VWが最新電気自動車エアロBを発表予定!新型モデルのスペックとは?

フォルクスワーゲン(以下:VW)が完全な新型電気自動車を発表予定です。

VWの最新電気自動車の正式名称はまだ不明ですが、コードネームは「Aero B(エアロB)」と呼ばれています。

おそらく、VWの電気自動車モデルを表す「ID」に基づき、新型電気自動車モデルである「ID.5」と名付けられるかもしれません。

今回は、最新電気自動車エアロBのスクープ画像とスペックを紹介します。

VW新型コンパクト電気自動車ID.4の日本発売日はいつ?販売価格はいくら?

スポンサーリンク

VW最新電気自動車エアロBのスクープ画像

画像引用元:carscoops

VW最新電気自動車エアロBのフロントマスクからチェックします。

一見するとカモフラージュが無いように見えますが、ヘッドライトとグリルデザインはステッカーによって厳重に変装されています。

IDシリーズと同じデザイン言語をプリントしたステッカーによって偽装されいるところを見ると、エアロBには全く違った新しいデザインが採用されている可能性が高いと思います。

グリルとヘッドライトの境目のラインを見る限り、エアロBのヘッドライト形状は鋭く、尻上がりに吊り上がった形状が採用されているように見えます。

グリルも全く違ったデザインが採用されているようですね。

一方、フロントバンパーデザインにおいては、一切のカモフラージュはなく、サイドエアインレットをはじめ、ロアグリルやフロントスポイラーのデザインなど丸見えです!

隠したいのか、隠したくないのか、VWの狙いがよくわからない状態になっています。

ただ一つ言えることは、VW最新電気自動車エアロBが全く新しいデザイン言語によって構築されていることです。

VW最新電気自動車エアロBのサイドビューをチェックします。

フロントには「アウディ」の曲線を用いたデザイン言語を思わせるテイストが盛り込まれています。

サイドには、フロントのタイヤアーチから後ろの仕上げ方が「ポルシェ」に用いられているデザインを思わせます。

そして、リアには「フォルクスワーゲン」に用いられている短いトランクデザインが採用されています。

まるでフォルクスワーゲングループの盛り合わせのようなデザインになっていますね。

好きか嫌いかは置いておいて、ドアノブがフラッシュマウント化されている点は評価に値すると思います。

完全にテスラモデル3を意識したデザインになっているようです。

 

VW最新電気自動車エアロBのリアビューをチェックします。

リアビューもフロントマスク同様に、しっかりと隠すところは隠し、見せるところは見せているという印象です。

テールライト形状ですが、外側はダミーステッカーによって隠されているので全貌は確認できません。

しかし、テールライト形状の内側(トランク側)はこのまま採用される可能性が高いでしょう。

リアバンパーでは、リアディフューザー付近にカモフラージュが確認できますが、大まかな形状だけは確認できます。

苦し紛れのダミーマフラーがなんか可愛らしいですね。

フォルクスワーゲンが大衆車から高級車メーカーへ!その理由とは?

スポンサーリンク

VW最新電気自動車エアロBの予想スペック

画像引用元:carscoops

VW最新電気自動車エアロBは現在開発中、且つ、発表前なので正式なスペックは不明です。

とはいえ、VWはすでに電気自動車を販売しています。

VW最新電気自動車エアロBには「ID.4」のパワートレインを採用することも可能です。

もし、VW最新電気自動車エアロBに「ID.4」のパワートレインが採用されるのであれば、200馬力を発生する後輪駆動モデルと300馬力を発生する四輪駆動モデルの2グレードとなるでしょう。

非常に現実的なスペックですね。

VW最新電気自動車エアロBのプラットフォームが「ID.4」と共有になる可能性が高いので、過度の期待は出来ません。

しかしながら、もしVW最新電気自動車エアロBに、アウディやポルシェに採用されている高性能プラットフォームが採用されたらと考えると・・・・。

VW最新電気自動車エアロBの可能性の期待値が爆上がりしますね。

とにかく、VWは最新電気自動車エアロBを急ピッチで開発中です。

現にVWのCEOであるラルフブラントシュテッター氏は、2023年からエムデン工場でAeroBの製造を開始する用意があると語っています。

今後さらに激化する電気自動車市場において、VW最新電気自動車エアロBは一石を投じるコアモデルとなるか楽しみですね。

VW新型電気ミニバン「ID.Buzz」日本発売はいつ?販売価格はいくら?

画像引用元:carscoops

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND