【新型アウディA4】フルモデルチェンジ並みのマイナーチェンジで日本発売!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2020年10月7日、アウディの日本法人「アウディジャパン」が主力モデルであるアウディA4シリーズのマイナーチェンジを発表しました。

マイナーチェン前のA4シリーズは世界的に販売不振が続いており、アウディとしてはA4の改良は急務であったことでしょう。

アウディA4シリーズのマイナーチェンジは2019年5月にドイツ本国にて発表されて日本での発表は時間の問題でした。

しかし、2019年中の日本発表はなく、さらに新型コロナによるロックダウンによるドイツ本国の生産工場のストップなどもありこのタイミングになったと思われます。

新型車のワールドプレミアから1年以上を経て、やっと日本導入に至った新型A4シリーズですが実際の評価どうなのでしょうか?

実はマイナーチェンジ後のアウディA4シリーズの評価はうなぎ登りです!

日本市場を除いてほぼ世界中で新型A4シリーズが発売されている為、リソースは豊富に存在しています。

実際に試乗して評価を下す海外メディアの最大手「What Car?」の評価では5星中の5星を獲得、イギリスカーメディア「Top Gear」では10点満点中7点、私が好意にしている毒舌プレゼンテーター「carwow」の評価でも10点満点中8点を獲得しています。

これらのメディアはお世辞では評価しません!

本当に率直な見解で良いと感じた車にしか高評価しないメディアが高評価をしています。

特に評価されていたのは、「デザイン」「エンジン」そして「乗り心地」と「サスペンション」です。

まさに車の生命線とも言えるこれらのポイントで評価を得ることが出来る新型A4シリーズには期待しかありません。

今回はそんな高評価を得た新型A4シリーズを紹介します。

スポンサーリンク

新型A4のエクステリア

新型A4のエクステリアです。

これまで抑えていたスポーティさを一気に解放したかのような前衛的なデザインへと大幅に変更されています。

まずアウディのデザインアイコンであるフロントマスクの中心にある「シングルフレームグリル」ですが、高さを抑え横に拡張されたことによりワイド&ローを強調するデザインへと変更されています。

さらにグリル内の格子デザインを横基調からメッシュデザインに変更することで上品なイメージからアグレッシブな雰囲気を演出しています。

ボンネットとグリルの間には、アウディ最新のデザイン言語である「ボンネットスリット」が採用し、さらにフロントバンパー左右の大型サイドエアインテイクデザインを採用することでより一層力強さを印象づけています。

新型A4ではサイドパネルの大幅な変更も行われています。

特に前後のフェンダーデザインでは、アウディの伝説的スポーツモデルである「ビッグクワトロ」を彷彿とするオーバーフェンダーを演出しています。

あくまでデザインなので本当のオーバーフェンダーである「ブリスターフェンダー」という名称ではなく、「クワトロブリスター」という名称になっているようです。

デザインとはいえ、実際に5mm拡張されたフェンダーデザインにより、これまで一部のアウディのスポーツモデルにしか採用されなかった主張性が強調されたのは評価するべきでしょう。

アウディ「A4」の最強モデル「RS4」発表!改良新型のスペックとエクステリアの変更点とは?

スポンサーリンク

新型A4のインテリア

インテリアデザインの変更点はそれほど大きな変化はありませんが、インフォテインメントシステムには大きな進化が見られます。

最新のインフォテインメントシステムとなる「MIB3」はアウディのフラッグシップモデル「A8」にも搭載されているシステムです。

従来の「MIB2」の10倍の処理能力を持つ他に、10.1インチタッチスクリーンディスプレイの採用による直感的な使いやすさを手に入れています。

これまでナビを操作するユニットがあった場所には小物入れが備わり、無装飾だったセンターコンソールには高級感のあるブラックガラスルックのパネルが採用されています。

従来モデルのインテリアは「スポーティ」を演出していたのに対し、新型A4では「高級感」を演出しているようです。

スポンサーリンク

新型A4の価格

新型A4の価格帯ですが、エンジンは2.0Lターボのガソリンエンジンモデルのみです。(2020年10月現在)

最もベースモデルとなるA4セダン「35TFSI」で4,550,000円に設定されています。

ちなみに、アウディの真骨頂である「quattro」モデル「45TFSI quattro」の日本販売価格は5,800,000万円~に設定されています。

エクステリアの大幅な改良に加え、パワートレインには12Vのマイルドハイブリッドシステムを採用するなど新技術の搭載が確認できます。

新型A4は世界中で高評価を得ています。

販売不振と言われているモデルですが、マイナーチェンジを経て新型A4として生まれ変わるので日本市場でも人気を博して欲しいところです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【アウディA3スポーツバック】新型の日本発売価格は350万円以上になる!
【アウディA3】新型へフルモデルチェンジ!日本発売時期は2021年春頃?

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう