「ヤリスクロス」「アクア」「C-HR」「ハリアー」「ランドクルーザー300」といった超人気車種の名前も確認できます。

特に「ヤリスクロス」と「C-HR」は人気の高いコンパクトSUVのハイブリッドモデルなので、バックオーダーをたくさん抱えていることが想像できます。

レクサスブランドにおいては、全12モデル中7モデルにあたる「LC」「LS」「IS」「RC」「RC F」「NX」「LX」の生産が遅れる見込みです。

2022年6月の段階で、トヨタ「ランドクルーザー300」とレクサス「LX」の納期は驚きの「4年待ち」となっていましたが、今後さらに納期が遅れると思われます。

さらにレクサス「NX」もフルモデルチェンジ以降、納期に1年以上必要な状況が続いている人気モデルですが、納期の長期化は免れないかもしれません。

しかし、自動車営業マンはたまったものではないでしょうね。

「車を売りたくても、売る車が無い!」「車を売っても、いつ来るかわからない!」といった状況になっています。

それでも車を売らなければならない自動車の営業マンに幸あれ!

トヨタ新型クラウンセダンは4グレード構成でハイブリッド&四輪駆動を採用!

スポンサーリンク

新車の生産遅延による今後の日本の自動車市場は?

画像引用元:carscoops

メーカーによる新車減産と大幅な遅延により、今後の日本の自動車市場では中古車が中心となる可能性があります。

更なる半導体不足によって新車が生産されない状態が続くと、当然注目されるのはもうすでに走っている中古車ですよね。

実際に中古車の査定・買取額が大幅に上昇しているケースが見受けられるようです。

最早、新車を買える人は複数台の車を所有する資金力といつまでも待てる時間がある人に限られてくるでしょう。

今の状態が快方に向かうまでに少なくとも1~2年ほどかかるとみられます。

つまり、当面の間では日本の自動車市場は中古車の売買が活発になると予想されます。

今乗っている車を手放そうと思っている人には逆にチャンスと言えます。

通常時なら買取額が良くても5万円の車が、今なら10万円、もしくは、15万円の値が付くかもしれません。

もしあなたが今乗っている車を手放そうかどうか悩んでいるのであれば一度あなたの愛車の査定をすることをお勧めします。

査定結果を見て、納得すれば手放して現金化すればいいし、納得しなければ乗り続ければいいだけです。

今は買取相場が上がっているので、あなたが想像している以上の買取額が提示されるかもしれませんよ。

買取査定レビューしているのでぜひ参考にしてください。

買取査定レビュー⇒【査定レビュー】高額買取に必要なのは競合させること!私は一括査定で35万円アップに成功した!

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND