アウディA4の高性能モデル「S4」に試乗したので評価してみた件!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どうも、Mです。

アウディのDセグメントの人気モデル「A4」の高性能モデルである「S4」に試乗させてもらいました。

結果から言うと想像以上にジェントル且つスポーティな車でした。

アウディ「S4」に搭載されている3リッターV6ターボエンジンの最高出力は354PS、最大トルクは500Nm。

5ℓのガソリンエンジン並みのトルクを発生させるパワートレインには、8速ティプロトニックトランスミッションとアウディの四輪駆動システム「quattro(クワトロ)」が採用され、快適な走行と圧倒的なトラクションを得ています。

スペックだけ見れば運転に覚えのある人しか乗れないような「じゃじゃ馬」を想像してしまいますが、まったくそんなことはありませんでした。

おそらく誰が乗っても速く、そして安全に運手することが出来る車でしょう。

そんなアウディ「A4」の高性能モデル「S4」の試乗インプレと評価をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

アウディ「S4」試乗インプレ

早速、今回の相棒であるアウディ「S4」をご紹介しましょう。

アウディ「S4」にはセダンモデルとステーションワゴンモデルの2タイプあります。

今回試乗させてもらったのはセダンモデルで、車両本体価格は8,460,000円です。

装備されているオプションは、

  • グレイシアホワイトメタリック(85,000円)
  • アシスタンスパッケージ(80,000円)
  • サンルーフ(160,000円)
  • Bang&Olufsen3Dアドバンストサウンドシステム(170,000円)
  • マトリクスLEDヘッドライト(100,000円)
  • レザーパッケージ(290,000円)
  • プライバシーガラス(70,000円)
  • 19インチアルミホイール(不明)

となっています。

合計の車両本体価格は、9,415,000円です。
※価格は2019年モデルで算出していますが、試乗車は2018年モデルなので誤差があります。

本当に毎回毎回ありがとうございます。

いつか買える日が来るように頑張りますから、これからも試乗会に呼んでください!!

アウディ「S4」のエクステリアですが、「A4」のS lineパッケージとほぼ同じなのですが、「S4専用のグリル」とフロントフェンダーの「V6T」のエンブレム、そして「シルバーのドアミラーカバー」がカッコいいですね。

足元を見るとオプションの19インチアルミホイールの隙間から顔を覗かせる「S4」専用の巨大なブレーキキャリパーが只者ではない雰囲気を醸し出していますね。

インテリアのデザインは「A4」とまったく同じですが、デコラティブパネルに「ブラックカーボンファイバー」が採用されているのでかなりクールでスポーティな印象を受けます。

オプションのレザーパッケージによるスポーツシートとシルバーステッチも相まって上質な高級感も加わっています。

では、エンジンを見ましょう。

キュルルルルルッ、フォーン!!

V6ならではのセルモーター音が車内に響いたとほぼ同時に、普通車ではまず聞くことが出来ないエンジン音が車内を包み込みます。

まるで少し離れたところでレーシンカーのエンジンを聞いているような音です。

スタート後「ボーッ」という重低音のきいたアイドリングをする「S4」を前に「この車速いな。気を付けよう。」と自分を律したのは言うまでもありません。

シフトを「D」レンジに入れ、出発します。

搭載されているトランスミッションがポルシェが開発した大トルクに対応する「ティプロトニック」ということあり、出だしはスムーズです。

少しアクセルを踏んだだけで、いかにこの「S4」が速い車なのか分かります。

直線道路でちょっと踏み込んでみます。

「フォーーーーン!」と気持ちの良いエキゾーストサウンドを響かせながら猛烈に加速する「S4」。

「ヤバい!気持ち良すぎる!!」

身体はシートに押し付けられますが、決して暴力的ではない加速力は非常にジェントルです。

あっという間に加速する車体を瞬時にアクセルを戻して法定速度である60km/hに留まらせます。

これは街中で乗るには有り余るスペックの車だなぁと思いながら走っていると、とても乗りやすいことに気が付きます。

乗り心地も良いいし、「ボーッ」という野太いエキゾーストサウンドは聞こえるものの決して不快な音ではありません。

アクセルを踏めばたちまち500Nmというトルクが「S4」を猛烈に加速させるのです。

しかも、アウディが誇る四輪駆動システム「quattro」で武装されている為、どんなにアクセルを乱暴に踏もうともホイールスピンは皆無!

まさに意のままに車をコントロールできます。

「加速力」「音」「走行性能」どれを取っても申し分ないスペックです。

ドライブセレクト(シャシコントロール)を「コンフォート」から「ダイナミック(スポーツ)」に切り替えます。

瞬時に「パーーーーーン」という甲高いエキゾーストサウンドが車内と包み込みます。

「ダイナミック」にすることで、マフラー内にあるフラップ開いて抑え込んでいたエキゾーストサウンドを響かせます。

それと同時に、「S4」に標準装備されているダンピングコントロールサスペンションの減衰力も「スポーツモード」へと切り替わります。

まるでスポーツカーのようなダイレクトなロードインフォメーションを車体に伝えてきます。

今は走っている路面が「スムーズ」「ラフ」「ドライ」「ウェット」「スノー」「アイス」であるということが把握できる程繊細な情報がステアリングとシートに伝わってくるような感じです。

しかも「quattro」のおかげでどこでアクセルを踏み込んでも車が暴れないんですよね。

思った通りのラインを余裕を持ってクリアできます。

「もしかして自分ってレースの才能あったかも?」と思ってしまう程の乗りやすいです。

ワインディングロードなので運転に集中していたら「S4」がセダンであることを忘れ、まるでスポーツカーに乗っていると錯覚してしまう程です。

正直、誰が乗っても速く走れる車ですね。

言い換えれば、「S4」は車として理想の形なのかもしれません。

スポンサーリンク

アウディ「S4」評価

アウディ「S4」は本当に良い車です。

そんな「S4」の気になった点をご紹介します。

エンジンスタート時のエンジン音がうるさ過ぎる!

「S4」のエンジンスタートボタンを押すと、結構大きい音がします。

閑静な住宅街で早朝や深夜エンジンをかけるのに躊躇するレベルの音です。

確かにエンジンがかかる音はユーザーにとって重要ですよね。

それが高性能モデルであれば尚のことです。

とは言え、控えたい時に控えることが出来る機能も必要なのではないかと思います。

イギリスの超高級スポーツカーメーカー「アストンマーティン」は、スタートボタンを長押しするとエンジンを静かにさせる機能が付いています。

アウディ「S4」にもそんな配慮があってもいいと思いますが、残念ながら無いようです。

騒音問題などでご近所様と揉めたことがある方は気を付けた方がいいでしょう。

見た目が普通過ぎる!

これは短所でもあり、そして長所でもあるところですが、1,000万円近くする車にしては見た目が地味です。

「羊の皮を被ったオオカミ」と言えば聞こえがいいですが、正直見た目はアウディ「A4」のS lineパッケージとほぼ同じです。

出来れば専用のバンパーなどを採用して欲しいとこでですが、そうなるとS lineパッケージのなんちゃって「S」シリーズ仕様の存在意義がなくなってしまうので我慢する他ないのかもしれません。

目立ちたい方にはちょっと物足りないエクステリアですが、さりげなく速い車に乗りたい方にとっては絶好の検討車種であると言えます。

総合評価

「スタート時のエンジン音がうるさい」「見た目が普通過ぎる」と言った問題点があるにしろ、アウディ「A4」の実力は本物です。

「運転が巧い人」のが乗る車が速いのは当然ですが、「そうでもない人」が運転して速い車ってあまりありません。

しかし、アウディ「S4」は「運転が巧い人」が乗ればもっと速く、「そうでもない人」が乗れば実力以上に速く走らせることが出来る夢のような車だと思います。

しかも、350馬力前後という日本の道路状況を考えると少しオーバースペックと思える仕様くらいの方が快適に走行できます。

だって、ほぼ走っている車を抜こうと思えばいつでも余裕でブチ抜くことが出来ますからね。

車両本体価格は1,000万円前後しますが、もし購入可能な経済力を持っているのであれば一考の価値はあると思います。

スポンサーリンク

まとめ

アウディ「S4」も試乗インプレと評価をしてみました。

「S4」は誰でも買えるお手頃な価格の車ではありません。

とは言え、「S4」のオーナーにしか見えない世界があるのも事実です。

5秒以内で時速100kmに到達する圧倒的な加速力、そして誰が運転しても意のままに操れる走行性能など魅力は満載です。

そんな「S4」のべーすとなる「A4」がビッグマイナーチェンジを控えています。

現行モデルも魅力的ですが、改良新型となった「S4」も捨てがたいところです。

とにかく、現行の「A4」にぜひ試乗してみてください。

きっとあなたを感動させるものを秘めていると思います。

アウディ「A4」「S4」の購入をご検討のあなたへ

アウディ「A4」「S4」を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう