アウディV10エンジンの10周年を記念して世界限定222台のR8を発表!

ドイツの自動車メーカーアウディが自社開発するV型10気筒の高性能エンジンの生産10周年を記念して新型アウディR8に特別記念モデルを設定すると発表しました。

アウディのV10エンジン10周年を記念する新型アウディR8には「Decennium」という「10年間」を意味する文字が刻まれており、世界限定222台で販売されるとのこと。

特別モデルという事もあり、エクステリアやインテリアだけではなく、今回の主役でもある新型アウディR8に搭載されるV10エンジンも特別にパワーアップされているようです。

今回はそんな特別なアウディR8をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アウディR8「Decennium」エクステリア

新型アウディR8の特別仕様車「Decennium」のエクステエリアカラーは、アウディの伝統的なボディーカラーである「デイトナグレー」の光沢の無い「マット」塗装となっています。

アウディのエンブレム「フォーシルバーリングス」もマットブラックに塗装されているように見えます。

決して派手ではなりませんが、非常に洗練された印象を受ける特別記念車です。

グリル、サイドエアインテイク、サイドスカート、リアディフューザーは光沢のあるグロスブラックで塗装されているので、マットカラーを相まってその存在感をより一層感じさせるデザインとなっています。

また、アウディR8のデザインイコンであるドアの後ろにある「サイドブレード」とドアミラーカバーは光沢のあるカーボンファイバーで作られています。

特別仕様車ならではの複雑なデザインをした20インチマットブロンズのアルミホイールがマットなボディーカラーに似合っていますね。

今回のアウディR8「Decennium」では「クーペ」のみの設定となっており、オープンカーである「スパイダー」の設定はないそうです。

むしろこのマットグレーのボディーカラーならクーペの方がレーシングカー独特の塊感とストイックな感じが出ていて好みのデザインです。

スポンサーリンク

アウディR8「Decennium」インテリア

新型アウディR8「Decennium」のインテリアも特別なものとなっています。

ブラックレザーとアルカンターラ―が採用された上質なインテリアパネルには、光沢のあるカーボンファイバーパネルとステッチの糸には光沢のある銅製が使用されています。

上質なコントラストステッチはシートだけではなく、シフトセレクターやステアリングホイールにも施されていて妥協のないクオリティとなっています。

ステアリングホイールにはアルカンターラ表皮が採用され、レーシングカーなどの高性能車両に見られる「センターライン」があしらわれています。

センターコンソールのシフトセレクターの下には「10 Decennium」のロゴがあしらわれており、特別仕様車ならではの演出がされています。

さらにドアを開けると「ドアサイドシル」には「Decennium」のイルミネーションと「ドアエントリーライト」により地面に投影されたロゴには「シリアルナンバー」が!

このオシャレで憎い演出ですね。

車に乗り降りするたびに世界限定222台の重みを感じる事が出来ます。

スポンサーリンク

アウディR8「Decennium」パワートレイン

特別仕様車として、アルミホイールと同じマットブロンズに塗装されたインテイクマニホールドが装着されたパワートレインが一際その存在感を放っています。

特別なのは見た目だけではなく、新型アウディR8「Decennium」に搭載されるエンジン5.2リッターV8エンジンの最高出力は620PS、最大トルクは580Nmとパワーアップされており、0-100km/hの加速時間はたったの3.1秒という公道では手に余るレベルの速さです。

もちろん最高時速も331km/hと余裕の300km/hオーバーとなっています。

気になる新型アウディR8「Decennium」の販売価格ですが、アウディの発表によると222,000ユーロ(約27,972,000円)とのことです。

ちなみに、レギュラーモデルであるアウディR8パフォーマンス(611PS)モデルの価格が200,000ユーロ(約25,200,000円)であるここと考えると、22,000ユーロ(約2,772,000円)の差で世界限定222台という風に思えば買い得な価格のような気がします。

まとめ

新型アウディR8の特別仕様車ですが、見た目だけではなくてパワートレインも特別仕様になっているとは驚きですね。

世界では3000万円以上のハイパースポーツカーは売れているのに、その価格以下のスーパーカーが売れないというとんでもない現象が起こっているようです。

それに伴い、メルセデスベンツではSLCの廃止が囁かれ、アウディもコンパクトスポーツカーであるTTの廃止を検討しているという噂も出ています。

さらにアウディは次期R8の開発は行わないような発表がされていますので、もしかするとこの新型R8が最後のR8となるかもしれません。

この新型アウディR8「Decennium」が日本でも発売されるかどうかはまだ分かりませんが、もし経済的な余裕があるのであれば、将来的な投資として1台買うと後でプレミアがついて「化ける」かも知れませんね。

機会があれば新型アウディR8「Decennium」にお目にかかりたいものですね。

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND