マツダ次期新型ロードスターをスクープ!マイルドハイブリッド化され2023年に発表か?

マツダが世界に誇るライトウェイト・スポーツオープンモデル「ロードスター(海外名:MX-5)」のフルモデルチェンジに関する情報がスクープされました。

2022年9月に生産終了し、在庫のみの販売となった4代目マツダ「ロードスター」は、ついに5代目となる次期新型ロードスターに引き継がれます。

5代目となる次期新型ロードスターには、更に進化させた「魂動(こどう)-Soul of Motion」デザインとマツダ自慢のスカイアクティブテクノロジーが惜しみなく採用されるとみられています。

【2022年最新】マツダの新車納期の目途はどのくらい?

スポンサーリンク

マツダ次期新型ロードスターの日本発表はいつ?

マツダ次期新型ロードスターの日本発表は、2023年後半になると思われます。

つまり、2022年9月に4代目ロードスターの生産終了がアナウンスされてから、5代目ロードスターの発売まで約1年前後という時間が空くと思われます。

なぜ、4代目から5代目ロードスターの発表まで約1年もの期間が必要になるかというと、

①世界的な「2ドアクーペ」の需要減少

②世界が納得する「次世代内燃機関の開発」

が関係していると思います。

①世界的な「2ドアクーペ」の需要減少

マツダ次期新型ロードスターの発表が遅れる要因の一つは、需要減少による開発の遅れではないかと思います。

現在、世界的に2ドアクーペの需要が激減しいます。

事実、世界的な2ドアクーペの需要減少に伴い、メルセデスベンツ「SLK」は廃止、そして、アウディ「TTシリーズ」も廃止される予定です。

主な廃止の理由は「採算がとれる見込みがない」&「利益を取れる次世代モデルへの投資」でした。

マツダとしても、4代目ロードスターを発表した直後こそ受注を取れていたようですが、2年後には登録台数は徐々に減少していきました。

特に登録台数の減少が顕著だったのは、「北米」「欧州」「中国」、全て台数が見込める自動車大国であるという事実だったわけです。

その結果、マツダの経営陣から「5代目ロードスターの開発を止めて、いっそのこと4代目で廃止するべきじゃないか?」という声が挙がった可能性があります。

ということで、次期新型ロードスターの開発が一時中断していたのではないかと考えます。

発展が見込めない市場への投資は賢明ではありませんからね。

しかし、2020年のコロナ禍では減少していたロードスターの登録台数が右肩上がりに!

登録台数が増加した理由は不明ですが、コロナ禍で国内外の旅行に行けなくなり、せっかくならオープンカーにでも乗ろうかなというユーザーが増えたのかもしれませんね。

ロードスターの登録台数が増えたら増えたで再度マツダの経営陣が「5代目ロードスター出したら売れるんじゃね?」と思ったかもしれません。

もちろん、その他諸々理由はあると思いますが、次期新型ロードスターの開発にGOサインを出したことに車好きとして感謝します。

あくまで想像ですが、次期新型ロードスターの発表が遅れる背景には、需要減少による開発の一時中断があったのかもしれません。

②世界が納得する「次世代内燃機関の開発」

マツダ次期新型ロードスターの発表が遅れる要因の一つは、次世代内燃機関の開発の遅れではないかと思います。

世界は「脱・二酸化炭素」のため、ハイブリッドや電気自動車などの次世代パワートレインに大きく舵を取りました。

特に「脱・二酸化炭素」に力を入れているヨーロッパ諸国の自動車メーカーは、2030年前後を目途に完全に電気自動車と代替燃料へ移行すると発表しています。

この動きは日本車でも例外ではなく、各社ハイブリッド化や電動化を進めています。

マツダとしても次期新型ロードスターを発表するにあたり、これまでのガソリンエンジンでは世界ではやっていけないと危機感を募らせたことでしょう。

そこでマツダの次世代内燃機関として白羽の矢が立てられたのが、マイルドハイブリッドシステムであっても何の不思議もありません。

マイルドハイブリッドシステムとは、内燃機関(ガソリン・ディーゼルエンジン)に小型モーターを付けてアシストするシステムです。

マイルドハイブリッドシステムは、新開発エンジンだけではなく、既存のエンジンにも採用できるため、安価にハイブリッド化できる手段として知られています。

ヨーロッパ車は積極的に48Vマイルドハイブリッドシステムを採用しています。

次期新型ロードスターに搭載される次世代内燃機関は、燃費基準が益々厳しくなっていることを考慮すると完全新開発となるでしょう。

少なくとも従来のエンジンより20~30%の燃費改善が必須となると思われます。

よって、マツダ次期新型ロードスターにマイルドハイブリッドシステムが採用されても驚かないでしょう。

むしろ、マツダ自慢の「スカイアクティブ技術」に48Vマイルドハイブリッドを搭載したらどんなエンジンになるのか個人的にも興味があるところです。

マツダは世界が納得する次世代内燃機関を開発するために時間が必要なのだと思います。

ちなみに、次期新型ロードスターの発売時期に関しては、多くのメディアが約1年ほどの時間が必要だと予測しています。

マツダ次期新型ロードスターの発表を待ちましょう。

マイルドハイブリッドの時代が到来!メリットと採用の理由とは?

スポンサーリンク

マツダ次期新型ロードスターのテスト車両を目撃

マツダ次期新型ロードスター画像引用元:carscoops

マツダ次期新型ロードスターのテスト車両がドイツで目撃されました。

「あれ?全然変わってないじゃん!」と思うのも無理ありません。

目撃されたテスト車両には、4代目ロードスターのボディが使用されているため次期新型ロードスターの雰囲気は皆無です。

しかしながら、逆を返せばそれだけ厳重に開発が進められているということでしょう。

エクステリアこそ4代目ロードスターですが、エンジンとシャシーは次期新型ロードスターのものと思われます。

マツダ次期新型ロードスター画像引用元:carscoops

テスト車両のリアフェンダーは拡大されているところを見ると、次期新型ロードスターはトレッドが広くなっていると推測できます。

今回目撃された次期新型ロードスターのテスト車両は、4代目ロードスターのボディでカモフラージュされているため、詳細はこれ以上わかりません。

しかしながら、2ドアクーペが消滅している昨今の自動車市場において、次期新型ロードスターは貴重な存在となることは間違いありません。

マツダ次期新型ロードスターに関する続報に期待が膨らみます。

スポンサーリンク

新車の生産遅延により中古車の買取価格が高騰!

画像引用元:carscoops

メーカーによる新車減産と大幅な遅延により、日本の自動車市場では中古車の価格高騰が発生しています。

更なる半導体不足によって新車が生産されない状態は2025年頃まで続くと予想されています。

新車がすぐに手に入らなければ、自ずと注目されるのはもうすでに市場にある中古車ですよね。

よって、今日現在、中古車の査定・買取額が大幅に上昇しています。

日本の自動車市場は中古車の売買が活発になっていることから、愛車の高額査定を獲得するチャンスと言えます。

とにかく、今の時点で、一度あなたの愛車の価値を知るために査定価格を知ることを強くお勧めします。

査定価格を知ることによるメリットは以下の通りです。

●愛車の査定額の適正価格を知るため
●愛車の「売り時」を見極めるため
●最小限のお金で色んな車に乗るため
●ディーラーとの交渉を優位に進めるため
●あなただけが損をしないため

今現在、あなたが愛車を手放す予定がなくとも、現在のあなたの車の価値(査定額)を知っておくことは決して損ではありません。

今後の車の買い替えの際に参考になることは間違いありません。

とにかく査定結果を見て、納得すれば手放して現金化すればいいし、納得しなければ乗り続ければいいだけです。

現在のあなたの車の価値を知るために利用してみるのも有りだと思います。

今は買取相場が上がっているので、あなたが想像している以上の買取額が提示されるかもしれませんよ。

あなたの愛車の査定額をチェック!

「面倒くさいから査定はしない」

そう思っているあなたは損していますよ!

マジでもったいないです!!

車には売りどきがあります。

それは、流行や世界情勢によって日々変化しますが、2022年の今現在において査定買取相場は最大値を迎えていることは間違いありません。

とにかく、あなたの愛車の査定額をチェックしてみませんか?

もしかすると、あなたが思っている以上の査定額が提示される可能性があります。

なぜなら、新車の生産遅延によって、中古車の買取価格が最高値に達しているからです。

よって、通常時の査定なら良くても5万円だった車が、今なら15万円アップの20万円になるかもしれません!

通常時だったら150万円の車が50万円アップの200万円になる可能性も十二分にあります!!

もしかすると、あなたの愛車が超人気車種+オプションだったことにより、50万円アップ以上になる可能性もあるかもしれません!

現在、新車の生産遅延による中古車の需要急騰により、自動車ディーラーや中古車販売店の高額値引きは期待できません。

値引きが期待できない以上、車を出来るだけ安く購入するためには、あなたの愛車の査定額を最高額にする必要があります。

買取店を一軒一軒回ってもいいでしょうが、そんな面倒で時間のかかることをしなくても最高の査定額を手に入れることが出来ます。

最大20社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】であなたの愛車を査定してみてください。

MOTA車買取は、しつこい営業電話が一切ない無料の一括査定サービスです。

MOTAホーム画面

あなたの愛車の情報を登録すると、最大20社からの査定額入札が開始されます。

査定結果は、翌日18時までにあなたが指定したメールアドレスに通知します。

その後、あなたの愛車に最高額を入札した上位3社のみがあなたへの交渉権を獲得することが出来ます。

だから、しつこい営業電話であなたの仕事中やプライベートを邪魔されることはありません!

ココだけの話ですが、査定は3社とも同じ日同じ時間を指定することで、たった1回の査定(時間にして20~30分程度)で最高額を知ることが出来ます!

これはあなたの貴重な時間を奪わないためでもありますが、各社の担当者を同時に競わせることで更なる買取価格の底上げを狙うことができる方法です。

査定が終われば、各社の担当者が名刺の裏にあなたの愛車の査定額を書いて渡してくれるので、あとはじっくり価格を見て考えてみましょう。

価格に納得すれば、最高額を付けた担当者に電話して話を進めても良いし。

価格に納得いかなければ、断っていただいても結構です。

もちろん、売っても売らなくても無料なので、安心して判断してください。

買取価格実績画像

私自身もMOTO車買取査定を利用してディーラーの下取価格と比べて35万円アップに成功しました!

レビューしているのでぜひ参考にしてください。

買取査定レビュー⇒【査定レビュー】高額買取に必要なのは競合させること!私は一括査定で35万円アップに成功した!

45秒カンタン登録
最大20社による査定額をネットで確認
上位3社からの連絡のみ
●たった一回の査定で最高査定額がわかる!

車を購入する予定があろうがなかろうが、今現在のあなたの愛車の価値を知ることは大切です。

あなたの愛車はあなたの大切な財産です!決して面倒くさいからと言って軽んじてはいけません!

査定が5万円アップすれば、家族でおいしい焼肉が食べられます。

査定が10万円アップすれば、ちょっと奮発して遠くに遊びに行けるかもしれません。

査定が20万円アップすれば、行きたかった海外旅行や欲しかったものが買えるかもしれません。

査定が30万アップすれば、諦めていた上位グレードの車を検討することも出来るでしょう。

車を売買する予定がなくても、あなたの愛車の現在の価値を知ることであなたの車人生が大きく変わるかもしれません!

だから、ぜひ査定してみましょう。

あなたが思ってもみなかった驚きの査定額が提示されるかもしれませんよ。

査定後には、次は何の車を買おうかなぁとワクワクしながら色々な車を検索している日々が待っているかも?

あなたの愛車の査定は、中古車の買取価格が最高値になっている今がチャンスです。

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND