メルセデスベンツ新型Eクラスのフルモデルチェンジ発表は2023年前半!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

メルセデスベンツにおけるハイエンドモデルの一角をになう主力モデルEクラスがフルモデルチェンジに向けて準備を始めました。

メルセデスベンツのEクラスは同メーカーのフラッグシップモデルであるSに次ぐ高級モデルとして日本でも人気の高いモデルです。

Sクラスほど大きくなくCクラスよりも威風堂々とした佇まいはあまり目立ちたくはないが良いものに乗りたいというユーザーの心を鷲掴みにすることは間違いないでしょう。

日本市場においては2021年にフラッグシップのSクラスとCクラスのフルモデルチェンジを立て続けに発表し、順調に販売台数を伸ばしています。

ついにSクラスとCクラスの間を埋めるハイエンドモデルが早ければ2023年前半に発表される可能性が出てきました。

アメリカの自動車メディア「carscoops」が新型Eクラスのプロトタイプを捕らえました!

今回は新型Eクラスプロトタイプから確認できるものを見てみましょう。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツEクラスのフロントマスク

引用元:carscoops

2023年にフルモデルチェンジを予定している新型メルセデスベンツEクラスのフロントマスクです。

まず目に飛び込んでくるのはメルセデスベンツをメルセデスベンツたらしめるグリル中央に鎮座する大きなエンブレムです。

カモフラージュが施されていてもそこにスリーポインテッドスターとわかるところを見るとまったく隠す気がないのが伺えます。

ヘッドライトのほどんどがカモフラージュに覆われていますが、所々デイライトのデザインを確認することが出来ます。

横長に広がり吊り上げたヘッドライト形状になっていることが分かります。

最新のメルセデスベンツのデザイン言語にアップデートされていますね。

画像引用元:メルセデスベンツ

新型メルセデスベンツEクラスのフロントマスクは、CクラスとSクラスと同じデザインになることは間違いないです。

もはやボディの大きさとグリルの形状でしかクラスが判別できないほどCクラスもSクラスもそっくりです。

このデザインに目が慣れないと判別は難しいでしょうね。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツEクラスのサイドビュー

引用元:carscoops

新型メルセデスベンツEクラスのサイドビューです。

ルーフからトランクに落ちつつ最後に絞り込まれるようなシルエットは間違いなくメルセデスベンツのラインです。

このようなラインを採用しているのはメルセデスベンツの他には、ロールスロイスやトヨタの最高級モデルであるセンチュリーくらいです。

角がなく丸みを帯びたボディには、強烈なキャラクターラインは確認できません。

Sクラスではボディにスムージングしているドアハンドルが新型Eクラスでは通常のドアハンドルが採用されています。

そのくらいはSクラスとの差別化を図らないと区別がつかないです。

もしかすると、そこまでSクラスと一緒にするとSクラスのオーナーがクレームを言ってくるかもしれません。

サイドウィンドウモールのアーチも丸く、クオーターガラスでコンパクトに折り返さるメルセデスベンツ特有の形状になっています。

サイドビューに関してはキープコンセプトのようです。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツEクラスのリアビュー

引用元:carscoops

新型メルセデスベンツEクラスのリアビューです。

サイドビューではよくわかりませんでしたが、フロントとリアドアに斜めのプレスラインが確認できます。

独立したプラスラインはCクラスにもSクラスにも採用されていないデザインです。

非常にユニークなプラスラインですが、このこそが新型Eクラスのみに与えられたアイデンティティと思います。

バックパネルはフロントマスク同様に厳重なカモフラージュが施されて詳細は伺えません。

気になるのはリアバンパーの形状です。

マフラーエンドが見当たりません。

このデザインは最近のトレンドで、電気自動車などのマフラー(排気)が不要な車種と区別しにくいようにデザインされています。

欧州車を中心にこのトレンドが浸透し始めています。

という事は新型メルセデスベンツEクラスにもプラグインハイブリッドをはじめ、完全電気モーターのモデルも用意される可能性があります。

トランクの中央付近まで延長されたテールレンズ(赤い部分)を見る限り、一文字につながるような形状を採用すると予想できます。

一文字のテールレンズ形状を採用することでワイドかつエレガントな印象を得ることが出来ます。

新型メルセデスベンツEクラスのパワートレイン

新型メルセデスベンツEクラスの情報を報じた「carscoops」によると、新型Eクラスに搭載されるパワートレインは3種類です。

①250馬力と400Nmのトルクを発生させる2.0リットル4気筒ターボエンジン

②430馬力と520Nmのトルクを発生させる3.0リットル直列6気筒ターボエンジン

③トータル出力310馬力を発生させる2.0リットル4気筒ターボエンジンのプラグインハイブリッド

日本市場では2.0リットルエンジンが主力となると思います。

新型メルセデスベンツEクラスのインテリア

画像引用元:carscoops

新型メルセデスベンツEクラスのインテリアも気になるところですが、今回のスクープでは激写は叶いませんでした。

とはいえ、最新のメルセデスベンツのインテリアの傾向は、センターコンソールに大型のタッチスクリーンというのが定番になっています。

画像引用元:メルセデスベンツ

新型Cクラスでも、新型Sクラスでも同様のインテリアが採用されています。

よって、新型Eクラスも同じインフォテイメントシステムとインテリアデザインが採用されるとみてまず間違いないでしょう。

2023年には発表される可能性がある新型メルセデスベンツEクラスの登場が待ち遠しいです。




スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう