煽り運転の被害にあわないための対策方法とは?煽り運転のキッカケを無くそう!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

連日メディアやSNSには悪質な煽り運転による被害が報告されています。

突然車の幅寄せをしてきたり、執拗に追いかけられたり、暴言を浴びせられたり、あなたの大切な愛車を気付付けられたり、殴られたり。

誰一人として煽り運転による被害にあいたくないと思っていることでしょう。

しかし、あなたが車を運転している以上、あなたが煽り運転の被害者になることは十分にあります。

今回はそんな煽り運転の被害にあわないための対策方法を考えてみました。

スポンサーリンク

対策①無理な車線変更はしない

煽り運転のキッカケとして多いのが「車線変更」なのでそうです。

人にはそれぞれ「間合い」というのがあります。

あなたとっては安全な車間距離でも、相手からすると不安になる車間距離であることがあるのです。

この車線変更がキッカケで煽り運転の被害にあうケースがあります。

車線変更をするときはまず方向指示器を出して、こちらが車線変更をしたいという意思を周りに知らせましょう。

そして、十分な車間距離を確保したことを確認してから車線変更を行うようにしましょう。

当たり前のことなんです。

しかし、この当たり前が出来なかったことに怒った人が煽り運転することがあるということを今一度認識しましょう。

スポンサーリンク

対策②急加速や急ブレーキをしない

不必要な急加速や減速を行うと、それを見た人は煽られていると思ってしまいます。

その行為が威嚇や馬鹿にしていると思われてしまうと今度はあなたが煽り運転の受けることになります。

あなたは自慢の愛車の加速性能やブレーキを試して楽しんでいるのかもしれませんが、そんなことは周りのドライバーが知るところではありません。

道路はみんなのものです。

道路を走る時は道路交通法に則った安全運転を心がけましょう。

スポンサーリンク

対策③無理な追い越しはしない

煽り運転で摘発されたドライバーが動機として「無理な追い越しをされたから頭にきてやった」と言っているというニュースを見たこともあると思います。

このニュースをみて「追い越されただけで煽り運転をするんだ!」と衝撃を受けたことを今でも覚えています。

しかし、同時に、いくら2車線以上道路があったとしても、いきなり後ろから急接近してきて、車幅ギリギリで車線を変更して抜き去っていく行為をされると腹が立つというか、一言言いたくなる気持ちも分かります。

つまり、追い越しする際はこのような「無理な追い越し」をしないことを意識しましょう。

前を走っている車を追い越すをするということは、おそらく何らかの理由で急いでることが多いでしょう。

急いでいる時ほど安全運転を意識するべきです。

対策④ゴミなどのポイ捨てはしない

もはやモラルの問題ですが、車の窓からゴミなどを捨てないことです。

こんな子供でも出来ることが出来ないドライバーって沢山います!(怒)

走行中に煙草の灰を落としたり、煙草を捨てたり。

そのゴミが後ろを走っている車に降りかかったり当たったりしたら怒る気持ちも分かります。

このことががキッカケで煽り運転の被害にあうことも十分考えられます。

当たり前のことですが、車の窓からゴミなどを捨てないことを徹底しましょう。

対策⑤ドライブレコーダーの設置と告知

あなたがいくら気を付けて運転をしていても煽り運転の被害にあってしまうかもしれません。

そんな時の心強い味方はやはりドライブレコーダーの設置でしょう。

万が一煽り運転の被害を受けても迷惑行為を証明するものが無ければ、もし相手を捕まえても適正に罰せられないかもしれません。

ドライブレコーダーの設置は煽り運転を摘発する為には必須アイテムです。

さらに、ドライブレコーダーの設置した車であることを車外に告知することで、煽り運転による被害の抑止力になると注目を集めています。

車のリアガラスなどに貼ることでドライブレコーダーの設置済み車両であることを告知するステッカーです。

これだけドライブレコーダーによる煽り運転の摘発が騒がれているのであれば、大抵の煽り運転はこのステッカーで撃退できると思います。

ステッカーはどこでも気軽に購入できますよ。

正直な話、実際にはドライブレコーダーの設置をしていなくてもステッカーだけ張っていれば煽り運転の被害から免れることもあるかもしれませんね。

しかし、ドライブレコーダーの設置してある車と分かっても煽り運転をしてくるドライバーもいるでしょう。

ステッカーはお守りのようなもので、ドライブレコーダー最悪の事態に備えた最終兵器です。

車の運転をしている以上、煽り運転のキッカケつくるような運転をしないように十分配慮して運転しましょう。

まとめ

今回は煽り運転の被害にあわないようにするための対策方法を考えてみました。

色々対策を考えてみましたが、とどのつまり「煽り運転のキッカケをつくらない思いやり運転をする」ということに尽きます。

思いやり運転って当たり前のことですが、意外と出来ていないものです。

人はどうしても自分中心に物事を考えてしまいます。

特に車という頑丈で右足一本で意のままに加速も減速も出来る便利なものに乗っていれば尚更です。

いつも温厚な人が車に乗ると人が変わったように凶暴になるなんて話も珍しありません。

もしかすると、あなたが普段何気なく行っている運転も、知らず知らずの内に他のドライバーを不安にさせたり迷惑をかけているかもしれないのです。

もし煽り運転を受ける頻度が多いなどの心当たりがあるのであれば、あなたの運転に煽り運転のキッカケがあるかもしれません。

一部の自分の事しか考えていないような快楽者ドライバーではない限り、煽り運転には必ずキッカケがあります。

そのキッカケの根絶こそが煽り運転の被害にあわないようにする対策なのではないかと思います。

今日も他人に思いやりを持った安全運転を心がけましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう