2023年1月に日本参入する電気自動車メーカー「BYD」ってどんな会社?

2023年1月に、日本に新たな電気自動車メーカーが加わります。

その名も「BYD」(ビーワイディー)。

BYDの日本法人であるBYDジャパン株式会社は、「BYD Auto Japan」を設立し、2023年1月より日本で電気自動車を発売すると正式に発表しました。

「BYD」という会社名を聞いたことない人がほとんどでしょうが、電気バスやEVフォークリフト、そして、ソーラーパネルにおいてすでに日本に参入済みのメーカーです。

今回は、2023年1月に日本の電気自動車市場に参入する「BYD」について紹介します。

電気自動車(EV)のリチウムイオンバッテリー「熱暴走」の要因とは?

スポンサーリンク

BYDってどんな会社?

BYD電気自動車画像引用元:BYD Japan

「BYD」は1995年に中国の広東省深圳市で創業し、主に携帯電話のバッテリーを製造していました。

創業者であり現会長である王伝福氏が、このままでは会社の発展がないと考え、2003年に中国国営の自動車メーカーを買収して、自動車産業に参入を果たしました。

バッテリーメーカーとしてのノウハウを活かし、2008年に量産型プラグインハイブリッドを発売したのを皮切りに、EVバスやタクシーなどの商用車を中心に販売しています。

あまり知られていませんが、すでに日本国内のEVバスの7割は「BYD」社製とのこと。

ちなみに、中国では「BYD」は「トヨタ」よりも有名な企業のようです。まぁ、当たり前ですけどね。

さらに2022年現在、「BYD」は70の国や地域においてNEV(電気自動車や燃料電池車など)を展開しており、NEV販売台数世界一になっています。

EVに積極的なシンガポールやオーストラリアにおいても「BYD」社製の車は高評価を得ているようです。

さらに「BYD」の魅力の一つとして挙げられるのは、「価格の安さ」です。

日本法人の「BYD Japan」の調査によると、「車両価格の高さ」「充電インフラ」「航続距離」、そして「選択肢(ボディ形状やサイズ)の少なさ」が電気自動車購入の足枷になっていると予測しています。

「BYD」は日本参入にあたり、「eモビリティを、みんなのものに」をスローガンに、様々なボディ形状のEV車を手に届く価格で展開すると発表しています。

中国のメーカーと聞くと、なんだか怪しいイメージが少なからずあるかもしれませんが、「BYD」に関しては名実ともに信頼できる企業だと思います。

日本で発売が開始される「BYD」の最新電気自動車ってどんな車?

スポンサーリンク

BYDはトヨタのパートナー企業

BYDとトヨタ

2021年に開催された「上海モーターショー」にてトヨタの電気自動車「bZシリーズ」が発表された際に、パートナー企業として「BYD」の名前があったことはあまり知られていません。

トヨタ単体でも電気自動車の開発を行えるだけの資本力を有していますが、「餅は餅屋!桶は桶屋!」ということわざ通り、バッテリーはバッテリー屋に聞くのが一番と判断したと思います。

「BYD」は、2020年の中国国内の電気自動車販売台数において1位を獲得しており、人気のテスラよりも4万4000台上回った実績があります。

また、「BYD」は高品質でありながら低価格帯で販売されているのも魅力的です。

トヨタがこれから電気自動車を開発するにあたり、すでにEVのノウハウを持ち、中国No.1の電気自動車メーカーである「BYD」とのコネクションは必要という結果になったのでしょう。

また、「BYD」としても中国では「トヨタ」よりも有名ですが、世界で見ると圧倒的に「トヨタ」のネームバリューの方が上です。

「BYD」を「トヨタ」のパートナー企業として浸透させたいという思惑もあると思います。

とにかく、「BYD」へのラブコールは「トヨタ」からだったことを考えると、「BYD」社製品への信頼性の高さを思わせますね。

2023年1月に本格的に日本の電気自動車市場に参入する「BYD」は、電気自動車の価格破壊を行う存在になるかもしれません。

日本企業との商品競争を激化させてくれれば、より良質で低価格な商品が生まれますからね。

【2022年最新】トヨタ車の新車納期の目途はどのくらい?

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND