BMWが新型「X6」を発表!価格と日本発売時期を予想してみた件!

どうも、Mです。

ドイツの自動車メーカーBMWが人気のSUVモデル「X6」のフルモデルチェンジを初披露しました。

今回で3代目となる新型「X6」はベースモデルとなる「X5」のフルモデルチェンジ期に細部にわたる改良が施されています。

「X6」は一般的なSUV車とは違い、クーペのような低いルーフを持っているという特徴があり、クーペSUVの先駆けモデルです。

今では、メルセデスベンツ「GLEクーペ」、アウディ「Q8」、ポルシェ「カイエンクーペ」、そしてランボルギーニ「ウルス」といった強敵が名を連ねている市場となっています。

それだけスタイリッシュSUVは世界的な需要があるということですね。

そんな競合犇めくセグメントに新型を投入するにあたり、手を抜くわけがありませんよね。

今回はそんなBMWが本気で手掛けたクーペSUV、新型「X6」の価格と日本発売時期を予想したいと思います。

関連記事

スポンサーリンク

BMW新型「X6」の日本価格

新型「X6」の価格ですが、59,340ポンド(約807万円)からとアナウンスされています。

新型「X6」のマーケットローンチ(初期投入モデル)はガソリンエンジンが2つ、ディーゼルエンジンが2つの合計4つのグレードが設定されます。

2代目の「X6」のエントリーモデルである「xDrive 35i」の日本価格が979万円からということを考えると、日本仕様のエントリーモデルは807万円では収まらないでしょう。

オートマチックトランスミッションをはじめ、最新のインフォテイメントシステムや安全装備なども標準装備とされるはずなので、少なくとも2代目の価格を超えることが予想されます。

様々なハイテクディバイスや最新のエンジンなどを考慮すると新型「X6」の日本価格は1020万円前後になると予想されます。

ライバルとなるアウディ「Q8」の車両価格もエントリーモデルで992万円となっているので、新型「X6」の日本価格は少なくとも1000万円を超えてくると思われます。

BMWが切り開いたクーペSUVなので「X6」に絶対の自信を持っているので少し強気の値段設定となるでしょう。

スポンサーリンク

BMW新型「X6」の日本発売時期

新型「X6」の日本発売時期ですが、2019年9月に行われるフランクフルトモーターショーで実車が披露され、12月から欧州で販売が開始される予定です。

と言うことは、新型「X6」の日本発売時期は2020年の第3四半期、つまり7月~9月頃になると予想されます。

メルセデスベンツとBMWの日本法人は、新型モデルの日本導入に関して非常に積極的です。

ほとんどモデルが本国発売開始から約半年で日本発売に漕ぎつけます。

しかもクリーンディーゼルエンジンに関してもいち早く日本導入しているので、新型「X6」においてもガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方のモデルが導入されると思われます。

2021年から欧州ではより厳しい排ガス規制「WLTP法」が施行されるので、日本の排ガス規制も問題なくパスできるはずです。

余程の事がない限り、新型「X6」の日本導入が遅れることはないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

BMWの新型「X6」の日本価格と日本発売時期を予想してみました。

2008年に初代「X6」を発表した時はその斬新なデザインが話題となりました。

SUVなのにクーペのような低いルーフを採用した「X6」は瞬く間に世界で売れまくりました。

2014年に2代目へとフルモデルチェンジをした後もその勢いは止まらず、これまでに44万3000台が発売されています。

しかも海外でも800万円以上する高級車であることを踏まえると、この販売台数は本当に素晴らしい結果です。

他のメーカーが挙ってクーペSUVを発表するのも頷けますね。

ライバルが多いと言うことは、デザインやスペック、そして性能や価格などをしっかりと比べられるということです。

つまり、本当に良いものだけが売れる激戦区なんです。

BMWは満を持してその激戦区に新型「X6」を投入します。

今後の新型「X6」動向に注目しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

BMWの購入をご検討のあなたへ

BMWの車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND