トヨタ新型プリウスPHEVを購入するメリットとデメリットを元自動車営業マンが語る!

2022年11月16日、トヨタの人気ハイブリッドモデルである新型プリウスが世界初披露されました。

5代目へと進化した新型プリウスは世界同時公開され、日本のみならず世界中で話題となっています。

そんな新型プリウスで注目されているのは、やはりPHEVモデルの存在ではないでしょうか。

世界が完全電気自動車(BEV)にシフトしている中でエンジンと電気モーターの両方を持ったPHEVは一目置かれるモデルです。

今回は、一足早く「新型プリウスPHEV」を購入するメリットとデメリットを元自動車営業マンの目線で勝手に語ってみたいと思います。

トヨタ新型プリウスPHEVのメリット

トヨタ新型プリウスPHEVフロント

トヨタ新型プリウスPHEVを購入するメリットを元自動車営業マンの目線で考えていました。
画像引用元:Motor1

推定90kmのEV走行

トヨタ新型プリウスPHEV充電

トヨタ新型プリウスPHEVを購入するメリットの一つとして推定90kmのEV走行が可能である点は外せないでしょう。

2022年11月現在、トヨタ新型プリウスPHEVのEV走行距離は公開されていません。

しかし、トヨタの新型プリウス特設HPにおいて「EV走行距離は、従来型に比べ50%以上向上」と謳っています。

プリウスPHVのEVモードの走行可能距離が60kmであることから、新型プリウスPHEVのEV走行可能距離は90km前後になると推測されます。

ちなみに、米国仕様のプリウスPHEVのEV走行可能距離は40kmと短いようですね。

トヨタ新型プリウスPHEVであれば、電気自動車のように自宅で充電した電気を使用することで1滴のガソリンも消費することなく日常生活が可能になるかもしれません。

日々の買い物や送り迎え、さらには、片道20km程度の通勤であればガソリンスタンドに立ち寄ることすらなくなることでしょう。

「そう言えば、ガソリンスタンドってあったなぁ」なんて懐かしがることがあるかもしれません。

世界は自動車の電動化に大きく舵を切り、多くの自動車メーカーから電気自動車の開発と発表が行われています。

日本でも高速道路のPAや商業施設などで急速充電器を見かけたり、自宅にも普通充電器を設置できるようにしているところが増えているのも事実です。

少しずつではありますが、電気自動車に興味を持つユーザーさんも増えていると思います。

同時に、充電インフラやバッテリーの航続可能距離を懸念し、電気自動車に手を出せないユーザさんも多いことでしょう。

トヨタ新型プリウスPHEVであれば、自宅に設置した普通充電器を使用して電気自動車のようなガソリンとは無縁の生活をすることも可能です。

充電が無くなればガソリンエンジンによる稼働が可能なので、充電インフラや航続可能距離を心配せず好きな場所に行くことも出来ます。

電気自動車に興味があるけど、完全な電気自動車に心配なユーザーさんにはトヨタ新型プリウスPHEVはおススメの1台だと思います。

ちなみに、トヨタ新型プリウスPHEVの燃費ですが、トヨタからの公式な発表はされていませんが、特設HPでは従来型同等の低燃費を維持と記載されています。

つまり、トヨタ新型プリウスPHEVの燃費は少なくとも4代目プリウスPHVの30.3km/ℓを確保していると考えて良いと思います。

圧倒的パワー

トヨタ新型プリウスPHEVパワートレイン

トヨタ新型プリウスPHEVを購入するメリットのは、ガソリンモデルには再現不可能な圧倒的パワーにあります。

トヨタ新型プリウスPHEVに採用されている2.0ℓプラグインハイブリッドシステムは初採用となる新世代パワートレインです。

新世代パワートレインは、148馬力を発生する2.0ℓガソリンエンジンと160馬力を発生するフロントモーターによる前輪駆動となっています。

システムの最高出力が164kW(223馬力)に達するパワートレインによって、トヨタ新型プリウスPHEVは0-100km/h加速を6.7秒で完結させる圧倒的な動力性能を得ています。

このタイムは、トヨタRAV4プラグインハイブリッドモデル「Z」とほぼ同等の加速力を有していることになります。

さらに新型プリウスPHEVでは、重たいバッテリーをリアシート下部に搭載することで低重心化が行われているのでハンドリング性能も期待できそうです。

新型プリウスPHEVでは第2世代目となるTNGAプラットフォームにより、さらなる低重心化と大径タイヤの採用が可能となりました。

ボディ剛性も高められていると同時に静粛性も向上しているので、ストレスのない快適なドライブが楽しめそうです。

トヨタ新型プリウスPHEVのデメリット

トヨタ新型プリウスPHEV後ろ

トヨタ新型プリウスPHEVを購入するデメリットを元自動車営業マンの目線で考えてみました。

やはり販売価格が高い

トヨタ新型プリウスPHEV走行

トヨタ新型プリウスPHEVを購入するデメリットは、やはり販売価格の高さではないでしょうか。

2022年11月16日に世界初披露されたトヨタ新型プリウスPHEVの日本販売価格はまだ発表されていません。

しかしながら、PHEVという性質上、通常モデルよりも高額に設定されることは確実です。

ちなみに、4代目プリウスのエントリーモデル「E」(259万円)とプラグインハイブリッドのエントリーモデル「S」(338万円)には79万円の価格差がありました。

従来モデル同様にトヨタ新型プリウスPHEVでも80万円前後の価格差があると予想されます。

この80万円前後の価格差を「安い」ととるか、「高い」ととるかはあなた次第です。

すでに自宅に普通充電器が設置されていて、新型プリウスPHEVのEV走行距離の範囲内で事足るようであれば、PHEVがお得になるかもしれません。

車両重量が重い

トヨタ新型プリウスPHEV後ろ

トヨタ新型プリウスPHEVを購入するデメリットとして、車両重量が重いことを気にしています。

トヨタ新型プリウスPHEVの車両重量はまだ公表されていません。

参考までに4代目プリウスとPHVの重量を比較してみましょう。

プリウス「E」の1350kgに対して、プリウスPHV「S」の車両重量は1510kg。

つまり、同じ大きさにも拘らずPHVの方が160kgも重いことになります。

EV走行用のバッテリーパックやその他制御システムの重量を考えれば矛盾はありません。

とにかく、トヨタ新型プリウスPHEVの車両重量が重いことで懸念されるのはタイヤへの負担です。

車は「走る」「曲がる」「止まる」を行うことでタイヤに負担がかかります。

車の重さが重ければ重いほど、タイヤへの負担は大きくなるのです。

1350kgのプリウスよりも1510kgのプリウスPHVの方が間違いなく早くタイヤ交換の時期が到来します。

「PHEV=エコ」であることは間違いありませんが、PHEVであるが故にタイヤ交換の周期が早まることも知っておいた方がよいでしょう。

トヨタ新型プリウスPHEVって魅力的

トヨタ新型プリウスPHEV上

自動車営業マンの目線でトヨタ新型プリウスPHEVを購入するメリットとデメリットを考えてみましたが、トヨタ新型プリウスPHEVって魅力的な車であることは間違いありません。

5代目プリウスとなって生まれ変わった新型プリウスの斬新なエクステリアに世界中が驚いたことでしょうね。

近未来的なヘッドライト形状と見るからに空気抵抗が少なそうなボディフォルムはさすがの一言です。

まさにトヨタが新型プリウスの開発で掲げていた「一目ぼれするデザイン」を再現していると言えます。

新型プリウスのデザインに関しては、トヨタの社長である豊田章男氏と開発チームでちょっとした喧嘩になったとのこと。

「プリウスは誰にでも手が届くエコカーであるべきだ」と思っていた豊田社長に対して、「EVに負けない!選んでもらえるエコカーにしたい!」と意気込む開発陣。

最終的に豊田社長は開発陣の思いを否定することなく、出来上がったデザインを見て「カッコいいね!」と太鼓判を押したようです。

トヨタ新型プリウスのエクステリアは、一目でプリウスと分かる「モノフォルムシルエット」を継承しつつ、トヨタの新しいデザイン言語が採用されています。

ダイナミックなラインで表現されたデイタイムランニングはスポーツカーさながらのシャープな雰囲気を演出しています。

これまでのプリウスには初採用となる横一文字のテールライトと「PRIUS」のロゴが採用されています。

トヨタ新型プリウスPHEVインテリア

トヨタ新型プリウスでは、これまで採用されていたダッシュボード中央に位置していた「センターメーター」を排除しています。

メーター類はドライバー目の前のディスプレイに表示され、ダッシュボード中央には11~12インチ程のインフォテイメントシステムが鎮座します。

画像ではブルーに光っているインテリアライトが確認できますね。

おそらく好きな色に変えることが出来る「マルチカラー」対応となっていると思われます。

世界初披露後、話題となっている新型プリウスのラインアップにおいて、PHEVはトヨタの人気ハイブリッドモデル「プリウス」の頂点に君臨するトップグレードです。

もしかすると、新型プリウスPHEVのオーナーは、レギュラモデルのオーナーから羨望の眼差しで見られることになるでしょうね。

トヨタ新型プリウスPHEVは「電気自動車のメリット」と「ガソリンエンジンのメリット」の両方を兼ね備えた最新SUVモデルです。

ぜひトヨタ新型プリウスPHEVのメリットとデメリットを加味してご検討下さい。

あなたの車選びの参考にしていただければ幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

新車の生産遅延により中古車の買取価格が高騰!

メーカーによる新車減産と大幅な遅延により、日本の自動車市場では中古車の価格高騰が発生しています。

更なる半導体不足によって新車が生産されない状態は2025年頃まで続くと予想されています。

新車がすぐに手に入らなければ、自ずと注目されるのはもうすでに市場にある中古車ですよね。

よって、今日現在、中古車の査定・買取額が大幅に上昇しています。

日本の自動車市場は中古車の売買が活発になっていることから、愛車の高額査定を獲得するチャンスと言えます。

とにかく、今の時点で、一度あなたの愛車の価値を知るために査定価格を知ることを強くお勧めします。

査定価格を知ることによるメリットは以下の通りです。

●愛車の査定額の適正価格を知るため
●愛車の「売り時」を見極めるため
●最小限のお金で色んな車に乗るため
●ディーラーとの交渉を優位に進めるため
●あなただけが損をしないため

今現在、あなたが愛車を手放す予定がなくとも、現在のあなたの車の価値(査定額)を知っておくことは決して損ではありません。

今後の車の買い替えの際に参考になることは間違いありません。

とにかく査定結果を見て、納得すれば手放して現金化すればいいし、納得しなければ乗り続ければいいだけです。

現在のあなたの車の価値を知るために利用してみるのも有りだと思います。

今は買取相場が上がっているので、あなたが想像している以上の買取額が提示されるかもしれませんよ。

あなたの愛車の査定額をチェック!

まずは、あなたの愛車の査定額をチェックしましょう!

新車の生産遅延により、中古車の買取価格が最高値に達しています。

よって、通常時の査定なら良くても5万円だった車が、今なら15万円アップの20万円に!

通常時だったら150万円の車が50万円アップの200万円に!

もしかすると、200万円だった車が250万円以上になる可能性もあるかもしれません!

新車の生産遅延による中古車の需要急騰により、自動車ディーラーや中古車販売店の高額値引きは期待できません。

値引きが期待できない以上、車を出来るだけ安く購入するためには、あなたの愛車の査定額を最高額にする必要があります。

買取店を一軒一軒回ってもいいでしょうが、そんな面倒で時間のかかることをしなくても最高の査定額を手に入れることが出来ます。

最大20社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】であなたの愛車を査定してみてください。

MOTA車買取は、しつこい営業電話が一切ない無料の一括査定サービスです。

MOTAホーム画面

あなたの愛車の情報を登録すると、最大20社からの査定額入札が開始されます。

査定額は登録したメールアドレスで確認することが出来、最高額を入札した上位3社のみがあなたへの交渉権を獲得することが出来ます。

だから、しつこい営業電話であなたの仕事中やプライベートを邪魔されることはありません!

査定は3社とも同じ日同じ時間を指定してください!

そうすることで、たった1回の査定(時間にして20~30分程度)で最高額を知ることが出来ます!

各社の担当者を同時に競わせることで買取価格の底上げを図る狙いもあります。

査定が終われば、各社の担当者が名刺の裏にあなたの愛車の査定額を書いて渡してくれるので、あとはじっくり価格を見て考えてみましょう。

価格に納得すれば、最高額を付けた担当者に電話して話を進めても良いし。

価格に納得いかなければ、断っていただいても結構です。

もちろん、売っても売らなくても無料なので、安心して判断してください。

買取価格実績画像

私自身もMOTA車買取査定を利用してディーラーの下取価格と比べて35万円アップに成功しました!

レビューしているのでぜひ参考にしてください。

買取査定レビュー⇒【査定レビュー】高額買取に必要なのは競合させること!私は一括査定で35万円アップに成功した!

45秒カンタン登録
最大20社による査定額をネットで確認
上位3社からの連絡のみ
一回の査定で最高査定額がわかる!

車を購入する予定があろうがなかろうが、今現在のあなたの愛車の価値を知ることは大切です。

あなたの愛車はあなたの大切な財産です!決して面倒くさいからと言って軽んじてはいけません!

査定が5万円アップすれば、家族でおいしい焼肉が食べられます。

査定が10万円アップすれば、ちょっと奮発して遠くに遊びに行けるかもしれません。

査定が20万円アップすれば、行きたかった海外旅行や欲しかったものが買えるかもしれません。

査定が30万アップすれば、諦めていた上位グレードの車を検討することも出来るでしょう。

車を売買する予定がなくても、あなたの愛車の現在の価値をMOTA車買取で知ることによって、あなたの車人生が大きく変わる可能性があります!

高額査定実績

MOTA車買取では、一般相場よりも高額で買い取った実績があります!

とにかく、売る売らないは別としてあなたの愛車を査定してみることから始めましょう。

あなたが思ってもみなかった驚きの査定額が提示されるかもしれませんよ。

思ってもみなかった査定結果に、次は何の車を買おうかなぁとワクワクしながら色々な車を検索している日々が待っているかも?

45秒カンタン登録
最大20社による査定額をネットで確認
上位3社からの連絡のみ
一回の査定で最高査定額がわかる!

あなたの愛車の査定をするなら、中古車の買取価格が最高値になっている今がチャンスです。

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND