大谷翔平選手の愛車「テスラモデルX」ってどんな車?価格はいくら?

アメリカのメージャーリーグにおいて、ピッチャーとバッターの二刀流で目覚ましい活躍を見せる大谷翔平選手は、今や球界きっての人気選手の1人となっています。

そんな超が付く人気選手となった大谷翔平選手が初めて購入した愛車がテスラ社のモデルXという車です。

今回は、アメリカメジャーリーグの超人気スタープレイヤーとなった大谷翔平選手の愛車「テスラモデルX」がどんな車なのか?また、いくらする車なのかを紹介します。

アメリカとロシアの大統領専用車と中国主席の車両はどれが最強か?

スポンサーリンク

大谷翔平選手の愛車「テスラモデルX」ってどんな車?

テスラモデルX画像引用元:テスラ

大谷翔平選手の愛車「テスラモデルX」は、アメリカに本社を置く「テスラモーターズ(以下:テスラ)」が製造販売する完全電気自動車です。

2022年現在、テスラから発売されている購入可能な電気自動車は、「モデルS」「モデルX」「モデル3」「モデルY」の4モデルとなります。

大谷翔平選手はこの4モデルの中から自分の愛車として「モデルX」を選んでいます。

テスラモデルXはSUV

テスラモデルX画像引用元:テスラ

大谷翔平選手が選んだ「テスラモデルX」は、SUVに属す電気自動車です。

モデルXでは、5人乗りの2列シートをはじめ、6人乗りと7人乗りの3列シートもオプションで選ぶことが出来ます。

モデルXのデザインが全体的にスタイリッシュなため、サイズが分かりにくいかもしれませんが、全長5052mm×全幅2017mm×全高1684mmもあります。

ちなみに、トヨタ新型ランドクルーザー300「GRスポーツ」のサイズが全長4965mm×全幅1990mm×全高1925mmなので、全高以外はランクルよりも少し大きいイメージです。

大谷翔平選手は身長が193cmという高身長に加え、筋力トレーニングによって一回り以上身体が大きくなっていることを考えると、モデルXくらいのサイズがないと窮屈なのかもしれませんね。

ちなみに、大谷翔平選手の愛車が2列シートなのか、3列シートなのかは分かりませんでした。

テスラモデルXのグレード

テスラモデルX画像引用元:テスラ

テスラモデルXは、ベースグレードである「モデルX」と高性能モデルである「モデルXプレイド」の2グレードで構成されています。

「モデルX」と「モデルXプレイド」は搭載されているモーターの数が違います。

「モデルX」には、前後1基ずつのデュアルモーターにより最高出力670馬力を発生し、3.9秒で時速100kmまで到達する動力性能を誇っています。

そして「モデルXプレイド」は、前に1基、後ろに2基のトライモーターが発生する最高出力は1020馬力に到達し、たった2.6秒で時速100kmを完了させることが出来る化け物スペックです。

ニュルブルクリンク最速レコードを樹立したポルシェ911GT2RSですら、0-100km/hのタイムは2.8秒なので、「モデルXプレイド」はポルシェよりも速いことになります。

重さが約2.5トンもあるSUVとは到底思えない加速力です!

ちなみに、大谷翔平選手が愛用しているのはベースグレードである「モデルX」のようです。

さすがに初めて自分で運転する車で「モデルXプレイド」のような化け物じみたスペックは必要ないと思ったのかもしれませんね。

モデルXのインテリアが凄い!

テスラモデルX画像引用元:テスラ

大谷翔平選手が愛用している「テスラモデルX」のインテリアが近未来的過ぎて凄いことになっています。

モデルXのインテリアは、センターに17インチの巨大ディスプレイを採用したシンプルで生活感の無い印象になっています。

モデルXに採用されている17インチディスプレイですが、でかいだけではありません。

最大10テラプロップスの演算が可能であり、この数字はPS5と同等の処理能力になります。

テスラモデルXを充電している間に、最新のゲームで遊ぶことが出来るので、永い充電時間も苦ではないかもしれませんね。

テスラモデルXのインテリアは、次世代モビリティに相応しい未来的な印象を与えてくれます。

飛行機の操縦間のようなユニークな形状をしたヨーク型ステアリングホイールは「モデルXプレイド」に採用されています。

ちなみに、大谷翔平選手の愛車している「テスラモデルX」のステアリングホイールは見慣れている円形です。

モデルXのドアが凄い!

テスラモデルXと言えば、ファルコンウィングドアが有名です。

ドアを開くとファルコン(ハヤブサ)が降下している時の羽のアーチのように見えるため「ファルコンウィングドア」と呼ばれています。

ファルコンウィングドアの最大の特徴は、まるで関節のように途中で折曲がる構造でしょう。

それにより、車との間にわずか30cmの隙間があればドアを開けることが出来ます。

ちなみに、大谷翔平選手ですが、自分が運転しないときは後ろの席ではなく助手席に乗るそうです。

理由は、後ろに乗ると偉そうに見えるからだとか・・・・・そんな大谷翔平選手の謙虚な姿勢がさらなるファンを呼び込むのかもしれませんね。

テスラにとって最大のライバルとなる電気自動車メーカーはどこだ?

スポンサーリンク

テスラモデルXの価格っていくら?

テスラモデルXの販売価格は、ベースモデルの「モデルX」で1300万円となっています。

上位グレードの「モデルXプレイド」になると1500万円です。

22インチアルミホイールや3列目シート、そして拡張オプションなども用意されています。

大谷翔平選手の「テスラモデルX」はベースグレードなので、1300万円となります。

大谷仕様はマットブラック!

テスラモデルXマットブラック画像引用元:NORAIMO

大谷翔平選手の「テスラモデルX」は、マットブラック(艶消しブラック)のフィルムを採用したラッピング仕様です。

ラッピングとは「包装」を意味しますが、まさに車全体をフィルム(専用のシール)で覆う事をいいます。

ラッピングフィルムを使用することで、様々なボディカラーに変更することが出来ます。

ラッピングは塗装ではないので、色に飽きたり、手放すことになればいつでもフィルムを剥がすことが出来ます。

剥がせばオリジナルのボディカラーに戻せるのでラッピングを使用しているユーザーは多いです。

大谷翔平選手の愛車をラッピングした「Daley Visual」tiwtterによると、「3M社(ラッピングフィルムの最大手メーカー)のマットブラッをベースにサテンブラックでアクセントを加えた」とありました。

さらに「3層コートのセラミックプロ(セラミックコーティングの名称)をブレーキキャリパー、アルミホイール、そしてボディに施工した」とも書いてあります。

大谷翔平選手の愛車に施工されたセラミックプロは、9Hという硬度を誇るレーシングカーなどにも採用されているコーティングです。

ちなみに、大谷翔平選手の「テスラモデル」のブレーキキャリパーは赤に塗ってありますね。

以上を踏まえると、大谷翔平選手の愛車の価格は、「モデルX=1300万円」「ブレーキキャリパー塗=10万円」「フルラッピング=100万円」「セラミックプロ=50万円」を合計した、1460万円くらいになるのではないかと思います。

さすがメジャーリーグの超人気スター選手に相応しい車だと思います。

正直、大谷翔平選手レベルだとポルシェやフェラーリなんていう超高級スーパーカーも乗れると思います。

しかし、実用性がありながら電気自動車という最新のマシーンを愛車に選ぶあたりが大谷翔平選手らしいのではないでしょうか。

大谷翔平選手の今後益々のご活躍を祈っています。

世界のお金持ちトップ20の車事情!世界一の大富豪はどんな高級車に乗ってるの?

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND