メルセデスベンツが新型CLAシューティングブレークを発表!2019年に発売予定!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

ドイツの自動車メーカーであるメルセデスベンツから2代目となるCLAシューティングブレークが発表されました。

CLAシューティングブレークはAクラスの4ドアクーペである「CLA」ベースのステーションワゴンで、全長470cm、全幅も180cmを下回るボディサイズで人気を博したモデルです。

CLAの伸びやかでスタイリッシュなデザインに実用性を加えたワゴンモデルというわけです。

そんなCLAシューティングブレークがフルモデルチェンジを果たしました。

一足先にフルモデルチェンジを果たしたCLAにも見られたメルセデスベンツの最新のデザイン言語を取り入れ、さらに精悍になったCLAシューティングブレークを見てみましょう。

スポンサーリンク

メルセデスベンツCLAシューティングブレークのエクステリア

メルセデスベンツCLAシューティングブレークのフロントマスクです。

最新のデザイン言語が採用された新型CLAシューティングブレークのサイズは、車高が2mm低くなり横幅が53mm拡張されたことで、よりクーペのようなワイド&ローデザインを手に入れています。

新型のCLAシューティングブレークにはハッキリとしたプレスラインではなく、柔らかい曲線のキャラクターラインが描かれていて、非常にシンプルな印象を受ける一方で、一目でCLAとわかるデザインとなっていますね。

ヘッドライトユニットは最新式のフルLEDヘッドライトとなっており、グラフィックも一新されています。

先代と比べても少し落ち着いたヘッドライト形状になっていますが、その分品が良く見えますね。

サイドビューです。

「シャークノーズ」デザインのフロントエンド、なだらかなルーフ、そして、テールエンドを絞ったメルセデスベンツ特有のシルエットが非常に綺麗ですね。

先代モデルと比べ全長が48mm延長されたことで、とても伸びやかな印象を受けます。

まさに4ドアクーペの表現豊かなデザインに実用性を兼ね備えたスタイリッシュワゴンと言ったところですね。

ラゲッジルームの荷室容量は先代モデルよりも10リッター増えて505リッターとなっており、コンパクトながらユーティリティの高いものとなっています。

リアビューです。

シンプルでありながらCLAシューティングブレーク独特の存在感を漂わせています。

メルセデスベンツのクーペモデルに採用されているリアテールライトデザインがフラットなリアパネルに映えていますね。

フルLEDで構成されたリアテールライトにはヘッドライトと同じコンセプトのグラフィックが採用されているので、前後の統一感が出ていてカッコいいですね。

メルセデスベンツと言えば、仰々しいデザインのイメージがあったのですが、最近のメルセデスベンツのデザインはとてもスタイリッシュになったと思います。

スポンサーリンク

メルセデスベンツCLAシューティングブレークのインテリア

メルセデスベンツCLAシューティングブレークのインテリアです。

フルデジタルメーターとインフォテイメントシステムが一体型となったディスプレイを採用しているなど最新のメルセデスベンツらしいインテリアになっています。

CLAの兄弟車ということもあってインテリアはまったく同じですね。

インテリアのイルミネーションはもはやメルセデスベンツのお家芸となりつつありますね。

ライバルであるBMWやアウディでもマルチカラーのイルミネーションを採用していますが、メルセデスベンツほど派手さはありませんからね。

Sクラスなどのハイエンドモデルだけではなく、エントリーモデルであるAクラスにも採用するあたりがさすがと言うほかありません。

インフォテイメントシステムにはもちろん「ハイ、メルセデスベンツ」でお馴染みの最先端のMBUXがインストールされているほか、最新の安全装置なども用意されています。

「デザイン」「サイズ」「最新装備」「安全装置」まさにメルセデスベンツの本気全開と言った感じですね。

スポンサーリンク

メルセデスベンツCLAシューティングブレークの日本発売時期

メルセデスベンツCLAシューティングブレークの気になる日本発売予定ですが、ジュネーブモーターショー2019での関係者の話だと、新型CLAシューティングブレークは2019年9月に世界中で販売されことになるとのこと。

世界中でと言ってもアメリカや中国といった台数の確保が望める地域なのでしょうね。

まずは2019年5月頃から欧州で発売が開始されると思われます。

欧州での最初の納車は7月頃になるでしょうね。

メルセデスベンツの場合、欧州で発売されてから約半年後に日本に導入されているので、その段取りが滞りなく進めば、2019年11月頃には日本発売となると予想されます。

全長470cmを切る、まさに日本の道路事情にはベストマッチの車種なので、メーカーも出来るだけ早い日本導入を望んでいるはずなので、もう少し時期が早くなることも予想されますね。

そうなれば、世界中で販売されるとアナウンスされた2019年9月に日本でも発売されるかもしれません。

まとめ

新型メルセデスベンツCLAシューティングブレーク、カッコいい車になりました。

4ドアクーペフォルムを活かしさらにスタイリッシュなワゴンとして生まれ変わっています。

メルセデスベンツといえば「Sクラス」だったのですが、このところCLAのような比較的コンパクトなモデルにも力を入れています。

やはり「台数」を伸ばすという観点で見ると圧倒的にエントリーモデルに注力した方が得策ですからね。

とは言え、ただ安いだけではそれなりの車にしかなりませんし、メルセデスベンツとしてのブランド力も低下させてしまうことになります。

メルセデスベンツCLAシューティングブレークからは「安っぽさ」はまったく感じられませんし、むしろワンランク上の車の装備を搭載するなど価格以上の仕上がりを見せているような気がします。

今はアウディA3スポーツバックに乗っていますが、もし買い替えるとすればメルセデスベンツCLAシューティングブレークは候補の一つに必ず入れるつもりです。

メルセデスベンツCLAシューティングブレークの日本発売が楽しみです。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう