Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、Mです。

トヨタのコンパクト・ハイブリッドカーとして人気を博している「アクア」がついにフルモデルチェンジを迎えるという情報が入ってきました。

アクアが発売されるまで、ハイブリッドシステムが導入されていた車は、絶対王者の「プリウス」をはじめ、トヨタのミニバン「エスティマ」とトヨタの代名詞である「クラウン」といった比較的大型の車両だけだったのですが、2010年1月のデトロイトモーターショーでトヨタブランド最小のハイブリッドカーとして「FT-CH」というコンセプトカーが発表され話題となりました。

そして2011年11月に8年ぶりとなる5ナンバーのハイブリッド専用車「アクア」がワールドプレミアされ、翌月の12月から販売が開始されました。

全長1,995mm、全幅1,695mm、全高1,445mmという日本の道路事情にぴったりサイズ、さらにハイブリッドカーと言えば軒並み200万円オーバーだった時代に169万円という破格の価格も相まって「アクア」は発売と同時にバカ売れ!

ちなみに、168万円のベースグレードの窓の開閉は手動という超廉価モデルでした。

「営業車」としても「自家用」としてもとにかく売れに売れまっくた「アクア」がデビューから7年の月日を経てフルモデルチェンジとなります。

日本車のフルモデルチェンジのサイクルは4~5年と言われていますが、2度のマイナーチェンジがあったとはいえ「アクア」は7年もしなかったところを見ると、やはり売れているからでしょうね。

そんな新型「アクア」の見た目と発売時期を色々と想像してみました。

スポンサーリンク

新型トヨタ「アクア」

やっぱり気になるのは新型「アクア」のエクステリアでしょう。

まず新型「アクア」のデザインの方向性で参考になるものとしては、2013年の東京モーターショーで公開された「Premi AQUA(プレミ アクア)」でしょうね。

「クラウン」譲りの「イチョウ型グリル」、奥行きのある立体的なバンパー、凛々しいヘッドライトが特徴的な「Premi AQUA」ですが、かなり主張が強い車となっていますね。

「Premi AQUA」からは現行のアクアのような「可愛いらしいコンパクトカー」のイメージは感じられないので、男性には受けはいいかもしれませんが、いかに女性の支持を仰げるかが課題となりそうです。

とは言え、「Premi AQUA」は2013年にデザインされたものなので、そんなものなかったかのような全く違うデザインになる可能性も十分にあります。

グローバル戦略を進める中でトヨタは「世界中でトヨタと一目でわかるデザインアイコンを作る」という目的で「キーンルック」を採用しています。

「キーンルック」は「キーン(鋭利な)」「ルック(見た目)」を意味し、「中央のエンブレムからV字に広がるグリルと細長いヘッドライトを組み合わせスタイリッシュデザイン」が特徴的なトヨタの最新のデザイン言語です。

トヨタが「キーンルック」を採用し始めてから一気に「トヨタ顔」が定着してきました。

中にはトヨタ車の見た目を「獲物を見つけて飛ぶ猛禽類の鋭い目と顔つき」と比喩する人もいるほどです。

となると、やはり新型「アクア」にも「キーンルック」が採用される可能性が高く、トヨタのハイブリッドSUVの人気モデルである「C-HR」に見られるような個性的なでデザインになるかもしれません。

「C-HR」のデザインには賛否両論あるものの、日本で一番売れているSUVなのでデザイン以上の魅力がある車なのでしょう。

そういう観点でいくと、新型「アクア」のエクステリアが「猛禽類」だろうと「ガンダム」だろうと関係なく「売れる」ほどの性能と魅力を有していれば問題ないと言えるでしょう。

インテリアデザインは大きく手が加えられるとは必至ですね。

最近の車には「自動ブレーキシステム」をはじめ、さまざまな安全装置が装備されており、近い将来には実現される「自動運転システム」の導入も視野に入れた作りとなっています。

要するに、今までのような「後付けの(社外)ナビゲーションシステム」ではなく、車と連動したメーカー純正ナビゲーションシステムで車両をコントロールするシステムに移行しているといことです。

こちらはトヨタ「C-HR」のインテリアですが、このインテリアのように固定式のインフォテイメントシステムとアンビエントライティングにより、一気に上質なインテリアが採用されると思われます。

 

もちろんトヨタ「アクア」の特徴の一つである「安さ」も同時に追及すると思われるので、「ビジネス用」としてオーディオレスなどのエントリーモデル設定はそのまま継続するでしょう。

とは言え、現行の「アクア」の178万円という最低価格は押し上げられる可能性は高いと考えています。

やはり、2020年から試行される「衝突軽減ブレーキシステム」義務化によるコスト増しは企業努力だけでは限界があるでしょうからね。

となると新型「アクア」の最低価格は190万円前後となるかもしれませんね。

スポンサーリンク

新型トヨタ「アクア」の発売時期

新型「アクア」の発売時期ですが、一番有力な情報は2019年12月となっています。

2019年10月には東京モーターショーが開催されるので、そこで新型「アクア」を大々的に発表、そして発売という流れが自然だと思われます。

「アクア」は月販平均販売台数が10,000台を誇るトヨタの人気車種の一つですので、それくらい派手に発表しても不思議ではありませんからね。

ということは、現行「アクア」の生産は2019年夏頃まででしょうね。

もしあなたが現行「アクア」の購入を検討しているのであれば急いだほうが良さそうです。

モデル末期ということで「値引き」が有利のような気がしますが、JIT(Just In Timeの略:必要な時に必要な分だけを作るビジネスモデルの事)を採用するトヨタは過剰な在庫を持たないので待てば待つほど間に合わなくなりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

トヨタ新型「アクア」のフルモデルチェンジの情報をご紹介しました。

人気のコンパクト・ハイブリッドカーなだけあってトヨタも万全を期して投入してくるでしょう。

一部報道ではリッターあたりの燃費が「45km/ℓ」を超えるのでは?と言われているなどすでに話題になっています。

リッター45kmとか凄まじい低燃費ですね。

最後にガソリンを入れたのがいつか思い出せないかもしれませんね。(笑)

7年ぶりとなる「アクア」のフルモデルチェンジに関しては、もちろん人気モデルだからロングランということあるのでしょうが、それだけ次期モデルの開発に時間がかかったとも言えます

新型となる2代目「アクア」がどれほどの進化を遂げたのか楽しみです。

トヨタ「アクア」の購入をご検討のあなたへ

車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

しかも、買い取り業者さんが来る度、「希望額はいくらですか?」「修理箇所はないですか?」「いつ引き取れますか?」「他に査定依頼してますか?」「今のところ一番高い金額はいくらですか?」などなど、毎回同じ説明しなければなりません。

私の感想ですけど、正直、

マジで、面倒くせ~

というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう