レクサスがついにミニバンを発表!「LM350」の日本発表はあるの?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、Mです。

トヨタ自動車が展開する高級車ブランドであるレクサスに初のミニバンが上海モーターショーで発表されるという情報が入ってきました。

メーカーによってヘッドライト付近のティザーが公開されているのでほぼ間違いない情報であると思われます。

レクサスと言えば1989年に北米で産声を上げたトヨタ自動車が展開するブランドで、2005年には日本でも展開が開始され、今や世界的にも有名な高級車ブランドに成長しました。

当時の北米での日本車は「壊れないが、安物の大衆車」というイメージが持たれていたのですが、5年と言う開発期間を経て、初代LSを発表するとその高い静粛性と内外装の組上げ精度が評価され、初年度から予想をはるかに超える受注を獲得することに成功しました。

その後もデザインと機能性の追求やモータースポーツへの参戦など、レクサスブランドを一気に高級車ブランドへと導いくトヨタの徹底した市場調査とブランディングは、さすがトヨタといったところでしょう。

まさに大衆車メーカーが高級車市場参入し大成功を収めた事例ですよね。

レクサスはこれまで高級車の代名詞であった「セダン」を中心に、「クーペ」そして「SUV」といった車種を拡充する一方で、「ステーションワゴン」と「ミニバン」はラインアップしていなかったレクサスですが、ついに「ミニバン」が登場することになるようです。

レクサス初のミニバンは、トヨタ「アルファード」をベースとした「LM350」「LM300h」の展開が予想されています。

高級ミニバンでお馴染みの「アルファード」がレクサスの手によってどのように変わるのか楽しみですね。

今回はそんなレクサスのミニバン「LM350」「LM300h」の日本発売の可能性と、予想CGをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

レクサス「LM350」[LM300h」の日本発売は?

まずレクサスの新型ミニバンの日本導入の可能性ですが、2019年4月現在のアナウンスではレクサス「LM350」「LM300h」は中国と東南アジア専用車として発表される可能性が高いということです。

つまり、今のところレクサスのミニバンが日本で発売されるという確固たる証拠は一切ないというわけです。

日本では有名なクラウンも「日本専用車両」なので日本でしか販売されていません。

ということは、メーカーが「中国と東南アジア専用車」と公表しているので日本で発売される予定はなさそうですね。

まぁ、日本ではトヨタの高級ミニバン「アルファード」のさらに高級仕様である「ロイヤルラウンジ」があるので、今更レクサスブランドでミニバンを発売する意味がないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

レクサス「LM350」「LM300h」

世界には本当に才能のある人がいるんですね。

kolesa.ru」のNikita Chuiko氏によって、トヨタ「アルファード」とレクサスから発表されたティザーをベースにCGが作成されました。

レクサスのデザインアイコンである「スピンドルグリル」と「✔型」のデイライトが「LMシリーズ」の存在感を一層際立たせるものとなっています。

いかにもレクサスと言わんばかりのフロントマスクですが、正直ベースである「アルファード」の方が「派手」な気がします。

まぁ、レクサスは高級感が売りなので、あまりゴリゴリなデザインではなく、あくまで知的な雰囲気にしたかったのかな?と推測します。

リアビューです。

フロントに関してはティザーが公開されたのである程度デザインを予想することができますが、リアに関してはまだなんの情報もない状態なので完全に想像となります。

が、さすがにこのリアテールライトにはならないと思われます。

確かにレクサスっぽさは出ていますが、どうもしっくりきません。

リアテールライト形状はおそらく完全にオリジナルデザインになると思われるので、今まで見たことのないようなデザインが採用されるのではないでしょうか。

イメージに近いのはレクサスのSUVである「LX」や「RX」に採用されているようなテールライト形状でしょうね。

引用元:https://www.flexdream.jp/landcruiser/news/369/

スポンサーリンク

まとめ

レクサスの新型ミニバン「LM350」「LM300h」について色々と予想してみました。

一部ティザーによる公開がなされてはいますが、まだまだ謎の多い車ですね。

トヨタ「アルファード」をベースとしたものであることは間違いなさそうですが、わざわざレクサスブランドで展開する必要があるんでしょうね。

トヨタは念入りな市場調査を行い、「研究者目線」だけではなく「ユーザー目線」「販売者目線」など様々な角度から分析し、その車が一番売れる戦略を行うことを得意としています。

おそらく今回のレクサスのミニバンも念入りな市場調査の末、トヨタブランドではなく、レクサスブランドで展開した方が売れるという結論に達したのでしょう。

中国といい、東南アジアといい目まぐるしい経済成長を遂げている国ですからね。

日本のバルブ時代のように「安いものは売れず、高いものが売れる」のかもしれませんね。

そのように考えるとレクサスのミニバン「LM350」が日本で発売されないのもなんとなく納得できるような気がしますね。

日本ではわざわざレクサスで展開せずとも、トヨタ「アルファード」が高級ミニバンであるという認識は浸透してますから。

レクサスファンには残念ですが、日本でのレクサス初のミニバン登場はもう少し先の話になりそうですね。

レクサスの購入をご検討のあなたへ

車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

しかも、買い取り業者さんが来る度、「希望額はいくらですか?」「修理箇所はないですか?」「いつ引き取れますか?」「他に査定依頼してますか?」「今のところ一番高い金額はいくらですか?」などなど、毎回同じ説明しなければなりません。

私の感想ですけど、正直、

マジで、面倒くせ~

というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう