Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、Mです。

2019年4月8日、アウディジャパン株式会社(品川区)はアウディのCセグメントモデルであるアウディ「A3」の限定車となる「S-line dynamic limited」の発売を開始しました。

アウディ「A3」と言えば、世界一コストパフォーマンスが優れている車として人気を博すアウディを代表するコンパクトカーです。

2012年に3代目へとフルモデルチェンジを果たすと、翌年2013年にはアウディ「A3」として初めて「セダン」もラインアップされています。

3代目アウディ「A3」は、アウディとして初めて通信機能を持つナビゲーションシステムを採用することにより、「Google Earth」をはじめ、「目的地のオンライン検索」「駐車場の空き状況」「天気予報」「フライト情報」が検索できる「Audi Connect」を搭載。

さらに、オペレーターに電話をかけてナビへの目的地設定や宿泊先への予約などを受け付けることが出来る「Audi Connect Navigator」というコンシェルジュサービスを用意するなど、最先端のプレミアムコンパクトカーとして話題となりました。

ちなみに、私もアウディ「A3」に魅せられた一人です。

そんなアウディ「A3」に特別装備が施された限定車「S-line dynamic limited」が用意されました。

アウディのスポーツパッケージである「S-line」という言葉が入っている時点で、限定車には「S-line」が装備されていることは確定ですが、その他の特別装備は何なのでしょうか?

それではアウディの限定車、アウディA3「S-line dynamic limited」をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

アウディA3「S-line dynamic limited」

アウディA3の限定車「S-line dynamic limited」には、ハッチバックスタイルの「スポーツバック」と「セダン」どちらも用意されています。

「S-line dynamic limited」のベースとなるモデルは、1.4リッター4気筒ターボエンジンを搭載する「アウディA3 30TFSI Sport」です。

「アウディA3 30TFSI Sport」の装備内容ですが、エントリーモデルである「アウディA3 30TFSI 」の装備に加え、

  • オートマチックAC
  • LEDインテリア照明
  • スポーツサスペンション(-15mm)
  • アウディドライブセレクト(シャシコントロール)
  • ブレーキホールドシステム
  • タイヤ空気圧ワーニング
  • スポーツシート(運転席のみ電動)
  • シートヒーター(フロント)
  • パドルシルト付きステアリングホイール
  • 17インチアルミホイール
  • Sport専用バンパー

となっています。

さらにこの「30TFSI Sport」に

  • ナビゲーションパッケージ
  • コンビニエンスパッケージ
  • アシスタンスパッケージ
  • S-lineパッケージ

を装備してきます。

ナビゲーションパッケージは、「ナビ」「TVチューナー」「サウンドシステム」「ETC」が装備されます。

コンビニエンスパッケージは、「バックカメラ」「前後センサー」「ボタンスタート機能」が付帯されます。

アシスタンスパッケージは、「サイドアシスト」「アクティブレーンアシスト」「トラフィックジャムアシスト」「リアクロストラフィックアシスト」といった安全装置です。

S-lineパッケージは、「専用ボディキット」「18インチアルミホイール」「専用サスペンション」「LEDヘッドライト」「バーチャルコックピット」「フラットボトムステアリング」「専用シート」「アルミパネル」といったエクステリアとインテリアを中心にスポーティ且つ先進性溢れる仕様にするオプションです。

ここまでは通常のオプションで設定可能となっています。

ちなみに私のアウディA3スポーツバックもまったく同じオプションとなっています。

スポンサーリンク

アウディA3「S-line dynamic limited」特別装備

では限定車として発売される「S-line dynamic limited」のみに用意されている特別装備を見てみましょう。

マトリクスLEDヘッドライト

アウディのフラッグシップモデル「A8」から採用されたハイテクヘッドライトシステムですね。

時速60km以上で自動的にハイビームが作動し、フロントガラスにあるカメラが前走車や対向車を捉えるとその部分だけ影にするように自動配光するヘッドライトです。

前走車は対向車に直接光を照射しないようにコントロールしつつ、それ以外のエリアはハイビームの照射距離のまま走行できるので夜間の視認性に優れた装備となっています。

さらにマトリクスLEDヘッドライトになると、フロントのウィンカーも内側から外側に流れるように点灯する「ダイナミックインディケーター」となります。

このマトリクスLEDヘッドライトはアウディA3のパフォーマンスモデルである「S3」以上からしか設定がない為、通常ではレギュラーモデルの「A3」に付けることが出来ません。

「S-line dynamic limited」のみの特別装備となっています。

専用デザインの18インチアルミホイール

「S-line dynamic limited」には専用デザインである5トラペゾイド アンスラサイトデザインの18インチアルミホイールが装備されます。

ちなみに通常のS-lineパッケージのアルミホイールに採用されているデザインは5パラレルスポークデザインとなっています。

個性的なアルミホイールが装着されることで一目で「S-line dynamic limited」であることがわかりますね。

人気の車種ということもあり、他のオーナーと被らない仕様が良いという方には嬉しい特別装備ではないでしょうか。

アームレスト付き3分割可倒式リアシート

「S-line dynamic limited」の特別装備としてリアシートにアームレストが装備されます。

正直これは羨ましいですね。

マイナーチェンジ前までは付いていたリアシートにアームレストが、マイナーチェンジ後に無くなるというちょっと理解しがたい仕様変更となっています。

なぜマイチェンで不便にするのか理解に苦しみましたが、「S-line dynamic limited」ではその不満はしっかりと解決されています。

後ろに人を乗せないかもしれませんが、アームレストはあるに越したことはありませんよ。

ちなみにアームレストにはドリンクホルダーとちょっとした物入が付いていますので、非常に便利です。

まぁ、私のアウディA3スポーツバックには付いていませんが・・・・。(涙)

ルーフレール(スポーツバックのみ)

こちらはハッチバックモデルである「スポーツバック」のみですが、「S-line dynamic limited」の特別装備としてルーフレールが装備されます。

個人的にはルーフレール要らないような気がしますが、おそらくレギュラーモデルとの差別化を図ったものと思われます。

対して邪魔になるものではありませんが、アウディのクーペのようなルーフラインが隠れてしまうのはちょっと残念な気もします。

とは言え、アウディA3スポーツバックの「S-line dynamic limited」には問答無用で装備されますので、気になる方は現車を見てから判断した方が良さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

「より機能的に、安全に、そしてスポーティに磨かれた、限定車」と謳うだけあって、アウディA3 「S line dynamic limited」は魅力的な装備内容となっています。

「S-line dynamic limited」は「スポーツバック」と「セダン」の2つのボディスタイルが用意されます。

「スポーツバック」は375台、「セダン」は250台限定となっていますが、ボディカラーが「タンゴレッドメタリック」「コスモスブルーメタリック」「グレイシアホワイトメタリック」「デイトナグレーパールイフェクト」の4色あるので、お好きなボディカラーがある場合は急いだほうが良さそうです。

なぜなら、それぞれの台数を4で割ると「スポーツバック」は各色約90台、「セダン」に至っては各色約60台しかない計算になるからです。

「S-line dynamic limited」の車両価格は「スポーツバック」で4,600,000円、「セダン」で4,790,000円となっています。

参考までにですが、「S-line dynamic limited」の特別装備がない場合の「スポーツバック」の車両価格は4,400,000円で「セダン」が4,580,000円です。

つまり、「スポーツバック」では200,000円、「セダン」では210,000円のプラスで「マトリクスLEDヘッドライト」「専用デザインアルミホイール」「リアシートのアームレスト」「ルーフレール※スポーツバックのみ」が手に入ると思えば割安のような気がします。

特に「マトリクスLEDヘッドライト」と「リアシートのアームレスト」に個人的に魅力を感じています。

限定車と言うこともあり、売り切れ次第終了となりますので、もし興味があるのであれば現車の確認もしくは見積もりだけでも取ってみた方が良さそうです。

今後これほど機能的な装備を搭載したA3の限定車は出ないかもしれませんね。

アウディA3オーナーから見ても魅力的な限定車であることは間違いありません。

アウディA3の購入をご検討のあなたへ

車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう