メルセデスベンツ改良新型GLEクーペの日本発売時期はいつ?販売価格はいくら?

メルセデスベンツのスタイリッシュSUVである「GLEクーペ」の改良新型モデルがニュルブルクリンクのコースで目撃されました。

開発途中ということもあり、改良新型GLEクーペはカモフラージュで覆われていますが、隠されて箇所は限定的です。

主にフロントとリア周りを一新するフェイスリフトが加えられるようですね。

今回は、メルセデスベンツ「GLEクーペ」の改良新型の日本発売時期と販売価格を予想したいと思います。

メルセデスベンツGクラス電気自動車「EQG」日本発売はいつ?販売価格はいくら?

スポンサーリンク

メルセデスベンツ改良新型GLEクーペの日本発売時期はいつ?

画像引用元:Motor1

メルセデスベンツ改良新型GLEクーペの日本発売時期は、2023年3月頃と予想します。

現在開発が進められている改良新型GLEクーペですが、欧州にて2022年秋頃に発表されるという情報があります。

もちろんオフィシャル発表ではありませんが、開発状況から鑑みても2022年中には発表される可能性は高いと思います。

もし改良新型GLEクーペが2022年9月頃に発表されれば、その約半年後の2023年3月頃に日本導入となるでしょう。

マイナーチェンジにおいては、フルモデルチェンジと違いデザインも含めて、不具合箇所や改善すべきところを手直しした改良モデルです。

よって、余程のことがない限り日本への輸入禁止が勧告されるようなことはないでしょう。

特にメルセデスベンツは新型モデルであっても非常にスムーズに手際よく日本導入を果たしているメーカーです。

マイナーチェンジであれば、本国発表からさほど時間を空けることなく日本に導入してくることでしょう。

スポンサーリンク

メルセデスベンツ改良新型GLEクーペの販売価格いくら?

画像引用元:Motor1

メルセデスベンツ改良新型GLEクーペの販売価格は、1330万円前後になると予想します。

現在メルセデスベンツで販売されているGLEクーペは1270万円~となっています。

コロナ禍以降の半導体部品不足に加え、様々な原材料費が高騰していることを考慮すると、1270万円よりも高額になる事は予想に難くありません。

各自動車メーカーにおいても車両本体価格の3%~5%の値上げを検討しているという噂も聞きます。

メルセデスベンツ改良新型GLEクーペにおいても、車両本体価格(1270万円)の5%(63万円)の値上げが実施されると予想します。

よって、メルセデスベンツ改良新型GLEクーペの販売価格は、1330万円前後になる可能性が高いです。

マイナーチェンジよりGLEクーペはより快適に、より新しくなるため、決して今よりも安くなることは考えにくい状況です。

【フルモデルチェンジ】新型メルセデスベンツGLC日本発売はいつ?価格はいくら

スポンサーリンク

メルセデスベンツ改良新型GLEクーペの変更点は?

画像引用元:Motor1メルセデスベンツ日本

メルセデスベンツ改良新型GLEクーペの変更点を探してみましょう。

今回のマイナーチェンジにおいて、エクステリアはあくまでも最小限のアップデートに留まるといった印象を受けます。

ヘッドライト形状は大きく変更はないようですが、少なくともデイライトグラフィックが変更されている可能性が高いとみられます。

次に変更されているのは、フロントバンパー、特にロアグリル周りの形状がエアロダイナミクスを意識したデザインが採用されています。

どちらかと言えばシンプルだったマイナー前と比べると、明らかに形状が複雑化している分スポーティな印象を受けます。

メルセデスベンツ改良新型GLEクーペのリアビューです。

フロントマスクと比べると、カモフラージュ部分は非常に狭い範囲になっています。

「カモフラージュが施されている=変更されるところ」ですから、リア周りではテールライト付近に変更が加えられるようです。

変更が加えられるといっても、形状の変更はないように見えます。

おそらくテールライト形状、もしくは、テールライトグラフィックの変更がメインになるかもしれません。

ヘッドライトグラフィックを変更するなら、同じデザイン意匠に則ったテールライトグラフィックにするはずです。

GLEクーペ自体まだまだ新しいデザインを手り入れているので、このタイミングで大きくテコ入れする必要性はないということかもしれませんね。

しかしながら、変更されるのは何もデザインだけではありません。

改良新型GLEクーペの最大の変更点はPHEVの追加と睨んでいます。

改良新型GLEクーペのテスト車両の左リアフェンダーを見てみると、給油リッドのようなものが確認できます。

メルセデスベンツは右リアに給油口があるため、少なくとも左蓋のようなものは給油口ではありません。

これは、充電用のリッドである可能性が高いと思われます。

これから発表される新型車には当たり前になってくるであろうPHEVモデルがGLEクーペにも追加されるようです。

【マイナーチェンジ】新型メルセデスベンツGクラス(ゲレンデ)の日本発売時期はいつ?販売価格はいくら?

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND