日本で発売が開始される「BYD」の最新電気自動車ってどんな車?

中国に本社を置く「BYD」が、2023年1月から日本の電気自動車市場に参入します。

「BYD」は、中国ではあの「トヨタ」よりも知名度があり、テスラモーターズよりも売れている電気自動車として知らない人はいないくらい有名なメーカーです。

今回は、そんな中国No.1の電気自動車メーカー「BYD」が、2023年に日本の電気自動車市場に送り込む3台の最新電気自動車を紹介します。

2023年1月に日本参入する電気自動車メーカー「BYD」ってどんな会社?

スポンサーリンク

SUVモデル「ATTO 3」

BYD ATTO 3 フロント画像引用元:BYD Automotive AU

「BYD」が2023年1月に日本で発売を予定している最初の最新電気自動車は「ATTO 3(オット・スリー)」です。

「ATTO 3」は2022年2月に中国で発表されてた最新ミドルサイズSUVモデルです。

すでに販売されているシンガポールとオーストラリアでも好評を得ているモデルということもあり、日本でも期待されているモデルです。

「ATTO 3」のサイズは、全長は4455mm×全幅1875mm×全高1615mmと少し幅広い印象ですが、使いやすい長さになっていると思います。

最小回転半径は5.3mなので比較的小回りは効くようです。

ちなみに、コンパクトカーの代名詞ともいえる「ホンダ・フィット」の最小回転半径は4.9mです。

BYDブレードバッテリー

「ATTO 3」には高い安全性と省スペース化を両立した「ブレードバッテリー」が採用されています。

「ブレードバッテリー」は、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を使用し、ブレード(刃)のように細長いバッテリーセルそのものをバッテリーパックとすることで、より多くのバッテリーパックを収めることに成功したユニットです。

さらに最新のEV専用プラットフォームである「e-Platform3.0」も採用されています。

EV専用プラットフォーム「e-Platform3.0」と「ブレードバッテリー」を組み合わせることで、高い安全性はもちろん、低重心化、広い車内スペース、そして、スタイリッシュなデザイン性の向上に成功しています。

「ATTO 3」には、最高出力150kWと310Nmのトルクを発生するモーターが前輪に取り付けられます。

0-100km/hの加速は7.3秒(中国仕様)なので、「速い!」という感覚はなくともスムーズで必要十分の加速力を有している印象を受けます。

BYD ATTO 3 リア

「ATTO 3」のエクステリアですが、尖った個性もなく、全体的にスッキリと纏められていて万人受けするでしょうね。

良くも悪くも普通のSUVといった印象です。

BYD ATTO 3インテリア

「ATTO 3」で注目すべきは、インテリアでしょうね。

エクステリアと比べると、非常に個性的なインテリアデザインになっています。

実は、フィットネスジムをイメージしてデザインされただけあって、遊び心満載のインテリアです。

ダッシュボードの独特なデザインは、ジムで鍛えた逞しい筋肉をイメージしており、ダンベルをモチーフにデザインされたシフトノブが配置されたセンターコンソール前方にはリング状のウエイトをデザインしたベンチレーションが採用されています。

ドアパネルには何やら3本のゴムがあしらわれており、弾くと「ポロロン」と音が出るらしいです。

12.8インチの大型センターディスプレイは90度回転する事が可能なので、横長か縦長のいずれか好きな方を選ぶことが出来ます。

「ATTO 3」のエクステリアは意外と普通だったのに、インテリアはなかなかぶっ飛んだデザインになっています。

保守的なデザインも良いのですが、このくらいぶっ飛んでいた方が電気自動車としては面白いのかもしれませんね。

「ATTO 3」の航続距離は485kmなので、しっかりと走れる電気自動車といった印象を受けます。

あくまでメーカー公表値なので、この485kmがどこまで本当の数字なのかが気になる所です。

スポンサーリンク

コンパクトモデル「DOLPHIN」

BYD Dolphinエクステリア画像引用元:Licarco

「BYD」が2023年半ばに日本で発売を予定している最新電気自動車は「DOLPHIN(ドルフィン)」です。

「DOLPHIN」は2021年8月に中国で販売が開始されたコンパクトモデルです。

「DOLPHIN」のサイズは、全長は4290mm×全幅1770mm×全高1550mmとなっており、日本ではちょっと大きめのコンパクトモデルになるでしょう。

「DOLPHIN」という名前が物語っているように、海をモチーフにデザインされたエクステリアとインテリアには、DOLPHIN(イルカ)をイメージした意匠が随所に採用されています。

「DOLPHIN」のプラットフォームには「ATTO 3」同様にEV専用プラットフォーム「e-Platform3.0」と「ブレードバッテリー」が採用されています。

さらに「DOLPHIN」は前輪駆動のみで、「スタンダード」と「ハイグレード」の2つの出力の異なるモーターから選択可能です。

「スタンダード」には最高出力70kWと180Nmのトルクを発生するモーターを、「ハイグレード」には最高出力130kWと290Nmのトルクを発生するモーターが採用されます。

0-100km/hの加速性能はまだ公表されていませんが、0-50km/hでは「スタンダード」が3.9秒、「ハイグレード」が3.0秒となっています。

BYD Dolphinインテリア

「DOLPHIN」のインテリアも「ATTO 3」のような個性的なデザインが採用されています。

海洋美学を取り入れた曲線美あふれるラインが印象的です。

ステアリングホイールはイルカの尾びれを、ドアノブはイルカの胸鰭をイメージしてデザインされているとのこと。

インテリアカラーも相まって、「DOLPHIN」のインテリアは、女性の方から好まれるデザインになっているかもしれません。

「DOLPHIN」の航続距離は「スタンダード」で386km、「ハイグレード」で471kmです。

とにかく、「DOLPHIN」の一番の目玉は何といっても価格です。

中国で販売されている「DOLPHIN」は、日本円にして約200万円前後とかなりリーズナブルな価格設定となっていて、毎月1万台以上販売されている「BYD」ベストセラーカーです。

200万円前後で電気自動車が買えるなら乗ってみたいっていうユーザーって結構多いと思います。

もし「BYD」が「DOLPHIN」を200~250万円で日本で発売出来たら、日本の電気自動車市場の価格破壊が起こるでしょう。

日本で200万円台の超激安価格が可能かどうかは不明ですが、是非、挑戦してもらいたいものです。

スポンサーリンク

セダンモデル「SEAL」

BYD SEALエクステリア

「BYD」が2023年後半に日本で発売を予定している最新電気自動車は「SEAL(シール)」です。

「SEAL」は2022年5月に中国で販売が開始された最新セダンモデルです。

「SEAL」のサイズは、全長は4800mm×全幅1875mm×全高1460mmとなっており、少し幅広いセダンモデルといった印象です。

「SEAL」という名前は「アザラシ」を意味していて、コンパクトモデル「DOLPHIN」と同じく海洋美学をモチーフにデザインされたエクステリアとインテリアが特徴的な車です。

「SEAL」はセダンモデルということもあり、空力性能を表すCd値は0.21、これは同サイズの車の中では世界最高レベルの数値となっています。

「SEAL」にもEV専用プラットフォーム「e-Platform3.0」と「ブレードバッテリー」が採用されていますが、「SEAL」には後輪駆動と四輪駆動が用意されます。

「SEAL」の後輪駆動モデル「RWD」には、最高出力230kWのモーターが採用されています。

「SEAL」の四輪駆動モデル「AWD」には、フロントに最高出力160kWを、リアに230kWのモーターを採用します。

最強モデルとなる「AWD」の0-100km/hの加速は3.8秒で完結するハイスペック仕様です。

BYD SEALエクステリア

「SEAL」のエクステリアですが、どことなくアメリカの電気自動車「テスラモーターズ」のフラッグシップ「モデルS」に似ているような気がします。

テスラ モデルS

空力を極めていけば同じような形状になるのでしょうね。(ということにしておきましょう)

「SEAL」のデザインは海洋美学をモチーフにデザインされたというだけあって、フロント周りのデザインは立体的に仕上げられています。

水の抵抗を受け流すアザラシのように、凹凸の少ないボディ形状にはスポーティさとエレガントさを感じます。

「BYD」によると「SEAL」の航続距離は555kmとなっており、パワーと航続距離ともに最高のモデルです。

「SEAL」の中国での販売価格は、日本円で約430~590万円となっています。

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND