VW次期新型ティグアンをスクープ!大型センターディスプレイを装備!

フォルクスワーゲン(以下:VW)の人気コンパクトSUVモデルである「ティグアン」の次期新型量産モデルのテスト車両が初めてスクープされました。

実は、これまでも「もしかしたらティグアンかも?」と思われるテスト車両は目撃されていました。

しかし、厳重なカモフラージュによって特定に至れなかったのですが、今回目撃されたテスト車両には最小限のカモフラージュに留まっていました。

故に、このテスト車両が次期新型ティグアンであると断定されたというわけです。

今回は、VWの人気コンパクトSUVである次期新型ティグアンについて紹介します

【2022年最新】フォルクスワーゲン(VW)の新車納期の目途はどのくらい?

スポンサーリンク

VW次期新型ティグアンをスクープ!

フォルクスワーゲン次期新型ティグアン画像引用元:Motor1

VW次期新型ティグアンのテスト車両を見てみましょう。

開発中の新型車のディテールを隠すためのカモフラージュは最小限になっています。

グリルとヘッドライト、それにフロントバンパーの一部は、現行モデルのデザインをプリントしたステッカーによって隠されています。

テスト車両を見る限り、目立つのはロアグリルとフロントフェンダーのデザインでしょう。

フォルクスワーゲン次期新型ティグアン新旧比較

現行モデルと新型モデルを見比べてみてもデザインが明らかに変更されていることが分かります。

次期新型ティグアンではメッシュ形状のグリルやブリスターフェンダーを採用することで、よりスポーティな印象になるようですね。

正直、カモフラージュが施されているグリルやヘッドライト形状が非常に気になりますが、VWの公式発表まで待つ必要がありそうです。

フォルクスワーゲン次期新型ティグアン画像引用元:Motor1

VW次期新型ティグアンのテスト車両のサイドビューです。

比較的ボクシーなスタイルが採用されてきた歴代ティグアンからすると、スタイリッシュなデザインになった印象を受けます。

新旧モデルを比較してみましょう。

フォルクスワーゲン次期新型ティグアン新旧比較

まず目に付くのは、力強さが増したリアフェンダーですね。

現行のリアフェンダーにはサイドからまっすぐ伸びた直線的なプレスラインが採用されています。

一方、新型のサイドパネルには明確なキャラクターラインは無くなったことで、エッジの利いたブリスターフェンダーが際立っています。

サイドパネルの下部に採用されたダイナミックラインにも変更が加えられていることが確認できます。

現行モデルのダイナミックラインは比較的水平であることに対して、新型はダイナミックラインの位置は上げられ、且つ、尻上がりになっていることが確認できます。

このデザインの採用により、次期新型ティグアンのサイドビューが前傾姿勢になっていることがわかります。

更に細かく見比べてみると、リアウィンドウとCピラー、そして、バックドアが延長されているように見えますよね。

だからこそ、歴代ティグアンのボクシーな印象が無くなり、上位ブランドのアウディ「Q5」のようなシルエットになっているようです。

フォルクスワーゲン次期新型ティグアン画像引用元:Motor1

VW次期新型ティグアンのテスト車両のリアビューです。

テスト車両にも現行モデルのデザインをプリントしたステッカーが貼られています。

早速、新旧モデルを比較してみましょう。

フォルクスワーゲン次期新型ティグアン新旧比較

サイドビューでも語りましたが、歴代ティグアンがボクシーなスタイルだったことに対して、なぜ新型ティグアンが非常にスポーティな印象になっているのかの答えが判明しました。

答えは、現行ティグアンのリアガラスの面積に比べて、新型ティグアンのリアガラスの面積が圧倒的に狭くなっています。

車のウィンドウの面積が広ければ広いほど、視野は広くなります。

しかしながら、ガラスの面積が広くなれば「バス」や「電車」のようなボクシー(箱型)デザインになってしまいがちです。

歴代ティグアンでは、スポーティなデザインを採用しつつ、最大の視野を確保するために大きめのガラスを採用していました。

目撃された次期新型ティグアンのテスト車両のガラスを見る限り、「視野<デザイン」という結論に達したようですね。

まぁ、最近の車には、高性能な障害物センサーやディスタンスセンサーが搭載されています。

これまでのように、目視で確認するというよりは、センサーを駆使した安全確保に切り替えたという方が良いでしょう。

新型のリアバンパーの形状を確認すると、横幅が広がっているデザインが採用されています。

実際に拡張されているのか、はたまたデザイン的なものなのかは定かではありませんが、新型ティグアンの方がアーバン(都会的)でスタイリッシュのような気がします。

スポンサーリンク

VW次期新型ティグアンは大型センターディスプレイを装備!

フォルクスワーゲン次期新型ティグアンインテリア画像引用元:Motor1

次期新型ティグアンのインテリアもスクープされました。

といっても、全容ではなく、一部です。

ダッシュボードの中心に設置された大型ディスプレイが確認されました。

正確な大きさはまだ分かりませんが、見た感じだと12インチ前後はあると思われます。

勿論、タッチパネルとモーションセンサーを併用した、フォルクスワーゲンの次世代インフォテイメントシステムでしょう。

ちなみに、フォルクスワーゲングループは「VW」を筆頭に、「アウディ」「ポルシェ」「ランボルギーニ」「ベントレー」「ブガッティ」(※日本で発売されているブランドのみを紹介)で構成されています。

もしかすると、次期新型ティグアンに採用される大型ディスプレイは今後グループブランドに波及する可能性もあります。

フォルクスワーゲングループ全体で使用するかもしれないディスプレイ、及び、システムであれば妥協を許さない画期的な仕上がりになっているかもしれません。

次期新型ティグアンに採用される最新のシステムにも期待しましょう。

フォルクスワーゲン(VW)次世代新型ティグアンEVの開発に着手か?

スポンサーリンク

早ければ2023年初めに発表?

フォルクスワーゲン次期新型ティグアン走行テスト画像引用元:Motor1

VW次期新型ティグアンの発表時期ですが、早ければ2023年初めになると予想されます。

正直、明確な根拠はありません。

フルモデルチェンジの周期を考えると2023年頃の可能性があるという程度です。

現行の2代目ティグアンは2015年に発表され、2016年初頭から本国で発売されています。

2022年9月に次期新型となる3代目ティグアンのテスト車両が目撃されていることから推測すると、発表から8年にあたる2023年がフルモデルチェンジの周期になっても不思議はありません。

安全支援システムや自動運転システムなどのハイテクデバイスが日々更新されている自動車業界において、フルモデルチェンジ周期が8年というのは、むしろ遅すぎるタイミングかも知れません。

そもそも、フォルクスワーゲンは2025年までに世界最大の電気自動車メーカーを目指しています。

次期新型ティグアンにガソリンエンジンを搭載するのであれば、できるだけ早く次期新型ティグアンを世に解き放ちたいと思っていることでしょう。

よって、フォルクスワーゲンが次期新型ティグアンを2023年初めに発表する可能性は高いと思います。

あくまでも予想ですので、当記事が次期新型ティグアンの発表時期を保証するものではありませんのでの、予めご了承ください。

VWは2025年までに世界最大の電気自動車メーカーになりテスラ越えを目指す!

新車の生産遅延により中古車の買取価格が高騰!

画像引用元:carscoops

メーカーによる新車減産と大幅な遅延により、日本の自動車市場では中古車の価格高騰が発生しています。

更なる半導体不足によって新車が生産されない状態は2025年頃まで続くと予想されています。

新車がすぐに手に入らなければ、自ずと注目されるのはもうすでに市場にある中古車ですよね。

よって、今日現在、中古車の査定・買取額が大幅に上昇しています。

日本の自動車市場は中古車の売買が活発になっていることから、愛車の高額査定を獲得するチャンスと言えます。

とにかく、今の時点で、一度あなたの愛車の価値を知るために査定価格を知ることを強くお勧めします。

査定価格を知ることによるメリットは以下の通りです。

●愛車の査定額の適正価格を知るため
●愛車の「売り時」を見極めるため
●最小限のお金で色んな車に乗るため
●ディーラーとの交渉を優位に進めるため
●あなただけが損をしないため

今現在、あなたが愛車を手放す予定がなくとも、現在のあなたの車の価値(査定額)を知っておくことは決して損ではありません。

今後の車の買い替えの際に参考になることは間違いありません。

とにかく査定結果を見て、納得すれば手放して現金化すればいいし、納得しなければ乗り続ければいいだけです。

現在のあなたの車の価値を知るために利用してみるのも有りだと思います。

今は買取相場が上がっているので、あなたが想像している以上の買取額が提示されるかもしれませんよ。

あなたの愛車の査定額をチェック!

「面倒くさいから査定はしない」

そう思っているあなたは損していますよ!

車には売りどきがあります。

それは、流行や世界情勢によって日々変化しますが、2022年の今現在において査定買取相場は最大値を迎えていることは間違いありません。

とにかく、あなたの愛車の査定額をチェックしてみませんか?

もしかすると、あなたが思っている以上の査定額が提示される可能性があります。

なぜなら、新車の生産遅延によって、中古車の買取価格が最高値に達しているからです。

よって、通常時の査定なら良くても5万円だった車が、今なら15万円アップの20万円になるかもしれません!

通常時だったら150万円の車が50万円アップの200万円になる可能性も十二分にあります!!

もしかすると、あなたの愛車が超人気車種+オプションだったことにより、50万円アップ以上になる可能性もあるかもしれません!

現在、新車の生産遅延による中古車の需要急騰により、自動車ディーラーや中古車販売店の高額値引きは期待できません。

値引きが期待できない以上、車を出来るだけ安く購入するためには、あなたの愛車の査定額を最高額にする必要があります。

買取店を一軒一軒回ってもいいでしょうが、そんな面倒で時間のかかることをしなくても最高の査定額を手に入れることが出来ます。

最大20社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】であなたの愛車を査定してみてください。

MOTA車買取は、しつこい営業電話が一切ない無料の一括査定サービスです。

MOTAホーム画面

あなたの愛車の情報を登録すると、最大20社からの査定額入札が開始されます。

査定結果は、翌日18時までにあなたが指定したメールアドレスに通知します。

その後、あなたの愛車に最高額を入札した上位3社のみがあなたへの交渉権を獲得することが出来ます。

だから、しつこい営業電話であなたの仕事中やプライベートを邪魔されることはありません!

ココだけの話ですが、査定は3社とも同じ日同じ時間を指定することで、たった1回の査定(時間にして20~30分程度)で最高額を知ることが出来ます!

これはあなたの貴重な時間を奪わないためでもありますが、各社の担当者を同時に競わせることで更なる買取価格の底上げを狙うことができる方法です。

査定が終われば、各社の担当者が名刺の裏にあなたの愛車の査定額を書いて渡してくれるので、あとはじっくり価格を見て考えてみましょう。

価格に納得すれば、最高額を付けた担当者に電話して話を進めても良いし。

価格に納得いかなければ、断っていただいても結構です。

もちろん、売っても売らなくても無料なので、安心して判断してください。

買取価格実績画像

私自身もMOTO車買取査定を利用してディーラーの下取価格と比べて35万円アップに成功しました!

レビューしているのでぜひ参考にしてください。

買取査定レビュー⇒【査定レビュー】高額買取に必要なのは競合させること!私は一括査定で35万円アップに成功した!

45秒カンタン登録
最大20社による査定額をネットで確認
上位3社からの連絡のみ
●たった一回の査定で最高査定額がわかる!

車を購入する予定があろうがなかろうが、今現在のあなたの愛車の価値を知ることは大切です。

あなたの愛車はあなたの大切な財産です!決して面倒くさいからと言って軽んじてはいけません!

査定が5万円アップすれば、家族でおいしい焼肉が食べられます。

査定が10万円アップすれば、ちょっと奮発して遠くに遊びに行けるかもしれません。

査定が20万円アップすれば、行きたかった海外旅行や欲しかったものが買えるかもしれません。

査定が30万アップすれば、諦めていた上位グレードの車を検討することも出来るでしょう。

車を売買する予定がなくても、あなたの愛車の現在の価値を知ることであなたの車人生が大きく変わるかもしれません!

だから、ぜひ査定してみましょう。

あなたが思ってもみなかった驚きの査定額が提示されるかもしれませんよ。

査定後には、次は何の車を買おうかなぁとワクワクしながら色々な車を検索している日々が待っているかも?

あなたの愛車の査定は、中古車の買取価格が最高値になっている今がチャンスです。

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND