Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、Mです。

ついに乗ってきましたよ、アウディA8!

しかも60TFSI quattroです。

先日、注文していた愛車のアウディA3スポーツバックにつけるこれまた愛犬用の「ペットカバー」を取りに行ったら、アウディA8の試乗車が停めてありました。

わたしのような一般庶民にはとても乗れるような車ではないことはわかっているんですけど、好奇心がまさってしまい、ダメもとで担当者にお願いしたら、平日ということもあって快諾してくれました!

持つべきものは良き担当者ですね。(笑)

まず、アウディA8には2つのパワートレインが用意されています。

3.0リッターV6ターボエンジンを搭載した「55TFSI」と4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「60TFSI」です。

試乗させてもらったアウディA8は後者の「60TFSI」4.0リッターV8ツインターボエンジンです。

ということで、今回はアウディのフラッグシップセダンであるアウディA8の試乗した率直な感想を書いていきたいと思います。

今回は車が車なだけに画像が多めになっているのでご了承下さい。

スポンサーリンク

アウディA8「60TFSI」の仕様

早速今回の相棒の紹介です。

アウディA8「60TFSI」quattro(4WD)

まずサイズですが、全長5170mm、全幅1945mm、全高1470mmのビッグセダンで、車重は2110kgにもなります。

そんな大柄&メタボなボディに搭載されるエンジンの最高出力は460PS、最大トルクは660Nmという、6.2リッターV12エンジン並みの加速力を誇る化け物じみたスペックのエンジンが搭載されています。

トランスミッションは大トルクを得意とする8速ティプトロニックが組み合わされています。

アウディA8「60TFSI」の車両本体価格は、15,100,000と目が飛び出るようなお値段です。

相棒に装備されてあったオプションですが、これがまた凄かった!

安全機能を拡充させた「アシスタンスパッケージ」230,000円。

高級車の代名詞「パノラマサンルーフ」250,000円。

インテリアの贅沢オプション「アウディデザインセレクション」1,570,000円。

この「アウディデザインセレクション」はメリノグレーのフルレザーパッケージとリア席のシートヒーターなどの便利機能を拡充したオプションなんですが、このオプションだけで車が買えるほどの金額ですよね!

ということで、今回の相棒の合計金額は、17,150,000円となりました!(笑)

車もスゴイが値段もスゴイ!

さぁ、有り難く試乗させて頂きましょう。

スポンサーリンク

アウディA8「60TFSI」のインテリアプレビュー

まずはインテリアを見ていきましょう。

ドアノブを引いた瞬間に、モーターによってドアのロックが解除されます。

なので、普通ドアを開けた時に感じるロックが外れる「ドン」という衝撃がほとんどなく、ドアを開けることができます。

この衝撃のないドアロックは、アウディA7にも採用されています。

アウディA7がフルモデルチェンジ!新型A7の日本仕様の価格は?

ドアノブの上部はメッキ装飾が施され、フラッグシップモデルならではの高級感を感じさせてくれます。

ではコックピットを見てみましょう。

ダークブラウンのウッドパネルとピアノブラックのパネルが組み合わされ、まるで高級家具のようなインテリアに仕上がっています。

「アウディデザインセレクション」のシートです。

メリノグレーのフルレザーシートです。

下世話な話で申し訳ありませんが、「お金持ちカラー」ですね。

フロントシートには「シートヒーター」だけでなく、熱を吸い込んでくれる「ベンチレーション」、そして、「マッサージ機能」まで装備しています。

マッサージチェアに座って運転しているようなものですね。

リアシートです。

リアシートのアームレストを見た瞬間にこの車が只者ではないのがわかります。

フロントシートのシートバックにもダークブラウンのウッドパネルが装着され、アンビエントライト(イルミネーション)まで施されています。

本当に上質な空間であることが伝わってくるリアシートです。

リアシートのアームレストです。

なにやら先端に見慣れないものが配置されています。

シートアジャスターはリアシートはもちろん、助手席のシートまでこちらから動かすことが出来るようになっています。

フロントシートを一番前まで移動させれば相当広く使えます。

そして気になるのは上に見えているメニューパネルです。

これはタッチパネルになっていて、シート調節、エアコンの温度調整、インテリアライトのコントロール、ブラインドの上げ下げを行うことが出来ます。

インテリアライトは「マトリックスLEDリーディングライト」というものが備わっていて、タッチパッドを使ってピンポイントに照らしたいところを指定するとそこだけを照らすことが出来ます。

リアシートのマトリックスLEDリーディングライトです。

片側7個のLEDライトが配置され、必要に応じて点灯消灯減光を行います。

まぁ、使うかと言われると正直使わないでしょうけど、面白い機能であることは間違いありません。

そしてこのタッチパッドは脱着可能です!

外して手元でコントロールできるのはいいですね。

特に利き手ではない手での操作はストレスになりますからね。

相変わらずしっかりとしたドアです。

剛性だけではなく、遮音性にも優れたドアになっています。

「アウディデザインセレクション」のエンブレムです。

高級スエードであるアルカンターラが車内の至る所に採用されています。

なんとサンバイザーやルーフライニングもアルカンターラが使用されているなど徹底されています。

1,570,000円の「アウディデザインセレクション」おそるべしです!

一通りインテリアを堪能したので、コックピットに座ってみます。

早速エンジンをかけてみましょう。

スタートボタン、ポチっと。

「キュルルルッ、ブゥオン」

多気筒エンジンならではの点火スピードの速いセルモーター音と大排気量ならではの野太いエンジン音が車内に響きます。

エンジン音はまったくうるさくありません。

スタートボタンを押したと同時に、運転席とステアリングがイージーエントリー機能により元の位置に動かされます。

コックピット前方のメーターナセル内には、アウディのお馴染みの最新システムである「アウディバーチャルコックピット」が表示されます。

ステアリングの左にある「VIEW」ボタンを押すと、メーター表示が大きくなったり小さくなったりします。

ところで、新型アウディA8ではちょっとした仕掛けがありました。

エンジンをかける、もしくは、エアコンをONにするとあることが起こります。

はい、ドン!

わかりますか?

エンジンとエアコンがOFF時にはエアベントが閉じているんです。

閉じているというかエアベントがウッドパネル隠れているんですね。

ONと同時になんの音もなくゆっくりとウッドパネルが開き、エアベントが姿を現します。

なんか、正直凄いとかそんな感動はありません。

なんだかとっても無駄な機能のような気がしますが、あえてそっとしておきましょう。(笑)

エアベント以外では、ブラックアウトしていたインフォテイメントシステムがONになり、インテリアが華やかになります。

10インチと8.6インチのタッチアップディスプレイになっていて、メニューをクリックすると、クリック音と指にはクリック感が返ってきます。

とてもよいタッチアップディスプレイです。

タッチの感度はAppleのiphoneのような滑らかな動きではないものの、十分かなといった印象です。

新型アウディA8のハイテク装備はこちら
新型アウディA8のハイテク装備が凄い!外装も内装も一新し発表!

スポンサーリンク

アウディA8「60TFSI」の試乗インプレ

いよいよ試乗してみたいと思います。

セレクターレバーにはシフト・バイ・ワイヤーが採用されていますので、セレクターレバーの左にあるボタンを押しながら、下方向へクリックするとギアが「D/S」に切り替わります。

ちなみに、「D」はドライブ、「S」はスポーツとなっていて、下方向にクリックすると「D」「S」と交互に選択可能です。

まずはドライブを「D」にして出発です。

A8が動き出した瞬間に乗り心地の良さに驚かされます。

なんだかとても軽く感じるのに、重厚感があるといった矛盾した乗り心地を体感する事ができます。

おそらく軽く感じるのはこの高性能なエンジンのせいでしょうね。

踏み込んだ瞬間から「ブロロロッ」というV8独特のサウンドを轟かせて、アウディA8の2,110kgというヘビーウエイトを諸ともせず、4.0リッターV8ツインターボは力強い加速をしてくれるます。

体がシートに押し付けられるほどの大トルクを瞬時に発生させるあたりはさすがフラッグシップといった印象です。

A8とA7に採用されている3.0リッターV6ターボエンジンと同様に、4.0リッターV8ツインターボエンジンにも48Vのモーターを搭載したマイルドハイブリッドシステムが採用されているので、40km/h付近でのクルーズ中はエンジンをOFFにしてモーターだけで走ることも可能とのことですが、乗っていてまったくわかりません。(笑)

「55TFSI」3.0リッターV6のインプレはこちら
新型アウディA7SBの55TFSIに試乗!乗り心地や装備を評価してみた!

とにかく低回転時から発生される大トルクのおかげで2トン以上ある車の運転が非常に楽に行うことが出来ます。

エンジンも素晴らしいですが、この足回りも素晴らしい!

しっかり柔らかいし、かといってフワフワし過ぎてもいない。

コーナリング時には、しっかりと車を突っ張ってくれるので思い通りのところに車を持っていけます。

アウディA8では、エアサスペンションにアダプディブダンパーが組み合わされているため、走行モードに応じた車高と乗り心地を実現してくれるので、本当に快適です。

20インチのアルミとタイヤを装着しているにも関わらず、ほとんど突き上げ感はありませんし、ロードノイズも最小限に抑えられているようです。

アウディA8「60TFSI」には「アクティブノイズキャンセラー」、ロードノイズと逆の周波数を出して音を打ち消し合うという装置が標準で備わっていますので、少しはその恩恵があるのかもしれませんが、本当に静かです。

ステアリング操作も楽で、車重が2トンを超えている車とは思えないほど反応も素直です。

高速道路の加速帯に向かう途中のランプなんかも、まさに「オン・ザ・レール」感覚ですね。

結構スピードが出たままでコーナリングに入っても、車が道路に吸い付いていて、「まったくスリップする気がしない」と思ってしまう程の感覚を与えてくれます。

もちろん無理はいけませんが、確実に車のコーナリング時の限界値は他の車を圧倒する安定感と安心感を与えてくれます。

ボディ、エンジン、サスペンション、そして、クワトロ、それぞれ非常に高いレベルで仕事をしてくれていることが実感できます。

高速道路に合流する為、全力で加速すると、そのトルクの大きさにまた驚かされます。

周りの風景を置き去りにしてしまうように、あっという間にスピードが乗っていきます。

この加速感は国産車などではスポーツカーなどの高性能エンジンを搭載したモデルでないと味わう事が出来ない感覚だと思います。

スピード無制限区間のある高速道路である「アウトバーン」で鍛えられたアウディA8、高速クルーズはお手の物ですね。

本当に安定感があり、欲しい時にいつでもスピードが出せるので、楽に巡航する事が出来ます。

アウディA8にはフロントガラスにスピードメーターを投影する「ヘッドアップディスプレイ」が標準装備されていますので、常にスピードを目の前で確認できますので安心です。

もちろんナビゲーションを設定している時などは次の曲がり角などを表示するのでとても便利です。

ブレーキはかなり手前から効き始めますので、最初はブレーキを踏み過ぎてしまいましたが、すぐ慣れます。

むしろこれくらい最初から効いてくれた方が安心です。

いやぁ、本当に素晴らしい試乗でした。

V8エンジンってだけでこれだけ乗り味が違うのは新鮮ですね。

決してバカみたいに速いわけでなありませんが、本当に上品な加速と力の出方をするなぁと感じました。

まさにアウディのフラッグシップと言える車です。

Mの独り言

アウディA8「60TFSI」を試乗してみて、まさかここまで運転が楽な車とは思いませんでした。

もちろんアウディの最高級セダン車ですので、ある程度のことは想像していましたが、予想を超える出来の良さに驚かされましたね。

ボディ剛性の高さはもとより、特にエアサスペンションの乗り心地の良さには脱帽です。

今までになかったハイテク装備やディバイスも搭載され、更に磨き上げられた新型A8ですが、あえて言わせてください。

エンジンは前の方が速かった気がするなぁ。

実は、先代のA8の4.0TFSIも試乗したことがあるのですが、その時の加速感と比べると、少し大人しくなった印象を受けました。

先代のエンジンは4.0リッターV8ツインターボエンジンで最高出力435PS、最大トルクは600Nmでした。

新型のエンジンは同じ4.0リッターV8ツインターボ+48Vモーターで最高出力460PS、最大トルクは660Nmとなっています。

やはり新型のエンジンの方が高出力なのですが、先代のエンジンの方が、最初から最後まで力強く感じられました。

確信ではありませんが、おそらくエンジンコンピューターの味付けの違いじゃないかと思います。

新型のエンジンでは出だしがかなりスムーズでしたが、エンジンの回転数が上がる後半の方はなんだか本気を出していない感じはありました。

高出力なエンジンの為、エンジンコンピューターが制御をかけて、燃費向上の方に振っているのかもしれません。

新型A8でもスポーツモードにして走ると、速いことは速いですが先代のA8のような全力で走っている様な感覚は無かったような気がします。

良くも悪くも先代の4.0リッターエンジンは燃費よりも走り優先の設定だったのでしょうね。

これも低燃費という時代の流れなのかもしれませんが、これで先代のA8のエンジン以上の加速感があれば文句はないのですが・・・・。

そこだけが悔やまれますね。

アウディRS7が発売開始?気になるスペックと日本発売時期を予想!

まとめ

いかがでしたか?

新型A8の試乗なんかできるわけがないと思っていましたが、偶然にもその機会が巡ってきました。

普段なかなか乗る事ことのない高級セダンというジャンルの車ですが、乗ってみるとたくさんの驚きがありました。

高級車は大きい、速いだけじゃなく、マッサージ機能付のシート、高級レザー、ハイテクライティングシステム、先進のインフォテイメントシステムに至るまで、贅の沢を極めたような車でしたね。

しかし、ただ贅沢と言うわけではなく、走りそのもののレベルの高さにも驚かされました。

パワー、加速、サスペンション、ボディどれをとっても超一流のものが結集していました。

まさに、車両価格17,000,000円もする車に相応しいレベルです。

今の私にはどう逆立ちしても乗れるような車ではありませんが、非常に良い体験をさせてもらいました。

あなたもぜひ機会があれば試乗してみてください。

きっと驚きを与えてくれるはずですよ。

一括査定でたった1回の査定で下取価格が35万円アップした体験談!

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう