三菱デリカがマイナーチェンジ!大幅に変更された見た目の評価と変更点は?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、Mです。

2018年11月21日、三菱のクロスカントリーミニバンであるデリカがマイナーチェンジされ装いも新たに生まれ変わり予約受注が開始されました。

私の中でデリカと言えば、やはりダカールラリーのイメージですね。

元々フランスのパリをスタートして、アフリカのセネガルの街ダカールをゴールとするレースだったことからパリ・ダカール・ラリー、通称「パリ・ダカ」と言われていました。

最近のダカールラリーは南米で開催されていて、2018年1月6日から20日に行われた大会ではペルーのリマをスタートし、ボリビアのラパス、そしてアルゼンチンのコルドバの3ヵ国を回るルートでした。

一日に500kmから800km走行する為、2週間の開催期間中の総走行距離は8,500km以上にも及びます。

コースはサーキットのように全てが舗装道路ではなく、泥道、砂漠、湿地帯、小川など到底普通の車では走行不可能な場所を走行しなければいけません。

しかもピットなどもあるわけでもないので、故障したら自分たちでその場で修理します。

まさに「世界で最も過酷なレース」の一つです。

そんなダカールラリーに三菱デリカは出場していました。

どんな場所でも潜り抜けてします屈強なボディとサスペンション、そして駆動力は見ていて気持ちよかったですね。

そんなわけでもし私が四輪駆動車の購入を検討するとすれば三菱デリカも候補の一つに挙げるでしょう。

そんな三菱デリカが12年ぶりのマイナーチェンジされるという情報に興味がありました。

そしてついに三菱デリカのマイナーチェンジがこれです。

はい、ドン!

あいや~。

正直デリカの面影はボディのシルエットくらいですね。

マイナーチェンジではなくてフルモデルチェンジじゃないかと思ってしまうほど全く違う車になりました。

しかし・・・・・・、好き嫌い分かれそうなフロントマスクですね(笑)

なんだか色んな意味でぶっ飛ばしてきましたね。

トヨタのヴェルファイアのようなゴリゴリ感を出したかったのか。

はい、ヴェルファイア、ドン!

それともキャデラックのエスカレードのようなオラオラ感を出したかったのか。

はい、エスカレード、ドン!

もしかしてゴリゴリとオラオラの両方を出しちゃったらこんな感じになったのか。

いずれにせよ、非常に個性的なエクステリアへと変貌を遂げました。

まずはネットでの反応を調べてみました。

アウディQ5の2.0TFSIに試乗!完成度の高さに大満足だった件!

スポンサーリンク

三菱デリカのマイナーチェンジ、ネットでの反応は?

さぁ、ネットではどんな評価を受けているのか調べてみました。

  • 変な顔
  • 奇形だな
  • なんじゃこりゃ
  • カッコ悪いです
  • すごく気持ち悪いデザインだな
  • ウルトラセブンみたい
  • すんげー下品だなぁw
  • くそかっこわるいな!これに関わった奴全員クビにした方が良いと思う
  • なんだかほっぺ両方からぎゅってされたみたいだなぁw
  • 笑えるくらい、ダサい。こんなん走ってたら指さして笑う
  • 前の顔の方が良かった

と、まぁ、予想はしていましたが、散々な言われようですね。(汗)

確かに個性的なフロントマスクなので、ちょっと抵抗あるかもしれません。

私の意見ですが、私はこの新型三菱デリカのデザインは面白いデザインだと思いました。

カッコいいとか、売れそうとか、そういう視点ではなく、なにか型にはまったものをぶち壊した感が面白いなぁと思いました。

デリカだからこそできた型破りなデザインですね。

それではもう少し詳しく新型三菱デリカを見ていきましょう。

スポンサーリンク

三菱デリカのエクステリア

それではもう一度フロントマスクを見てみましょう。

はい、ドン!

うん、インパクトありますね!

まず、左のホワイトカラーがデリカD:5のエクステリアです。

特徴はハニカムメッシュグリルにクロームメッキが施されたアンダーガードですね。

ツートンカラーにまとめられていてオフロードが得意そうなアウトドア仕様となっています。

右のグレーカラーが今回新たに追加されたグレードで「アーバンギア」です。

「アーバン」とは「都会的」という意味ですので、クロスカントリーのオフロードイメージのあるデリカD:5を都会的に仕上げたというわけですね。

特徴は横基調のグリルとオフロードっぽくないエアロバンパーですね。

デリカD:5のラグジュアリーモデルということもあり、どこかトヨタのヴェルファイアのような雰囲気もあります。

そしてなんといって一際目を引くのが縦に並べられたLEDヘッドライトです。

外側がロービームで内側がハイビームになっていて、それぞれリフレクターによって照射位置が設定されているので防眩も行いつつ照射範囲を広げています。

一見ヘッドライトのように見えるグリルと繋がっている吊り上がったLEDライトは、ポディショニングライトのようです。

ターンインディケーターはヘッドライトユニットの下に配置されています。

リアビューです。

左がデリカD:5、右がデリカD:5アーバンギアです。

どちらも大きくは変わりませんが、左のデリカD:5のテールレンズは繋がっているのに対してデリカD:5アーバンギアはセパレートされています。

また、右のデリカD:5アーバンギアにはリアスポイラーが設定されているのに対して、左のデリカD:5にはリアスポイラーがありませんね。

そしてリアバンパーですが、それぞれ違うデザインのバンパーが装備されています。

もちろんグレードが違えばアルミホイールのデザインも変更されます。

こうやって見てみると、デリカD:5アーバンギアが普通のミニバンに見えてきますね。(笑)

スポンサーリンク

三菱デリカのインテリア

新型三菱デリカはマイナーチェンジですが、エクステリアだけではなく、インテリアのデザインも大きく変更してきました。

12年もマイナーチェンジされないとどうしても古臭くなってしまいますからね。

フルダッシュボードスワップされた新型デリカD:5のインテリアがこちらです。

はい、ドン!

随分モダンなインテリアになりました。

曲線ではなく直線を中心としてデザインされ、壁のようだったダッシュボードには角度がつけられているので今風なクールで清潔感のあるインテリアになっています。

マイナーチェンジ前のインテリアはいかにもクロカン車というデザインだったので、新型三菱デリカのインテリアはとても新鮮です。

メーターも変更されています。

こちらもダッシュボード同様に角度が付けられていて、アナログメーターに視認性のいいLED証明が採用されていますね。

デリカD:5とデリカD:5アーバンギアで木目調の化粧パネルが採用されていて高級感もアップしています。

また、プラスチッキーだった先代と比べて格段にソフトタッチパッドの量が増やされているので、見た目も感触も一段とラグジュアリー仕様となっています。

ちなみに、アウディQ7もマイナーチェンジでフルダッシュボードスワップをするようなので、今後はマイナーチェンジでインテリアが変わるような時代が来るかもしれませんね。

アウディQ7が2019年にマイナーチェンジ!大幅な変更が行われる件!

三菱デリカの安全装備

そもそもクロスカントリーというカテゴリーには要らない装備なのかもしれませんが、購入者が一般人となれば話は別です。

今まで設定そのものがなく、ユーザーからの要望も多かったという三菱の先進安全装備「e-Assist」が、新型三菱デリカにようやく採用されます。

しかも標準装備です。

これで180km/hまで動作する自動ブレーキをはじめ、全車速追従型のアダプティブクルーズコントロール(ACC)、レーン逸脱警告が装備されることでライバル車との競争力アップを図ります。

三菱デリカのパワートレインと価格

斬新なデザインの新型三菱デリカD:5はディーゼル車のみの展開となります。

  • エンジンは2.3L直列4気筒DOHCターボディーゼル
  • 最高出力は107kW(145ps)/3500rpm
  • 最大トルクは380Nm(38.7kg-m)/2000rpm
  • トランスミッション=8速AT
  • JC08モード燃費=13.6km/L
  • 使用燃料=軽油

トランスミッションも6速ATから8速ATへと多段化され、スムーズな加速が期待できます。

先進安全装備と新しい8速ATの採用もあって新型三菱デリカの価格帯は

約385万円~約425万

となります。

従来モデルよりやや高めのゾーンになりまが、それだけの価値のある性能と装備が採用されています。

もちろん従来型のガソリンモデルも継続販売されますので、新型三菱デリカのデザインが受け付けなくても大丈夫です。

Mの独り言

新型三菱デリカのマイナーチェンジ後のフロントマスクはインパクトありますね。

ネットでも反応も様々ですが、枠からはみ出そうとすると叩かれるんですね。

個人的にな非常に面白いエクステリアだと思っています。

嫌いではありません。

ただあえて言わせてもらうとすると。

新型三菱デリカのハニカムメッシュグリルが電気シェーバーに見えちゃうなぁ。

決して馬鹿にしているわけではありませんよ。

第一印象がそんな風に見えてしまうと中々そのイメージから抜け出せないだけです。

そんなこんなでもし私が新型三菱デリカを買うとするとデリカD:5アーバンギア一択ですね。(笑)

まとめ

いかがでしたか?

新型三菱デリカのマイナーチェンジ、というかもうほぼモデルチェンジと言っても過言ではないものでした。

フロントマスクはもちろんですが、フルダッシュボードスワップまで行うとは、新型三菱デリカへの本気度を感じざるを得ませんね。

まったく新しいデザインのフロントマスクで、なんかカッコよさとかそんな枠ではなく、デリカという車を一回ぶっ壊して再構築した唯一無二のミニバンです。

デリカD:5自体ミニバンというファミリーカーの代表のような車とはかけ離れた性能を有しているんですけどね。

デリカD:5は、世界中で信用されているRV、三菱パジェロと、今は無きラリーの申し子ランエボのDNAがしっかり受け継がれた本格的な四輪駆動だからです。

圧倒的な走破性と居住性を持つクロスカントリーミニバンです。

現車はいち早く2019年1月の東京オートサロンで展示されますので、ぜひこの目で見たみたいものですね。

アウディQ3がフルモデルチェンジ!新型の日本発売時期と価格とは?

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう