アルピーヌのA110という面白そうな車の徹底された軽量に驚いた件!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

今回はアルピーヌのA110(エーワンテン)という車がとんでもなく面白そうな車だったので色々調べてみました。

と言っても、A110が分かる方はほとんどいないでしょうね。

アルピーヌはフランスの自動車会社で、今何かと話題の「ルノー」の傘下に属するフランスでは有名なスポーツカーメーカーです。

アルピーヌは1963年にA110を開始、RR(リアエンジン後輪駆動)のレイアウトとFRP製の軽量ボディを採用することで他を寄せ付けない絶大なトラクションを武器に当時のラリーレースで優勝しまくっていた、ヨーロッパでは有名な車です。

1977年に惜しまれつつ生産終了していたのですが、2017年にA110は復活を遂げました。

現代の技術で生まれ変わったA110はオリジナルのA110と同じように「軽量」に徹底的に拘って製造されています。

「百聞は一見に如かず」

そんな乗ったら絶対に面白いだろうアルピーヌA110を見ていきましょう。

スポンサーリンク

アルピーヌA110の軽量ボディ

まずはスポーツカーとして最大の武器とである「軽さ」からです。

アルピーヌA110は軽量に拘り、骨格であるフレーム、そしてアウターパネルのなんと96%をアルミニウムで構成しました。

96%ですよ!

もちろん軽さだけではなく、ボディ剛性も考慮された設計がなされています。

サスペンションコンポーネントももちろんアルミニウムで構成され、ブレーキユニットはBrembo製のアルミモノブロック対向式4ピストンキャリパーを採用し、さらにサイドブレーキも同じブレーキシステムで行うことで約2kgの軽量化に成功しています。

バネ下重量の徹底した軽量化を目指すA110に装着されるホイールは、Otto Fuchs社の18インチ鍛造アロイホイール。

多くのプレミアムスポーツカーにも採用されているホイールで、軽さと剛性の高さはお墨付きです。

A110の軽量化への拘りは、エクステリアはだけではありません。

A110に採用されているシートは、ルノーで使用されているシートの約半分の薄さの「Sabelt製軽量モノコックバケットシート」で、1脚はなんと14.1kgと超軽量シートとなっています。

ちなみに、車によってもシートの重さは異なりますが、スポーツカーレベルの車で20kg弱で、電動シートなどになると30kg近くになると思います。

とにかく徹底した軽量化が施されたアルピーヌA110の重量は、1110kg!

この数値はライバル(ボディサイズと価格的に)であるアウディ「TTS」やポルシェ「ケイマンS」よりも約300kgも軽いんです。

「軽さこそ最大の武器」と言われるスポーツカーにおいて軽さはアドバンテージですよね。

軽さに拘っているとはいえ、レース用車両のような「エアコンレス」「オーディオレス」ではなく、「ナビゲーションシステム」「オーディオ」「エアコン」はちゃんと付いているので快適です。

スポンサーリンク

アルピーヌA110のパワートレイン

徹底した軽量化がなされたアルピーヌA110のパワートレインを見てみましょう。

パワートレインは、1.8リッター直4ターボエンジンで、最高出力は252PS、最大トルクは320Nmとなっています。

正直、数字だけ見ると大したことないようですが、よく考えてみてください。

アルピーヌA110の重量はたった1110kgしかない上に、なんとミッドシップレイアウト(MR)が採用されていることを!

エンジンだけ見ると、アウディ「TTS」の290PS、ポルシェ「ケイマンS」の325PSに見劣りしますが、総合的に見れば結構イケているのではないでしょうか。

アルピーヌA110の0-100km/hの加速タイムは4.5秒となかなかの俊足です。

1.8リッターエンジンならではのレスポンスの良さと軽量ボディの恩恵は「直線」ではなく、間違いなく「コーナリング」に現れるでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はアルピーヌA110をご紹介しました。

日本ではあまり馴染みのないメーカーなのですが、ルノーユーザーなら知っている人が多いかもしれませんね。

アルピーヌA110が載った雑誌を読みましたが、第一印象はあまり良くなかったです。

好みの問題でしょうが、アルピーヌA110のエクステリアがユニークというか、新しいのか古いのかよく分からないデザインだったんです。

実はそのデザインは、オリジナルのA110からインスパイアされたものなので、なんか違和感があったのだと後で気が付きました。

やはり当時のデザインは当時のレギュレーションだからこそ成り立ったデザインです。

現代では、「ヘッドライトの高さ」から「対歩行者へのダメージを軽減するボンネット」などデザインが制限されてしまいます。

いっそのことオリジナルのデザインアイコンを引き継がず、まったく新しいA110にしてしまっても良かったのではないかと思いますが・・・・。

まぁ、色々な見方が出来ますね。

アルピーヌA110で特筆すべき点はやはり「軽量化」です。

私がアルピーヌA110に興味を持ったのもまさにその徹底した軽量化によってもたらされるであろう「運動性能」です。

残念ながら私自身が試乗することは出来ませんが、試乗インプレの記事を読むとやはり軽量化による「ハンドリング」が挙げられています。

マツダ「ロードスター」にターボを付けたらアルピーヌA110みたいになるかもと勝手に思っていますが、正直かなり面白い車だと思います。

ぜひ一度試乗してみたい車です。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう