フォルクスワーゲンが大衆車から高級車メーカーへ!その理由とは?

ドイツのフォルクスワーゲン(以下:VW)が大衆車メーカーから高級車メーカーへ移行するようです。

2022年4月6日、ロイターによって行われたVW最高財務責任者であるアルノ・アントリッツ氏へのインタビューで、VWは高級車へ専念する方針を示したと報じています。

VWは、日本で高級車として定着しているドイツ車の中では比較的手の届きやすい価格設定になっていることから、最初のドイツ車として購入するユーザーが多いことでも知られています。

そんなドイツ車の登竜門ともいえるVWが大衆車ではなく、高級車メーカーへの移行を計画している理由とは?

スポンサーリンク

フォルクスワーゲンが大衆車から高級車メーカーになる理由とは?

画像引用元:フォルクスワーゲンジャパン

VWが大衆車を廃止し、高級車へ専念する理由は利益率の追求です。

VWには、「up!」や「Polo」といったコンパクトで安価なモデルを販売していますが、価格が安い分、当然ながら利益率も低くなっています。

特に内燃機関(エンジン)においては、年々排ガス規制の基準が高くなっています。

それに伴い莫大な開発費用を投じて新型エンジンを開発しなければなりません。

小型の高性能エンジンほどコストが掛かりますが、販売価格を上げると販売台数の検証に繋がります。

つまり、VWにとって、コンパクトな安価モデルを発売するという事は、自分で自分の首を絞めているようなものなのです。

VWは2030年までに、ほとんどの内燃機関(エンジン)モデルを廃止し、電気自動車の販売に注力します。

それと同時に、数多くあるモデルも絞っていく方針も示しています。

VWのモデル編成に伴い、VWは利益率の高い高級車と投入し、大衆車メーカーから高級車メーカーへと移行する計画のようです。

スポンサーリンク

フォルクスワーゲンの良さがなくなってしまうのでは?

画像引用元:フォルクスワーゲンジャパン

イギリスのビジネス誌「フィナンシャル・タイムズ」のインタビューで、VW最高財務責任者は「重要な目標は成長ではない。量と市場シェアよりも質と利益率に専念する」と発言しています。

経営者として会社の利益を追求するのは当然です。

しかし、利益率を追求するあまり、フォルクスワーゲンが高級車メーカーになるのは気になります。

フォルクスワーゲンという社名は、ドイツ語で「Volks(人々)」「Wagen(車)」という意味です。

VolksWagen(フォルクスワーゲン)は「人々の車」を意味し、多くの人に乗ってもらえる大衆車こそフォルクスワーゲンの真骨頂であるような気がします。

もちろん会社はボランティアではなく、利益を出し続けることで社会貢献する使命があります。

しかしながら、フォルクスワーゲンが高級車メーカーになってしまったら、他の高級ドイツ車と同じになってしまいます。

憧れのドイツ輸入車を手の届く価格で提供するフォルクスワーゲンの良さが無くなってしまうのではないかと思っています。

フォルクスワーゲンには、全てのモデルとまでは言いませんが、せめて手の届く価格で輸入車を販売し続けてもらいたいものです。

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND