メルセデスベンツが3列シート7人乗りのSUV「GLB」コンセプトを発表!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、Mです。

2019年4月に開催された上海モーターショー2019で、ドイツのプレミアム自動車メーカーであるメルセデスベンツが新型SUVのコンセプトカー「GLB」を発表しました。

「GLB」はメルセデスベンツの実用性の高いコンパクトカーである「Bクラス」をベースとして開発されたSUVモデルです。

「Bクラス」はコンパクトでありながらベースとなる「Aクラス」よりも90mm着座位置が高く、最大で1,540ℓというラゲッジスペースが確保されているなど、高いユーティリティに定評があるモデルです。

そんな万能コンパクトカーをベースとする「GLB」はすでに発売されている「GLA」と「GLC」の中間に位置するサイズとなるのですが、その最大の特徴は「3列シート」が用意されている点だと思います。

これまで輸入車の3列シートのSUVとなると、メルセデスベンツ「GLS」、BMW「X5」、アウディ「Q7」、ボルボ「XC90」など、どれも全長が5m級のモデルしかありませんでした。

そもそもサイズが大き過ぎるし、価格面もほぼ1000万円コースとなるので、輸入車の3列シートのSUVを検討している方には悩みの種だったのでないでしょうか。

そんな大型で高額な3列シートのSUVが要らない方には朗報となるSUVモデルが発表されたというわけです。

今回発表された「GLB」はコンセプトモデルとは言え、市販モデルを意識した完成度の高いものとなっているように思えます。

日本で発売すれば注目を浴びるであろうメルセデスベンツの新型SUV「GLB」をご紹介します。

スポンサーリンク

「GLB」コンセプトのエクステリア

フロントビュー

まずはフロントビューです。

メルセデスベンツ「GLC」にも採用されている最新のデザイン言語を取り入れたフロントマスクは、一目でメルセデスベンツと分かるものとなっています。

「GLA」と「GLC」に見られる都会的なデザインとはこの異なり「GLB」コンセプトからは本格派SUVの印象が強いようです。

バンパーには頑丈そうなバンパーカバーをイメージしたと思われるデザインが採用され、ルーフにはまるで過酷なSUVレースカーに見られるようなライトが採用されています。

装着されているタイヤも明らかに普通のタイヤではなく、悪路走行を視野に入れたオフロード用のものとなっています。

ヘッドライトユニットに目を向けると、上下2本のデイライトグラフィックと外側にロービームと内側にハイビームユニットが配置されていることがわかります。

ハイビームユニットは2つに分かられていることから自動配光システムが搭載されていて夜間の視認性を考慮したものとなっていることがわかります。

サイドビュー

サイドビューです。

ハッキリとしたキャラクターラインを採用しないメルセデスベンツらしいデザインとなっています。

サイドからのフォルムはメルセデスベンツの最上級SUVモデル「GLS」を彷彿とさせるとなっていますが、一度足元に目を向けるとオフロード用のタイヤで武装しているあたりが「GLB」のちょっとやんちゃなキャラクターが垣間見れます。

上海モーターショー2019で公開された車両のボディは2トンカラーで、アンダーは艶のあるブラックで塗装されています。

ちなみに「GLB」コンセプトのサイズは、全長4,634 mm、全幅1,890 mm、全高はルーフボックスを含めて高さ1,900 mmとなっており、CLAと比べると217mm長く、86mm広く、406mm高い仕様となっています。

またホイールベースは2,829mm確保されており、3列シートが可能なスペースとなっています。

正直なところ全長が「GLC」並みにあるので「GLB」をコンパクトSUVと呼んでもいいのかと疑問になってしまいますね。

リアビュー

リアビューです。

メルセデスベンツの最新のデザイン言語に則ったリアビューは「GLA」というより「GLC」よりのデザインとなっています。

とは言え、パンバーデザインは「GLA」に採用されているシルバーのカバーが採用されているなど、「GLA」と「GLC」のリアビューを織り交ぜたデザインとなっているようです。

ルーフに目を向けると、リアにもライトが採用されています。

このフロントとリアに採用されているルーフライトが市販車においてどのように変化するか楽しみです。

テールライトグラフィックもやはり最新のデザイン言語を採用し「GLC」を彷彿とさせるものとなっています。

テールライトの周りを囲うようにデザインされたグラフィックはあえて繋げず、2つに分けることで一目でメルセデスベンツ「GL」シリーズであることが認識できるようにしたのでしょう。

細かいところですが、エンドパイプから見えるマフラーの構造がとてもユニークですね。

出口が4つに分けられていますが、これがコンセプトモデルだからなのか性能上必要なものなのかは不明ですが、市販モデルでどのように変わってくるのか気になるところです。

スポンサーリンク

「GLB」コンセプトのインテリア

それではインテイリアを見てみましょう。

メータークラスターからセンターコンソールにかけて一枚のディスプレイで構成されたインテリアは、メルセデスベンツ全モデルで見られる特徴です。

ジェットエンジンをイメージしているエアベントをはじめ、センターコンソールやドアパネルにはマルチカラーアンビエントライティングが採用されいます。

どのモデルも同じようなインテリアが採用されている為、単調とする声もあるようですが、エントリーモデルである「Aクラス」からフラッグシップモデルである「Sクラス」に至るまで同じハイテク&ハイクオリティという面で見れば素晴らしいことだと思います。

インフォテイメントシステムには「ハイ、メルセデス!」で起動するAI付き音声認識システムである「MBUX」が採用される上に、フラッグシップモデルの「Sクラス」譲りの運転支援システムが搭載される予定です。

それにしても「GLB」コンセプトのインテリアには「アルカンターラ」「アルミ」「木目パネル」など高級素材が見受けられますが、これを市販車にも採用すとなると結構お値段が張りそうですね。

まぁ、コンセプトモデルということあり必要以上に豪華にしているだけかもしれません。

「GLB」最大の目玉と言えば、「3列シート」です。

画像で確認する限りは一応座ることが出来そうです。

2列目のシートに関しては14mmのスライドが可能とのことなので、一番前までシートを動かしてこのフットスペースと思った方が良さそうです。

全長4.6mですので3列目のイメージとしては、以前低床ミニバンブームで名を馳せた「ホンダ ストリーム」や「トヨタ ウィッシュ」のような補助的なシートと考えると良いでしょう。

とは言え、狭かろうが3列目があるのと無いのでは大きく違いますからね。

ちなみに、3列目は床下収納式となっている為、シートが不要な時はラゲッジスペースとして活用できるようになっているなど実用性も高いようです。

スポンサーリンク

「GLB」コンセプトのパワートレイン

「GLB」コンセプトのボンネットに収められているパワートレインは2.0リッター直4ターボエンジン(ガソリン)で、最高出力224PSと最大トルク360Nmを発生させるとても扱いやすいものとなっています。

トランスミッションは8速のデュアルクラッチ式トランスミッションが採用されるようなので、スムーズは変速と多段ギアによる鋭い加速が想像できます。

駆動方式はもちろんメルセデスベンツの四輪駆動システム「4MATIC」が採用され、「ダイナミックセレクト」のスイッチにより「エコ」「コンフォート」「スポーツ」「オフロード」で4WDの特性を変えることが出来ます。

「エコ」「コンフォート」モードでは前後駆動配分は80:20となり、前輪に駆動力を置くことで燃費向上に貢献します。

「スポーツ」モードの前後駆動配分は70:30へと変化し、後輪の駆動力を高めることで走行性能を向上させます。

「オフロード」モードでは前後駆動配分を50:50とし、完全に悪路での走破性を意識した駆動配分となっています。

走行モードの切り替えが出来る車種はエンジンやトランスミッションの特性を変えるだけのモデルが多い中、前後駆動配分が50:50の「オフロード」モードまで用意されているのであれば、本格的なオフロードモデル並みの走破性を秘めているのかもしれません。

平日は子供の送り迎えと買い物に使い、週末は道なき道を進むことが出来る本格SUVとして使うことが出来るというまさにアウトドア派のファミリーにぴったりのモデルですね。

まとめ

メルセデスベンツの新型SUV「GLB」コンセプトをご紹介しました。

正直コンセプトとなっていますが、もうほぼほぼ完成していると言っても過言ではないでしょう。

後はルーフライトとルーフボックスをどのようにするかだけだろうと思います。

メルセデスベンツ「GLB」コンセプトのターゲットは、その見た目と3列シートからも分かるように「20代~30代のアウトドア派の子育て世代」です。

私の営業経験からすると、「出来るだけサイズが小さい3列シートの車」を検討する方は、あまり運転に自信が無い奥様も使うことを前提としている場合が圧倒的に多い印象です。

そのようなニーズは日本でも非常に多いと感じています。

このメルセデスベンツ「GLB」が日本で発売されれば、メルセデスベンツで最もコンパクトな3列シートSUVとして話題になることは間違いないでしょう。

もちろんメルセデスベンツという高級ブランドなので決して安くは無いと思いますが、1000万円以上する「GLS」と比べれば手が届く価格となることでしょう。

まだ正式なアナウンスはありませんが、この「GLB」は日本でも発売されると思われます。

今後も続くであろうSUV人気を追い風に、ニーズの高い「3列シート」を組み合わせた「GLB」の日本発売が楽しみです。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう