マツダが改良新型「デミオ」を「マツダ2」として発売!新旧比較してみた!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、Mです。

マツダのコンパクトカー「デミオ」に最新のデザイン言語と技術を取り入れたマイナーチェンジが行われます。

このマイナーチェンジを機にマツダの世界共通名称となる「マツダ2」へと車名変更されます。

2014年7月から4代目「デミオ」としてデビューしてから5年でのマイナーチェンジとなります。

マツダが手掛ける「魂動デザイン」を採用し、デザインを再構築したことで注目を浴びました。

これまでの「デミオ」のイメージを一新し、斬新かつ、どこか欧州車を思わせるデザインは人気を博しました。

お恥ずかしい話ですが、私は夜間に何度かアウディのコンパクトカー「A1」と「デミオ」を間違えたことがあります。(笑)

そのくらい日本車離れしたデザインを手に入れたということです。

そんな4代目「デミオ」が最新の「魂動デザイン」を身にまとって7月18日より注文が始まりました。

一体どれ程の手が加えられているのでしょうか。

新旧モデルを比較してみました。

スポンサーリンク

エクステリアを比較

フロントマスクは最新の「魂動デザイン」へと進化しています。

2019年5月にデビューした新型「アクセラ」改め「マツダ3」にも通ずるデザインとなっています。

横長にデザインされたヘッドライトは、「丸かったイメージ」を「伸びやかなイメージ」へと変えているようです。

またマツダを象徴するシルバーメッキのグリル「シグネチャーウィング」もより立体的なデザインへと変更されています。

ラジエターグリルには「スタッズ(鋲)」のグロスブラックのメッシュグリルを採用することで、スポーティ且つ、欧州車の高級車ような上質な雰囲気を演出しています。

フロントバンパーは「引き算の美学」により、無駄なものは排除されています。

ほとんどのメーカーに見られるバンパー左右になるエアインテイクすら排除しているのに、シンプルな中にも存在感のあるデザインになっていますね。

リアビューですが、フロントマスクのような大幅な変更はされていないようです。

リアバンパー下のデザインに、シルバーメッキと横基調のラインを入れただけなのにスタイリッシュになっています。

シンプルにすることを嫌うメーカーやデザイナーが多い中、ここまでシンプルに仕上げるってとても勇気のいることだと思います。

その分、彫深くなった造形で印象付けているということですね。

ただ使い勝手のいいコンパクトカーとしてだけではなく、ファッションとしても楽しむことが出来そうなモデルとなっています。

スポンサーリンク

インテリアを比較

インテリアですが、新旧モデル共に同じデザインとなっています。

しかし、よく見てみると細部に至るまで新型「マツダ2」の方が圧倒的に質感が良くなっていることが分かります。

材質の見直しやステッチ加工、そしてグレードに合わせたシートカラーなど価格以上の演出が加えられています。

さらに、トップシーリング(天井の内張り)のウレタン層の厚みをアップすることで、より外からの音を吸収できるようにしました。

リアホイールハウス内にマッドガード(泥除け)を採用し、さらに室内側にも制振材を追加することで、吸音と遮音性を向上させています。

そして、ルーフパネルとハッチドアの間の隙間にシールラバーを採用することで、風切音と共鳴音を抑制することに成功しています。

つまり、さらに上質な素材とグレードに合ったバリエーションがもたらされた上に、遮音性も飛躍的に向上しているということです。

見た目以上の進化です。

これは私たちが知っている「デミオ」ではありません。

世界基準へと進化した「マツダ2」をいう全く新しい車です。

スポンサーリンク

マツダ2に搭載された最新技術とは?

「マツダ2」の変更点は見た目としつかんだけではありません。

最新の技術が惜しみなく投入されています。

スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャ

これはマツダが唱える、究極の「人馬一体」を目指した車両構造技術のことです。

「人が段差を乗り越えるときに特に揺れを感じないのは、人が自然にバランスをとっているから」

そう考えたマツダは、その人が自然にバランスを取る感覚に着目しました。

人は目で見て凸凹を判断し、どのような衝撃が来るのかを予測し、それに備えます。

つまり、車もその衝撃を遅れることなくドライバーに伝えることが出来れば、不快な乗り心地にならないのではないかと考えたわけですね。

乗り心地を良くするために柔らかいシャシにするのではなく、リニア且つ滑らかにドライバーに伝えるシャシを採用したわけです。

ドライバーに違和感なくロードインフォメーションを伝えることで、ドライバー自身にバランスを取ってもらうなんて、素晴らしい着眼点ですね。

さらに頭の動きを安定させるように骨盤を支持するフロントシートの採用により、さらに疲れにくく快適なドライブが可能です。

G-ベクタリング・コントロール・プラス(GVC Plus)

「GVC Plus」はマツダの最新の姿勢安定化制御装置です。

コーナリング中には積極的に外側のタイヤにトルクを伝える一方で、タイヤの接地状態を最適化します。

分かりやすいように動画を用意しました。

コーナリング中に発生する慣性モーメントに対して最適なトルク制御を行っていることが分かります。

ドライバーが思い通りのラインを描けるため、ステアリングの修正などが減ります。

結果的にリニアなスタリング操作だけではなく、長距離ドライブ時の疲労感の軽減にも繋がります。

まさにマツダが目指す「人馬一体」の走りをさらに高める次世代技術です。

まとめ

改良新型「デミオ」改め「マツダ2」の新旧モデルを比較してみました。

今欧州を中心に注目が集まっているマツダ車。

そのデザインばかりに目が行きがちですが、技術面でも相当高いレベルにあることは確かです。

新型「マツダ3」の発表を皮切りに、次世代のマツダ車が次々と発表されています。

新型「マツダ2」もただのマイナーチェンジではなく、間違いなくマツダの次世代モデルへと進化を遂げています。

改良新型となった「マツダ2」は9月12日より発売開始となる予定です。

新型「マツダ2」だけではなく、これからのマツダ車にも期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

マツダの購入をご検討のあなたへ

マツダ車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう