Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、Mです。

アウディのDセグメントであり、日本ではアッパーミドルセダンに属するアウディA4のマイナーチェンジの情報をキャッチしました。

ドイツ車のマイナーチェンジは毎年行われていますが、ボディカラーの入れ替え、オプションの調整、モデルラインアップの変更、バンパーデザインの変更などの文字通り「マイナー」なアップグレードが行われています。

2020年に予定されている「マイナーチェンジ」は、俗に言う「フェイスリフト」になるようです。

「フェイスリフト」は、外観の変更を伴う改良の事を言いますので、外観の軽微な変更から大幅な変更にまで及ぶことがあり、車のイメージを大きく変えることが期待されます。

中には本当に同じ車か?と思うほどのフェイスリフトを伴うマイナーチェンジが行われることがあります。

三菱自動車のデリカD:5のマイナーチェンジはまさにその良い例でしょうね。

三菱のデリカD:5のマイナーチェンジの詳細はこちら
三菱デリカがマイナーチェンジ!大幅に変更された見た目の評価と変更点は?

ちなみに、2019年モデルのA4のフェイス、ドン!

6角形のシングルフレームグリルと纏い、返しのあるヘッドライトデザインと「¬型」の光ファイバーを採用したヘッドライトグラフィックが特徴的なデザインとなっています。

これはこれで洗練されていて、直線的で清潔感のあるデザインですが、保守的なデザイン過ぎて、個人的には、メルセデスベンツのような「個性」に欠けるデザインと思っていたので、アウディA4のフェイスリフトの情報を受けて、ちょっと喜んでいます。(笑)

それでは早速、アウディA4にどのようなフェイスリフトが施されるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

新型アウディA4のスパイフォト

carscoops.comのフォトグラファーにて取られた写真です。

一見すると変わっていないように見えますが、まず、シングルフレームグリルのデザインの変更が見て取れます。

従来通り6角形のグリルであることは変わりませんが、左のグリルは明らかにワイド&ローなデザインになっています。

このシングルフレームグリルは、新型A8をはじめとする、2018年以降にフルモデルチェンジしたモデルに共通して見られるグリルデザインです。

アウディA8の詳細はこちら
新型アウディA8のハイテク装備が凄い!外装も内装も一新し発表!

そして、ヘッドライト形状にも変更が加えられるようです。

右の「マイナーチェンジ前」のヘッドライト形状は、「返し」のある「¬型」に対して、新型左の「マイナーチェンジ後」のヘッドライト形状は、新型A8や、兄弟車であるA5のようなシンプルな「台形」の形状に変わっていることが確認できます。

また、ヘッドライト形状だけではなく、グラフィックも、従来の「¬型」のラインから、新型Q7や新型A1で採用されているような「面」で光る意匠が採用されています。

このことから、これまでの「モデル別」で採用していたヘッドライトグラフィックを改め、減ヘッドライトグラフィックをある程度統一して、「アウディの新たなデザインアイコン」として確立させようとしているのかもしれません。

リアビューです。

リアテールレンズそのものの形状には、大きな変化が確認できませんが、グラフィックに変更があるようです。

右の「マイナーチェンジ前」のグラフィックは、「コ」のようなデザインが採用されていたのに対して、左の「マイナーチェンジ後」のグラフィックでは、発光面積が拡大され、「L」型に変更されていることが確認できます。

リアバンパーでは、バンパー一体型のマフラー部のデザインが、より大経口マフラーデザインに変更されていて、より力強い印象を演出しています。

まだ大部分がカモフラージュされていて、細部の変更点は確認できませんが、2020年に予定されているアウディA4のマイナーチェンジではフェイスリフトが行われることは間違いないようです。

余談ですが、日本だけではなく、世界中でアウディA4の受注台数が落ち込んでいる様ですね。

最新装備を搭載し、安全面の装備も充実しているのに、メルセデスベンツやジャガーなどのコンペティターに遅れを取っていると海外メディアが伝えています。

このマイナーチェンジを機に、販売台数の拡大を図り大きく変更されると予想されています。

アウディQ7のマイナーチェンジでは、フルダッシュボードスワップが行われる予定があるなど、かなり大幅な変更が加えられるようなので、アウディA4のマイナーチェンジでも何か大きな変更が考えられますね。

アウディQ7のマイナーチェンジの詳細はこちら
アウディQ7が2019年にマイナーチェンジ!大幅な変更が行われる件!

ちなみに、スパイフォトを見る限り、フロントガラス越しにアウディA4のセンターディスプレイのようなものが確認できるので、アウディQ7のマイナーチェンジのような大掛かりなインテリア変更は見送られる可能性の方が高いかもしれません。

しかしながら、2019年のデトロイトモーターショーにおいて、アウディは自動運転を想定した次世代のインターフェイスの発表がなされるようなので、それらの最新の機能を搭載させるかもしれませんね。

スポンサーリンク

新型アウディA4のパワートレインはどうなる?

2019年モデルのパワートレインは、150PSの1.4リッターターボエンジン、190PSの2.0リッターターボエンジン、そして、クワトロモデルに搭載される252PSの2.0リッターターボエンジンの3タイプとなっています。

2018年12月現在ではまだ何の情報も開示されていないので、あくまでマイナーチェンジ後のエンジンラインアップの予想ですが、それぞれのパワートレインに48Vのモーターが搭載される可能性があります。

その根拠として、アウディは2019年モデルから従来のエンジンの排気量に応じた「1.4TFSI」や「2.0TFSI」という表記ではなく、「35TFSI」「40TFSI」「45TFSI」といったアウディ独自の表記に変更しています。

  • 「30」=109~128ps(81~96kW)
  • 「35」=147~160ps(110~120kW)
  • 「40」=167~201ps(125~150kW)
  • 「45」=226~248ps(169~185kW)
  • 「50」=281~308ps(210~230kW)
  • 「55」=328~368ps(245~275kW)
  • 「60」=429~455ps(320~340kW)
  • 「70」=536+ps(400+kW)

この数字の基準は「馬力(出力)」となっており、エンジン+αの出力、つまり「ハイブリッドシステム」の搭載を前提とした数字になっているのだとか。

例えば、1.4リッターターボエンジンの出力は150PSなので「30TFSI」ですが、今後、48Vのモーター搭載され、システム総出力が160PS以上になれば、同じ排気量のエンジンでも「40TFSI」になる事もあるということです。

そのような前提で表記変更を行っているので、2020年モデルのA4から48Vモーターを搭載した「マイルドハイブリッドシステム」に置き換えられる可能性は十分あると思われます。

親会社であるフォルクスワーゲンが多額の資金を電気自動車事業に投入するとオフィシャルで発表していますので、今後ハイブリッドシステムや電気自動車の普及は加速すると思います。

2019年中に日本で発売されるアウディe-tronを調べてみた件!

アウディがe-tronGTコンセプトを発表!2020年の発売を予定?

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

新型アウディA4のマイナーチェンジの情報をお伝えしました。

まだカモフラージュが厳重で細部にわたる変更点の検証は出来ませんが、フロントマスクを中心とした「フェイスリフト」と「インフォテイメントシステムのアップデート」が主な変更点になりそうです。

アウディは自動運転システムの導入に積極的なメーカーの一つですので、どうやら自動運転を想定したインフォテイメントシステムの開発を行っている様です。

AIの導入はもちろんのこと、ストーミングでニュースや動画が閲覧できるシステムも計画しているという情報もあります。

新型A4のマイナーチェンジでは外観のみではなく、そういったデジタル面での強化も同時に図っていくと思われます。

世界的に需要のあるDセグメントで結果が出したいアウディはどのような新型A4を投入してくるのか楽しみですね。

アウディA4の購入をご検討のあなたへ

車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

しかも、買い取り業者さんが来る度、「希望額はいくらですか?」「修理箇所はないですか?」「いつ引き取れますか?」「他に査定依頼してますか?」「今のところ一番高い金額はいくらですか?」などなど、毎回同じ説明しなければなりません。

私の感想ですけど、正直、

マジで、面倒くせ~

というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

一括査定でたった1回の査定で下取価格が35万円アップした体験談!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

一括査定でたった1回の査定で下取価格が35万円アップした体験談!

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう