メルセデスAMG GT 4ドアクーペに最速モデルとなる「73」が登場か?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

メルセデスAMGの高性能2ドアクーペ「AMG GT」から派生した「AMG GT 4ドアクーペ」に、シリーズ最速モデルとなる「AMG GT 73」が設定される可能性が高いとの報道がなされました。

AMG GT 4ドアクーペと言えば、ポルシェの4ドアクーペ「パナメーラ」と並ぶ、世界中のセレブに愛されている車の一つです。

メルセデスベンツの優雅なデザインを残しつつ、AMGが育んだレーシングDNAを融合させたエクステリアは、一目でハイパフォーマンスカーと分かります。

2ドアクーペではダイナミックなシルエットを採用していたのに対して、4ドアクーペではキャラクターラインに頼らず、美しい曲線美によるボディパネルの陰影が印象的です。

今回はそんなスーパーカーの要素を持ちながら、4ドアハッチバックという優雅さと利便性も兼ね備えた「AMG GT 4ドアクーペ」の新たなハイエンドモデルとなる「73」について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

AMG GT 73

「AMG GT 4ドアクーペ」に使いされるという噂のハイエンドモデル「GT 73」のパワートレインですが、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルの可能性が高いという情報があります。

その驚きの最高出力はなんと800PS以上を発揮するという噂です。

ちなみに、メルセデスベンツのチューニングメーカー「ブラバス」も「63S 4MATIC+」をチューンし最高出力800PSと最大トルク1000Nmという化け物スペックの「800」を発売しています。

このブラバス「800」の0-100km/h加速は驚異の2.9秒!

しかし、「AMG GT 73」のタイムは、このブラバス「800」の2.9秒より早いと噂されているから驚きです!!

どんだけ速いんだよ!そんな車が公道を走っていいのかよ!!

そう思うのは私だけではないはずです。

日本でハイブリッドと言えば低燃費のイメージですが、欧州車では「1+1=2」のように速さを追求するイメージなのかもしれませんね。

ライバルであるポルシェ「パナメーラ」の最速モデル『パナメーラ S Eハイブリッド』のスペックは最高出力680ps、最大トルク850Nm。

つまり「AMG GT 73」が登場すれば、ポルシェ「パナメーラ SEハイブリッド」をも凌駕するモデルになるわけですね。

スポンサーリンク

AMG GT 4ドアクーペのラインアップ

追加設定が予想される「AMG GT 73」の凄さを分かってもらうために、AMG GT 4ドアクーペの2019年6月現在のラインアップとスペックをご紹介します。

AMG GT 43 4MATIC+

まずはAMG GT 4ドアクーペのエントリーモデルとなる「AMG GT 43 4MATIC+」です。

搭載されるエンジンは、「AMG 43」として初となる3.0ℓ直列6気筒のターボエンジン。

そのエンジンに48Vのマイルドハイブリッドシステムと電動スーパーチャージャーという異色の組み合わせを行い最高出力367PSを発生させます。

「AMG GT 43」の0-100km/h到達時間は4.9秒と中々の俊足です。

AMG GT 53 4MATIC+

「AMG GT 43 4MATIC+」の上位モデルとなる「AMG GT 53 4MATIC+」です。

搭載されるエンジンは「AMG GT 43 4MATIC+」と同じ3.0ℓ直列6気筒のターボエンジン+48V+電動スーパーチャージャーですが、チューニングにより最高出力は435PSにまで高められています。

それにより「AMG GT 53 4MATIC+」の0-100km/hタイムは4.5秒となっています。

AMG GT 63 S 4MATIC+

現在のAMG GT 4ドアクーペにおけるハイエンドモデルが「AMG GT 63 S 4MATIC+」です。

搭載されるエンジンは、AMGが得意とする4.0ℓV型8気筒のツインターボエンジン。

AMG渾身のエンジンの最高出力は639PS、最大トルクはなんと900Nmを発生させます。

9ℓのNAエンジン並みという化け物じみた加速力により「AMG GT 63 S 4MATIC+」が時速100kmに到達するのに必要な時間はたったの3.2秒です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はメルセデスAMG GT 4ドアクーペに、さらに最速のモデルが設定されるのではないかという情報をご紹介しました。

まだ噂の段階ですが、十分あり得る話だと思います。

昨今のハイパーカーにおいてはエンジン出力が600PSや700PSというのは別段珍しくない世界になってきています。

エンジンとモーターを組み合わせて1000PSという冗談のようなハイパワーを有するコンセプトカーも発表されているくらいです。

メルセデスAMGとしても「AMG GT 63 S 4MATIC+」の639PSで満足していたらあっという間に抜かれてしまい、AMGの名が廃るとでも思ったのかもしれません。

そこで「AMG GT 73」という最高出力800PSの最速モデルを追加設定することでライバルを一気に突き放そうと思っているのでしょう。

とは言え、0-100km/hが2.9秒以下って・・・・・やばい楽しそう。

まだ今のところ噂ですが、「AMG GT 73」の追加設定を期待しています。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう