Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

2019年6月24日にアウディのフラッグシップSUVモデル「Q8」の高性能バージョンとなる「SQ8」を欧州で発売しました。

アウディのスポーティモデルとなる最新の「Sシリーズ」のラインアップにおいて「S4」「S5」「S6」「S7スポーツバック」「SQ7」に高性能ディーゼルエンジンが採用されています。

「Q8」の頂点に君臨する「SQ8」も例外なくこの欧州最強クラスのディーゼルエンジンで武装されます。

4.0ℓV8ツインターボのディーゼルエンジンが発生させるパワーは435馬力と控え目ですが、最大トルクは9.0ℓのガソリンエンジンに匹敵する900Nmという驚異的なスペックを誇ります。

また48Vマイルドハイブリッドシステムによって、エンジンのアシストだけではなく、ターボチャージャーのアシストも行えるようにすることで、ラグの発生を無くし瞬時に最大トルクを発生させるパワーユニットに仕上がっています。

この大トルクを地面に伝えるのは最新のquattroシステムと8速ティプトロニックトランスミッションです。

この組み合わせによりもたらされる0-100km/hの到達時間は4.8秒、最高時速は240km/h(リミッター作動)という性能です。

自他ともに認める欧州市場におけるディーゼルエンジン最強のスペックです。

そんなアウディ最速のクーペSUV「SQ8」ですが、日本への導入はまだ未定です。

しかしながら、ほとんどの「Sモデル」がディーゼルエンジンのみとなっている現状を考えると「導入しない」という選択肢は限りなく「無」に近いのではないかと考えています。

さらに特定の市場の為にガソリンエンジンの開発がされているという噂もあります。

そこで、仮に「SQ8」が日本に導入されるとしたら、発売時期がいつなのか。

また、発売価格はいくらなのかを予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

アウディ「SQ8」の日本発売時期はいつ?

アウディ「SQ8」の日本発売時期は、早くても2020年後半以降と予想します。

「SQ8」は欧州を中心に2019年9月から発売が開始されます。

アウディのもう一つのハイエンドSUVモデル「Q7」の高性能モデル「SQ7」とほぼ時を同じくしてラインオフされるとみられています。

早ければ約半年で日本デビューと行きたいところですが、アウディは日本導入に時間がかかることが基本になりつつあります。

「SQ8」のベースモデル「Q8」の日本導入ではなんと1年もの月日が必要でした。

結果的には2019年9月3日に正式に日本発売となります。

最低でも1年は「Q8」のみで台数を確保したいと思っているでしょう。

そして欧州と同じように新型「SQ7」と「SQ8」を同時に日本で発売するという粋な計らいをしてもらえると嬉しいのですが、そうなる可能性は低いかもしれませんね。

冒頭でもお伝えした通り、現在は高性能ディーゼルエンジンのみの展開です。

ディーゼルエンジンの排ガス規制が厳しい日本では大パワーを発揮するディーゼルエンジンは認可が通りにくいと思われます。

そこで日本のような特定市場で「Sモデル」を販売できるように、専用の高性能ガソリンエンジンの開発に着手するという噂が立っています。

もしそうなるのなら間違いなくガソリンが開発されてからの発売となるので、2020年後半以降は確実です。

もしかすると、2021年後半くらいまで待つ必要があるかもしれません。

いずれにせよ、「SQ8」の日本導入は気長に待つ必要がありそうです。

スポンサーリンク

アウディ「SQ8」の日本発売価格はいくら?

「SQ8」の日本販売価格は、1400万円前後になると予想します。

数字の根拠となるのは、本国の販売価格です。

Audi AGのホームページに公表されている「SQ8」の価格は102,900ユーロ(約12,450,900円)からとなっています。

「SQ8」のコンフィギュレーターを進めて行くと、かなり多くのオプションが設定されているのですが、日本仕様なら標準装備となるであろうものも多々確認できました。

シートとヘッドレストが一体となった「Sスポーツシート」、「Q8」にも標準装備されている「マルチカラーアンビエントライト」、驚きなのは「フロントセンターアームレスト」ですらオプションとなっています。

それらのオプションを追加すると100~150万円ほど本国の価格から割高になることは間違いありません。

よって、「SQ8」の日本発売価格を1400万円前後と予想しました。

もちろん「パノラマサンルーフ」や「カーボンセラミックブレーキ」、「ヘッドアップディスプレイ」や「ナイトビジョン」などの豪華な装備はオプションとして設定されると思われます。

色々装備して行ったら1700万円くらいになりそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

アウディのクーペSUVモデルの最高峰「SQ8」の日本発売時期と発売価格を予想してみました。

今やトレンドとなったクーペSUVモデルに欧州最強のディーゼルエンジンを搭載したスペシャリティカーです。

カッコいい上に力持ちみたいなチートスペックを与えられた「SQ8」が”しょぼい”わけがありませんよね。

日本には高性能ディーゼルエンジンは導入されないと言われていますが、メーカーはありとあらゆる手段を講じて認可取得に動くと思います。

万が一無理であったとしても、一部で報道されているように特定市場用の高性能ガソリンエンジンを開発することによって「Sモデル」の存続を行うものと考えられます。

「郷に入れば郷に従え」と言わんばかりにドイツ本国仕様でダメなら日本仕様を作って導入してくれることを期待しましょう。

アウディ「SQ8」の日本導入を楽しみに待ちましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう