トヨタの新型電気セダン車「bZSDN」スクープ!日本発売の可能性は?

アメリカの自動車メディア「carscoop」が、トヨタの電気自動車「bz」シリーズの新型セダン車をスクープしました。

画像引用元:carscoops

トヨタの新型電気セダン車「bZSDN」とみられるテスト車両が目撃されたのは中国の路上です。

厳重なカモフラージュによりその全貌は明らかになっていませんが、2021年12月にトヨタが発表した電気自動車コンセプト車の一つに酷似しています。

今回中国で目撃されたトヨタの新型セダン車「bZSDN」の日本発売の可能性と「bZSDN」の最新情報を紹介します。

トヨタ「bZ4X」⇒トヨタ新型電気自動車「bZ4X」おすすめのグレードは?比較してみた!

スポンサーリンク

トヨタ新型電気セダン車「bZSDN」日本発売の可能性は?

トヨタの新型電気セダン車コンセプト(画像引用元:carscoops

トヨタ新型電気セダン車「bZSDN」が日本で発売される可能性ですが、あり得ると考えています。

その根拠としてトヨタ「クラウン」が廃止されるという噂にあります。

トヨタと代表する日本専用セダン車「クラウン」が廃止されるという話は、トヨタによる正式な発表ではありません。

しかしながら、「火のない所に煙は立たぬ」と言うように、トヨタ「クラウン」の販売不振やセダン車離れは深刻化しています。

トヨタとしても日本専用車種である「クラウン」を作り続けていくことに疑問を感じていると思います。

つまり、トヨタは新型電気セダン車「bZSDN」を「クラウン」の後釜に考えていても不思議ではありません。

トヨタの電気自動車化計画はスピード感を持って執行されています。

よって、トヨタの新型電気セダン車「bZSDN」が日本でも発売される可能性は十二分にあると予想します。

トヨタの新型電気セダン「bZSDN」は、「クラウン」の後継機種ではなく、全く新しい電気セダン車として発表されることでしょう。

レクサス電気セダン車⇒レクサス次期新型「IS」電動化へ!日本発売はいつ?価格はいくら?

スポンサーリンク

トヨタ新型電気セダン車「bZSDN」の最新情報

トヨタの新型電気セダン車「bZSDN」の最新情報です。

まだ厳重なカモフラージュが施されているので、手に入る情報は少ないですが、ぜひ参考にしてください。

トヨタ新型電気セダン車「bZSDN」エクステリア

画像引用元:carscoops

トヨタの新型電気セダン「bZSDN」テスト車両の画像です。

スクープされた画質が荒いので詳細は確認できませんが、電気自動車の特徴の一つである「グリルレス」デザインであることは確認できます。

ヘッドライト周りもトヨタのデザインに用いられている「キーンルックデザイン」によく似ているので、トヨタ車であることは間違いなさそうです。

ボンネットからフロントガラスにかけては、まるでスポーツカーのようなロープロポーションフォルムが採用されています。

見るからに空気抵抗が少なそうなシルエットです。

画像引用元:carscoops

トヨタの新型電気セダン「bZSDN」のリアビューです。

厳重なカモフラージュによりトヨタ車かどうかも判別は難しいですが、トヨタの新型セダン車「bZSDN」である前提で見てみましょう。

リア周りはごく一般的なセダン車というより、4ドアクーペのような傾斜を持ったデザインが採用されていることがわかります。

リアガラス形状から見ても、リアガラスが一緒に開閉するハッチバック式でなく、トランク式のようです。

リアフェンダーからサイドパネルを見てみると、とても肉付きの良いグラマラスなデザインになっている印象を受けます。

スポーティで力強い印象を狙っていると思われます。

トヨタ新型電気セダン車「bZSDN」インテリア

画像引用元:carscoops

トヨタの新型電気セダン車「bZSDN」のインテリアスクープ画像です。

このスクープ画像のインパクトを大きいですね。

特に目を引くのは、センターコンソール中央にそびえたつ15インチ以上あろうかという大型スクリーンです。

ドライバーの目の前には、10インチ前後のデジタルクラスターが採用されています。

ステアリングホイールのデザインを見る限り、トヨタ車であることは間違いなさそうです。

巨大ディスプレイがタッチパネルと想定すると、手前にある丸いローターがシフトセレクトの可能性があります。

2022年に発売するトヨタ新型電気自動車「bZ4X」の内装と明らかに違うデザインになっているところ見ると、全く新しいプラットフォームが採用されているようです。

トヨタ「クラウン」の代わりに導入されても、質感は遜色ないレベルになっていそうですね。

トヨタ「bZ4X」⇒トヨタの電気自動車「bZ4X」日本発売はいつ?販売価格はいくら?

トヨタ新型電気セダン車「bZSDN」サイズ

画像引用元:carscoops

トヨタの新型電気セダン車「bZSDN」のサイズですが、全長4725mm×全幅1835mm×全高1475mm、そしてホイールベースは2880mmとのことです。

実は、スクープ元の情報によれば、トヨタ新型電気セダン「bZSDN」のフロントガラスには、わざわざ諸元表が置いてあったそうです。

良くも悪くも中国ってすごい国だなぁと思います。

もしこのサイズが本当であれば、トヨタ「クラウン」よりも少し短くなるサイズになります。

トヨタの新型電気セダン車「bZSDN」ですが、中国専用車になる可能性も捨てきれていません。

しかし、トヨタ「クラウン」が本当に廃止されるのであれば、トヨタの新型電気セダン車「bZSDN」が日本に導入される可能性はあると思います。

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND