前輪駆動を採用するBMWの新型1シリーズの日本発売時期を予想してみた件!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、Mです。

ドイツの自動車メーカーBMWが手掛けるCセグメントである「1シリーズ」の走行テストが公開されました。

Cセグメントは各社鎬を削る激戦区で、メルセデスベンツ「Aクラス」、アウディ「A3」、VW「ゴルフ」、プジョー「308」、ボルボ「V40」など日本でも人気の車種が顔を並べています。

BMW「1シリーズ」の最大の特徴は、フロントにエンジンを配置し後輪を駆動させる「FR」レイアウトを採用する事による、軽快なハンドリングです。

この「後輪駆動」ならではのハンドリングを高評価を得る一方で、「前輪駆動」を採用する他の車と比べて、「FR」の特性上「室内が狭い」という評価があったのも事実です。

確かに、コンパクトカーでありながら広い室内を確保する事が当たり前となっているCセグメント市場において、室内が狭いというのは大きな痛手となります。

そこでBMWは新型「1シリーズ」に「FF」レイアウトを採用するとこを決定しました。

「FR」愛好家にとっては悲報でしょうが、熾烈な戦いが行われているCセグメントにおいて生き残りを掛けた決断だったと思います。

とはいえ、「FF」のプラットフォームはグループ会社ですでに「FF」レイアウトを採用する「ミニ」と共有することになるので完成度には期待できます。

さらにBMWのEV「i3S」に搭載されている従来比の10倍という反応速度を持つという最新の駆動抑制システム「ARB」が採用されているとのこと。

トラクションコントロールと連動させることにより「前輪駆動」特有のアンダーステアを抑制した俊敏なハンドリングが実現したと報道されています。

要するに、『「ミニ」の「FF」レイアウトをBMWらしい走りに仕上げるのに5年という期間を費やし、トライ&エラーを繰り返しブラッシュアップされたドライビングフィーリングは、現行のFRモデルと比べても遜色ないレベルに達したから安心してね!』ということですね。

そんな期待膨らむ「1シリーズ」初の「FF」モデルとなる新型BMW「1シリーズ」の日本発売予定を予想してみましょう。

スポンサーリンク

新型BMW「1シリーズ」の日本発売時期は?

まずは日本発売時期を予想してみましょう。

2019年4月現在、新型BMW「1シリーズ」のワールドプレミアが行われる可能性が高い時期は2019年後半とされています。

2019年後半のモーターショーと言えば、ドイツ自動車工業会が主催する2年に1度の自動車の祭典「フランクフルトモーターショー」を置いて他にはないでしょう。

地元ドイツということもありドイツの新型車が数多く出展されることは間違いありません。

おそらくその中の1台として新型BMW「1シリーズ」を発表するのではないかと予想します。

となれば、新型BMW「1シリーズ」のワールドプレミアは2019年9月ということになり、おそらく欧州で発売が開始されるのが2019年12月頃になるでしょう。

BMWは新型車両の日本導入には積極的なメーカーで、2019年にデビューする新型BMW「3シリーズ」も本国発売から6ヶ月で導入した経緯があります。

よって、新型BMW「1シリーズ」においても6ヶ月で導入すると仮定すると、新型BMW「1シリーズ」の日本発売時期は2020年6月頃と思われます。

CセグメントはBMWのエントリーモデルでもある為、比較的早い導入を目指していると思われるので、場合によっては1~2ヶ月発売が早まる可能もありますね。

スポンサーリンク

新型BMW「1シリーズ」テスト車輌

エクステリア

新型BMW「1シリーズ」のフロントビューです。

エクステリアといってもほとんどカモフラージュに覆われてはいますが、まずヘッドライトを見てみましょう。

ヘッドライト形状は先代モデルのほぼ水平だったヘッドライトの角度と比べるとやや「吊り目」になっていてアグレッシブな印象を受けます。

ヘッドライトグラフィックはBMWの伝統である「2灯式」に「U字型」のデイライトが採用され、ひと目で「BMW」と認識できるデザインとなっています。

BMWのデザインアイコンの一つである「キドニーグリル」は、最新のデザイン言語の採用により、新型BMW「3シリーズ」のようにシングルフレーム化され、ヘッドライトと繋げられるものと予想されます。

サイドパネルに目を移すと、プレスラインがフロントタイヤ上部からではなく、後方からテールレンズの方へ伸びており、キャラクターラインが低い位置に移動しているのが確認できます。

相変わらずシンプルなサイドパネルですが、それがまたBMWっぽくていいですよね。

新型BMW「1シリーズ」のリアビューです。

カモフラージュによって完全には見えませんが、クォーターガラスはリアドアのラインに合わせて上に跳ね上げるように返された、BMWのデザインアイコンのひとつである「ホフマイスターキンク」が採用されているようです。

また、フロントタイヤアーチよりもリアタイヤアーチを小さくするデザインも採用されていると思われます。

テールライトグラフィックは最新のBMWデザイン言語に則り「L字型」のラインが採用され、ヘッドライト同様にアグレシッブな印象を受けます。

リアバンパーでは、リアタイヤの後ろに位置するところに縦スリットを入れることでスポーツカーのような躍動感と存在感を演出しています。

インテリア

新型BMW「1シリーズ」のインテリアのスパイショットです。

メーターナセルには液晶パネル、センタークラスターには横長のインフォテイメントシステムが確認できます。

「FF」レイアウトを採用したことにより、運転席と助手席の間にあるセンターコンソールの位置が低くなっているように見えます。

それに伴ってセンタークラスター下のスペースも広く使いやすくなった印象です。

センターコンソールにはシフトレバーとコントローラーなどの操作ボタンが配置されており、光沢のあるブラックパネルも確認できます。

先代のインテリアはマットな感じだったのに対して、新型では一クラス上の「3シリーズ」のインテリアと比べても遜色ないクォリティの高さではないでしょうか。

ちなみに、インテリアのアンビエントライトにもこだわっているようです。

まだ詳細は不明ですが、おそらくマルチカラーが採用されお好みの色を選択できるものと思われます。

全車標準装備ではなく、グレード別、もしくはオプションの設定となる可能性が高いです。

このインテリアライトは最近のトレンドでもあるので間違いなく日本仕様にも採用されるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

新型BMW「1シリーズ」の情報をご紹介しました。

Cセグメントとしては珍しい「FR」レイアウトを採用することで得られる俊敏なハンドリングには定評があったのですが、時代のニーズは「走り」ではなく「利便性」へと移行しているというのが現実です。

「FR」ファンとしてはそのまま拘りを突き通してもらいたいところですが、背に腹は代えられません。

しかし、「走る喜び」を掲げるBMWが普通の「FF」を作るわけがありません。

BMWの最新の技術を投入し、「FR」並みのドライビングフィーリングが与えられた「FF」レイアウト車が新型BMW「1シリーズ」です。

ライバルに見劣りすると言われた室内スペースは、後席スペースはレッグルームで+33mm、ヘッドルームで+19mm拡大され、さらにラゲッジスペースも+20ℓの380ℓとなった事により、「利便性」に「走り」を加えたプレゼンテーションが可能となりました。

ちなみに、パワーユニットはすべて新開発の4気筒エンジンが採用され、最上級の「M135i Xドライブ」に至っては、306馬力を発生する2リッターターボが搭載される予定です。

「BMW史上最強の2リッターユニット」となるエンジンには、強化クランクシャフトをはじめ、新設計のピストンに加え、「ARB」「スタビリティコントロール」といった最新のコントロールシステムなどが採用されます。

「走り」だけではなく、「スペース」も手に入れた新型BMW「1シリーズ」の発表に期待しましょう。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう