【スクープ】ホンダが完全新型SUVモデルを2023年夏頃にインドで発表予定!

ホンダのインド法人が全く新しいSUVを2023年夏ごろ発表予定があると公表しました。

2023年1月9日にホンダのインド法人によって公開された1枚のティザーには、夜の雨の中を力強く走る謎の車が映し出されています。

今回は、ホンダがインドで発表を予定している完全新型SUVについて紹介します。

画像引用元&ソース:carscoops
画像引用元:ホンダ

ホンダ新型SUVってどんな車?

ホンダ新型SUVがインドで発表予定

ホンダの完全新型SUVは本格的なオフロード仕様デザインを纏(まと)っています。

ホンダのインド法人によって公開された画像に写っている車体を見る限り、オフロード走行を前提としたコンセプトであることが分かります。

まず、ホンダの完全新型SUVの車体のシルエットを見て下さい。

最近流行の都会的なSUVにありがちなスタイリッシュなクーペフォルムでは一切ありません。

ホンダの完全新型SUVに採用されているのは、高いボディ剛性と実用性の高い積載性能を追求した無骨なシルエットであることが確認できます。

かすかに確認できるタイヤアーチには、無骨で力強いモールが採用されているように見えますよね。

ティザーを見る限り、新型SUVの車高は結構リフトアップされていることが伺えます。

特に、新型SUVのフロントマスクはまるで高い壁が立ちふさがっているような迫力を持っています。

フロントマスクの上部にはシャープに光るデイライトが展開され、下部にはフォグライトのような光源が確認できます。

ティザーだけでは確認できませんが、ヘッドライトユニットはデイライトの真下に配置されているようにも見えます。

ホンダの完全新型SUVということもあり、まだまだベールに包まれています。

しかしながら、2023年夏頃にインドで発表される予定の完全新型SUVは、「なんちゃってSUV」ではなく「本格派SUV」である可能性が高いようです。

ホンダ新型SUVは「ホンダ R&D アジア パシフィック」メイド!

ホンダのタイにあるテストコース

ホンダの完全新型SUVは、「ホンダ R&D アジア パシフィック」が開発した全く新しいSUVです。

ホンダのインド法人の発表によると、完全新型SUVのデザインを行ったのは「ホンダ R&D アジア パシフィック」とのことです。

「ホンダ R&D アジア パシフィック」は、ホンダの開発の中枢である「本田技術研究所」の直轄となるタイ現地法人です。

「ホンダ R&D アジア パシフィック」の存在意義は、兎にも角にも「現地ファースト」にあります。

アジアの様々な「国」「国民性」「地形」「気候」「ニーズ」に特化した研究開発を行う機関として設立されました。

よって、「ホンダ R&D アジア パシフィック」には、プラチンブリ プルービンググラウンド(以下:プラチンブリPG)と呼ばれるテストコースが存在します。

プラチンブリPGには、様々な路面状況や地形のシミュレーションが行える8つのテストコースが建設されており、その総全長は8kmにも及びます。

【プラチンブリPGコース】

1)周回コース
全長2.18キロメートルの周回コース。高速運転時の車両性能検証に加え、キャビン内の風切音のレベルや、操舵性能の検証に使用。

2)ワインディングコース
全長1.38キロメートルのワインディングコース。ブレーキや車両の安定性を含む一般性能の検証に使用。多様な傾斜角を再現し、17のコーナーを有する。

3)ヴィークルダイナミクスエリア(VDA)
高速周回路に付設されたエリア。高速運転時の安定性能や、鋭角コーナーでのブレーキ性能検証に使用。

4)ウェットコース
濡路面や冠水走行時の車両性能への影響を検証するコース。ウェットコースは、プール路・スプラッシュ路・ウェットブレーキ路の3種類の路面で構成。アジアで頻繁に見られる0~1000ミリメートルの間で濡路の水位を調整でき、水による抵抗やエンジンへの影響も検証可能。

5)乗り心地コース
アジア大洋州地域の各国にある様々な路面を再現したコース。コンクリートハイウェイ・ノイズ路・テーブルトップ路を含む8種類の路面で構成。

6)特殊コース
3D技術を用い悪路を模してデザインされたコース。車両アンダーフロアへの接地ダメージなどの検証に使用。スピードブレーカー、コンクリート悪路を含む8種類の路面で構成。

7)登坂コース
登坂や下り坂におけるエンジン強度やブレーキ性能を検証するコース。

8)直線コース
燃費や加速性能を検証する全長1.2キロメートルのコース。

アジア大洋州地域の研究開発強化に向け、タイに完成車プルービンググラウンドを開設

ホンダの完全新型SUVは、プラチンブリPGを有する「ホンダ R&D アジア パシフィック」が、インド専用にゼロから開発した究極の特化型SUVです。

よって、ホンダの完全新型SUVの走行性能は極めて高いものであると思われます。

ホンダのSUVって凄い!

ホンダのSUVラインアップ

あまり知られていないのですが、ホンダのSUVって世界的に評価が高い凄いお買い得なモデルです。

正直なところ、「ホンダ=SUV」のイメージは薄いと思いますが、日本以外の国では「CR-V」は超が付くほどの人気SUVモデルです。

ホンダ「CR-V」が人気の理由は、デザインのみならず、悪路走破性の高さであることは言うまでもありません。

ホンダのSUVは、あなたが思っている以上に「真面目」で「愚直」で「誠実」な車ですよ。

ホンダというメーカーは、創業者である本田宗一郎氏の遺志を色濃く反映している会社です。

生前の本田宗一郎氏は、生粋の職人であるが故に、利益度外視で人の役に立つ便利なものを作ることに情熱を燃やした偉人として有名な方です。

今でもホンダには、ユーザー第一主義である「本田宗一郎イズム」が脈々と受け継がれています。

ホンダのデザインに対して好き嫌いがあると思いますが、車の基本性能である「走る」「曲がる」「止まる」の性能を追求する姿勢は目を見張るものがあります。

よって、ホンダのSUVモデルは世界を唸らせる「世界屈指の性能」を搭載したお買い得なモデルだと思います。

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND