アウディe-tronスポーツバックを目撃!2019年後半から生産開始か?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、Mです。

アウディの電気自動車シリーズ「e-tron」に、2017年の上海オートショーで話題になった「アウディe-tronスポーツバック」がついに登場するようです。

アウディe-tronスポーツバックはその未来的なデザインはもちろんのこと、LEDライトを駆使した技術で世界を驚かせました。

色々語るよりもまずはご覧いただきましょう。

まさに「未来」という言葉がふさわしい技術が採用されています。

アウディは2025年までに電気自動車を12機種発売すると公表していることから、「アウディe-tron」を発表発売し、そして「アウディe-tron GT concept」をアウディの新しいスポーツ電気自動車として提案しています。

アウディe-tronスポーツバックはそんなアウディの電気自動車として非常に注目されているモデルなのです。

今回、海外の自動車情報サイトがアウディe-tronスポーツバックと思しきテスト車両をカメラに収めています。

アウディが世に送り出す「未来の車」を見てみましょう。

スポンサーリンク

アウディe-tronスポーツバックのエクステリア

アウディe-tronスポーツバックのフロントマスクです!

・・・・・・・・・・あれ?

なんか思ってたのと違いますね。

ほら、アウディe-tronスポーツバックのコンセプトカーはもっと「未来的なデザイン」だったはずですよね、こんな風に。

はい、ドン!

このまったく新しいデザインでありながら、しっかりとこの車が「アウディ」であることがわかるエクステリア。

おそらく「OLED(有機EL)」を使用した最新のヘッドライトユニット、LEDで構成された「フォーシルバーリングス」、そして、ヘッドライトの下にあるレーザーライトが「アウディe-tronスポーツバック」を未来の車だと印象付けています。

と、なるはずだったのですが、だいぶん期待とは違うものになりそうです。

もう一度、アウディe-tronスポーツバックのテストカー、ドン!

いやいや、これ「アウディe-tron」でしょ?

ヘッドライトの形状、ヘッドライトグラフィック、シングルフレーム、バンパー、どれを見てもすでに発表されている「アウディe-tron」です。

コンセプトカーと比べると随分現実的なデザインになっていることがわかります。

アウディe-tronスポーツバックのサイドビューです。

サイドから見ると、このテストカーが「アウディe-tronスポーツバック」であるという確信が持てました。

ルーフからテールにラインがクーペフォルムになっているので、確かに「スポーツバック」です。

コンセプトカーをぶっ飛ばして、本当に「アウディe-tron」の「スポーツバック」を出してきちゃったんですね。(汗)

アウディe-tronスポーツバックのリアビューです。

リアから見れば「スポーツバック」感は随分増しますが、やはりコンセプトカーと比べれば物足りません。

コンセプトカーのリアビューは電気自動車という「未来感」だけではく、実用性と走行性能を極限にまで追求したデザインになっています。

リアフェンダーのスポーツカーのような仕上げ、スポーツカーのようなテールゲート寝かせ方、そして新しい立体的なテールライトデザインがとても印象的ですよね。

そんなコンセプトカーに比べると、アウディe-tronスポーツバックのテストカーは普通過ぎるというか、とにかく冒険せずに無難に済ませた感が半端なく感じるのは私だけではないはずです。

コンセプトカーのライティング技術は無いにしても、もっとコンセプトカーのデザインを尊重して欲しかったというのが本音ですね。

期待していた分少し残念な気もします。

とは言え、一部の海外の自動車情報サイトよると、「この時期(2019年2月)にアウディe-tronスポーツバックのテスト車両が目撃されたのであれば、テスト車両のエクステリアはダミーであとで変更される可能性もある」とのこと。

これは朗報!ぜひそうなって欲しいと思っているのですが、同時に「アウディe-tronスポーツバックのコンセプトカーのデザインは非現実的過ぎる」とも言っており、やはり「アウディe-tron」のデザインをベースとしてエクステリアを仕上げていくと考えた方が自然のようですね。

スポンサーリンク

アウディe-tronスポーツバックのインテリア

アウディe-tronスポーツバックの「コンセプトカー」のインテリアです。

どうですか?

コンセプトカーのインテリアと言えば、デザインナーの頭の中から飛び出したアイデアのみで構成され、市販車両としての生産性を完全に無視したものが多いのですが、アウディe-tronスポーツバックのコンセプトカーのインテリアは、比較的再現可能なインテリアになっていると思います。

もうすでに市販モデルに搭載されているシステムで構成されているので、とても現実味があり、このまま販売できそうなクオリティになっています。

市販モデルではどの程度変更されるのかは分かりませんが、インテリアくらいコンセプトカーのイメージを引き継いで欲しいですね。

スポンサーリンク

アウディe-tronスポーツバックの生産開始と日本発売時期は?

海外の自動車情報サイトによると、アウディe-tronスポーツバックの生産開始時期は2019年後半に予定していると報じています。

2019年上半期はアウディ初の電気自動車「アウディe-tron」の生産と販売に力を注ぐようです。

アウディe-tronスポーツバックの生産が2019年後半から始まれば、最初のラインオフは2020年1月頃と予想されますね。

と言うことは、順調に事が進めばアウディe-tronスポーツバックの日本発売時期は2020年9月頃になると思われます。

ちなみに、2018年11月に開催されたロサンゼルスモーターショー2018にて発表された「アウディe-tron GT concept」の生産は2020年前半から開始される予定なので、アウディとしても出来るだけ早くアウディe-tronスポーツバックの生産販売に漕ぎ着けたいところでしょう。

まとめ

アウディe-tronスポーツバックのテスト車両ですが、正直ちょっと期待外れでした。

上海オートショー2017で披露されたアウディe-tronスポーツバックのコンセントがセンセーショナル過ぎたのかもしれませんね。

世界中でSUVの人気が高まっていて、「車と言えばセダン」という時代があったように、これからは「車と言えばSUV」という時代なのかもしれません。

そんな時代だからそこ「クーペSUV」という新しいジャンルの車種が沢山のメーカーから誕生しているのも事実です。

そんな購入者の声に応える為の「アウディe-tronスポーツバック」なのかもしれませんね。

アウディe-tronスポーツバックはこれで良しとして、「アウディe-tronスポーツバック コンセプト」はまた新たな車として開発してくれることを願いたいです。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう