レクサス新型「GX」は新型「プラド(ランクル250)」より先に日本発売の可能性がある?

レクサスは2023年6月8日(現地時間)に、人気SUVである新型「GX」をアメリカのテキサス州オースティンで発表します。

レクサスは新型「GX」のワールドプレミアに先駆けて3枚のティザーを公開しています。

公開されたティザーから伺い知れる新型「GX」の印象は、「無骨さ」と「力強さ」、そして「先進性」でした。

そして、新型「GX」のティザーは「日本のレクサス公式twitterアカウント」でも発信されています。

このこともあり、日本の大手自動車情報サイトの多くが、レクサス新型「GX」が日本初導入される可能性は極めて高いと伝えています。

日本でレクサス「GX」が発売されるのは喜ばしいことですが、気になるのは『いつ』レクサス新型「GX」が日本で発売されるのかということでしょう。

画像引用元①:Motor1
画像引用元②:ランドローバー

レクサス新型「GX」は新型「プラド(ランクル250)」よりも先に日本発売される可能性がある

レクサス新型GXティザー

レクサス新型「GX」は新型「プラド(ランクル250)」よりも先に日本発売される可能性があると思います。

その根拠は、レクサスの日本国内向けの公式SNSアカウントで近日発売予定」と意味深なコメントが添えられていたことにあります。

「近日」というのがいつかなのかはまだ不明ですが、少なくとも来年発売の車に対して「近日発売予定」とは言わないと思います。

さらに、レクサス(トヨタ)は日本の特許庁に「GX550」の商標出願を行っていることも分かっています。

よって、レクサス新型「GX」は2023年中に発売される可能性が高いと思っています。

ちなみに、ご存じの方も多いともいますが、レクサス「GX」はトヨタ「プラド」と同じプラットフォームを共有する姉妹車です。

姉妹車である新型「プラド(ランクル250)」の発表発売時期は2023年12月頃と予想されています。

つまり、「近日発売予定」と告知されたレクサス新型「GX」の方が、新型「プラド(ランクル250)」よりも先に発売される可能性が高いと言えるでしょう。

レクサス新型「GX」は「和製ディフェンダー」?

レクサス新型GXティザー

レクサス新型「GX」は、イギリスのSUVメーカーであるランドローバーの人気オフローダーモデル「ディフェンダー110」に匹敵するモデルになるかもしれません。

レクサス「GX」は北米市場で展開されているレクサスの最上級SUV「LX」とクロスオーバーSUV「RX」の中間に位置するモデルです。

レクサス「GX」ですが、オシャレなアーバンSUVというよりも、本格的なオフロードに対応した仕様と装備が人気のオフローダーとして知られています。

同時に、レクサス「GX」はトヨタ「ランドクルーザープラド」と姉妹車であることも有名な話です。

2023年5月現在、レクサス「GX」の日本導入は果たされていませんが、新型「GX」と進化することを機に日本発売が期待されています。

そんな注目が集まっているレクサス新型「GX」ですが、ワールドプレミアに先駆けて公開された画像がかなり「イケてる」と話題になっています。

無骨なカクカクの四角いボディに、力強く張り出したショルダーラインとオーバーフェンダーが本格的なオーバーフェンダーを演出していることが分かります。

四角いドアミラー形状もタフな感じがして個人的には好きなデザインです。

一方で、横一文字のLEDテールライトや「LEXUS」のレターロゴといったトレンドを取り入れています。

新型「GX」は無骨なオフロードSUVのエクステリアでありつつ、中身は先進性とハイテクデバイスを駆使した最新モデルであることを期待させるデザインとなっています。

レクサスが公開した新型「GX」のティザーを見た瞬間、ランドローバー「ディフェンダー110」に似てるなぁと思いました。

ランドローバー「ディフェンダー110」

四角いボディに張り出したオーバーフェンダーに本格的なオフロード走行性能を有しつつ、オシャレなオフローダーとして絶大な人気を誇るランドローバー「ディフェンダー110」。

ランドローバー「ディフェンダー」には、全長が異なる「90」「110」「130」がありますが、新型「GX」と比較するのは中間サイズである「110」となります。

レクサス新型「GX」のサイズを比較

ランドローバー「ディフェンダー110」とレクサス新型「GX」の予想サイズの比較をしてみましょう。

比較 ディフェンダー110 新型GX(予想)
全長 4945mm 4900mm
全幅 1995mm 1920mm
全高 1975mm 1900mm
ホイールベース 2585mm 2850mm

ランドローバー「ディフェンダー110」の「全長」「全幅」「全高」が少し大きいですが、ホイールベースは新型「GX」の方が広いと予想されています。

新型「GX」の室内は「ディフェンダー110」よりも広々としている可能性があります。

新型「GX」には「ディフェンダー110」と同様に3列シートの設定もあると思われます。

ランドローバー「ディフェンダー110」に匹敵する「快適」+「オシャレ」+「悪路走破性能」な無骨オフローダーが誕生する可能性があります。

レクサス新型「GX」は2023年6月8日(アメリカ時間)にワールドプレミアされる予定ですので、その時を待ちましょう。

あなたは損していませんか?

お目当ての車が決まったらディーラーに行く前に査定をすることをお勧めします。

査定をする理由は、今のあなたの愛車の価値(査定価格)を知ることができるからです。

新車の納期が延びたことにより、ディーラーでは数カ月後の納車まで査定価格を保証して契約を行うケースが増えています。

査定価格を保証してくれるのはとてもありがたいことですが、その査定額が「高い」のか「安い」のか、あなたは分かりますか?

元自動車営業マンからすると、保証されている査定価格は「数カ月後に予想される最低限の査定価格」である可能性もあると思います。

つまり「このくらいの価格なら間違いないだろう」という価格かもしれないのです。

もちろん、あなたがその査定額に満足し、納得するのであれば問題ありません。

しかし、あなたが今のあなたの愛車の本当の価値(査定価格)を知っていれば、査定価格をもっと高く出来るかもしれないのです!

あなたの愛車の本当の価値を知ることは、あなたにとってプラスでしかありません。

あなたの次の愛車選びを満足いくものにするため、あなただけが損をしないため、ディーラーに行く前に査定をしてあなたの愛車の価値を知ることは重要なことなのです。

愛車の査定は定期的にすることがコツ!

あなたの愛車を高く売るコツは定期的に査定を行い「売り時」を見定めることです。

中古車市場は需要と供給によって価格相場が変動します。

あなたの愛車の査定価格が一番高い時期、もしくは、下げ幅が小さい時期を見計らうことが大切です。

とにかく一度、あなたの愛車の価値を知るために査定価格を知ることを強くお勧めします。

査定価格を知ることによるメリットは以下の通りです。

●愛車の査定額の適正価格を知るため
●愛車の「売り時」を見極めるため
●最小限のお金で色んな車に乗るため
●ディーラーとの交渉を優位に進めるため
●あなただけが損をしないため

今現在、あなたが愛車を手放す予定がなくとも、現在のあなたの車の価値(査定額)を知っておくことは決して損ではありません。

今後の車の買い替えの際に参考になることは間違いありません。

とにかく査定結果を見て、納得すれば手放して現金化すればいいし、納得しなければ乗り続ければいいだけです。

現在のあなたの車の価値を知るために利用してみるのも有りだと思います。

あなたが想像している以上の買取額が提示されるかもしれませんよ。

あなたの愛車の査定額をチェックしよう!

まずは、あなたの愛車の査定額をチェックしましょう!

無料査定のサービスを活用すれば、ディーラーの査定では5万円だった車が、15万円アップの20万円に!

150万円の車が50万円アップの200万円に!

もしかすると、200万円だった車が250万円以上になる可能性もあるかもしれません!

今は自動車ディーラーや中古車販売店での高額値引きは期待できません。

値引きが期待できない以上、車を出来るだけ安く購入するためには、あなたの愛車の査定額を最高額にする必要があるのです。

買取店を一軒一軒回ってもいいでしょうが、そんな面倒で時間のかかることをしなくても最高の査定額を手に入れることが出来ます。

最大20社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】であなたの愛車を査定してみてください。

MOTA車買取は、しつこい営業電話が一切ない無料の一括査定サービスです。

MOTAホーム画面

あなたの愛車の情報を登録すると、最大20社からの査定額入札が開始されます。

査定額は登録したメールアドレスで確認することが出来、最高額を入札した上位3社のみがあなたへの交渉権を獲得することが出来ます。

だから、しつこい営業電話であなたの仕事中やプライベートを邪魔されることはありません!

査定は3社とも同じ日同じ時間を指定してください!

そうすることで、たった1回の査定(時間にして20~30分程度)で最高額を知ることが出来ます!

各社の担当者を同時に競わせることで買取価格の底上げを図る狙いもあります。

査定が終われば、各社の担当者が名刺の裏にあなたの愛車の査定額を書いて渡してくれるので、あとはじっくり価格を見て考えてみましょう。

価格に納得すれば、最高額を付けた担当者に電話して話を進めても良いし。

価格に納得いかなければ、断っていただいても結構です。

もちろん、売っても売らなくても無料なので、安心して判断してください。

買取価格実績画像

私自身もMOTA車買取査定を利用してディーラーの下取価格と比べて35万円アップに成功しました!

レビューしているのでぜひ参考にしてください。

買取査定レビュー⇒【査定レビュー】高額買取に必要なのは競合させること!私は一括査定で35万円アップに成功した!

45秒カンタン登録
最大20社による査定額をネットで確認
上位3社からの連絡のみ
一回の査定で最高査定額がわかる!

車を購入する予定があろうがなかろうが、今現在のあなたの愛車の価値を知ることは大切です。

あなたの愛車はあなたの大切な財産です!決して面倒くさいからと言って軽んじてはいけません!

査定が5万円アップすれば、家族でおいしい焼肉が食べられます。

査定が10万円アップすれば、ちょっと奮発して遠くに遊びに行けるかもしれません。

査定が20万円アップすれば、行きたかった海外旅行や欲しかったものが買えるかもしれません。

査定が30万アップすれば、諦めていた上位グレードの車を検討することも出来るでしょう。

車を売買する予定がなくても、あなたの愛車の現在の価値をMOTA車買取で知ることによって、あなたの車人生が大きく変わる可能性があります!

MOTA車買取では、一般相場よりも高額で買い取った実績があります!

とにかく、売る売らないは別としてあなたの愛車を査定してみることから始めましょう。

あなたが思ってもみなかった驚きの査定額が提示されるかもしれませんよ。

思ってもみなかった査定結果に、次は何の車を買おうかなぁとワクワクしながら色々な車を検索している日々が待っているかも?

45秒カンタン登録
最大20社による査定額をネットで確認
上位3社からの連絡のみ
一回の査定で最高査定額がわかる!

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND