アウディRS4が2020年にマイナーチェンジ!A6風の外観を手に入れる件!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

アウディのDセグメントモデルである「A4」の高性能バージョン「RS4」が早くもマイナーチェンジを迎えるようです。

2019年1月に日本での発売が開始された「RS4」ですが、そもそも日本導入にかなり時間がかかってしまったということもあり、前期モデルは希少な存在になるかもしれませんね。

とは言え、マイナーチェンジは2020年頃の予定のようなので気長に待つ必要があるようです。

このマイナーチェンジはフェイスリフトを伴う大幅な変更が行われることが確定しているようです。

これはアウディA4のマイナーチェンジを控えている結果、「RS4」も変更となるわけですね。

そして今回、アウディA4のテスト車両だけではなく、「RS4」のテスト車両の姿が捉えられたのでご紹介します。

スポンサーリンク

新型アウディRS4の姿

新型アウディRS4のテスト車両です。

「RS」モデルのデザインアイコンである「ハニカムメッシュ」のシングルフレームグリルが確認できます。

フロントバンパーのデザインは前期型と比べると少し落ち着いた雰囲気へと変更されていることから、シングルフレームグリル周りに何かしらの変化が与えられている可能性がありますね。

大型のサイドエアインテイクには縦のスリットとミリ波レーダーが収められています。

ヘッドライト形状が「鍵型」から「フラット」な形状へと変更されていることがわかります。

ヘッドライトグラフィックは光ファイバーによるシンプルなデザインから、カットラインが入ったより複雑なデザインへと変更され、最新のデザイン言語が採用されていることが確認できます。

全体的に落ち付いたデザインとなりそうですが、Dセグメントモデルの高級感を演出するという目的に対しては成功ともいえるフェイスリフトだと思います。

サイドビューです。

今回のマイナーチェンジでは大きなシルエットの変更はなさそうです。

ブレーキローターは少し黒ずんで見えるので、ただのドリルドブレーキディスクではなく、「カーボンセラミックディスクブレーキ」になっている可能性が高いと思われます。

「カーボンセラミックディスク」はフロントのみオプションとして設定され、80万円くらいで設定されると思います。

アルミホイールは最低でも20インチが装備されると思われます。

リアビューです。

リアテールライトグラフィックが大きく変更されていることが確認できます。

マイナーチェンジ後のリアテールライトグラフィックですが、まるで新型A6のテールライトグラフィックのようなデザインが採用されていて最新のデザイン言語となっています。

また、マフラーエンドは「RS」のデザインアイコンである「オーバルマフラー」となっていて、一目で「RS」と分かるエクステリアとなっていますね。

リアパンバーには厚いカモフラージュが施されていて詳細なデザインはわかりませんが、新型TTに採用されているような縦スリットが採用される可能性もあります。

スポンサーリンク

新型アウディRS4のパワートレイン

新型アウディRS4のパワートレインですが、引き続きポルシェ「パナメーラ」にも採用されている、最高出力450PSを誇る2.9リッターV6ツインターボエンジンとなります。

ポルシェが開発した大トルクに対応するトランスミッションである8速ティプトロニックとアウディの四輪駆動システム「quattro」の組み合わせにより時速100kmまでの加速時間は4.1秒と申し分のないスペックを誇ります。

また、リミッターを280km/hまで引き上げる「RS Dynamic」をオプションとして用意しているようなので、腕に覚えのある方には必見でしょう。

とは言え、ライバルであるメルセデスAMG「C45」やBMW「M3」のスペック次第では、このパワートレインにファインチューニングが施される可能性も十分にあり得ます。

マイナーチェンジにはそういった「調整」が入ることはもはや常識となっています。

より優れたスペックがあればそれに追従し、上回ることを前提とした「調整」が行われると思われるので、ライバルの動向にも注目したいところですね。

スポンサーリンク

まとめ

新型アウディRS4いかがでしたか?

フェイスリフトということもあり、かなり印象が違うものとなっていますが、私個人的には良し進化だと思います。

ヘッドライト形状とグラフィックが変更されることで、チャラっとした印象から誠実な印象へと変わっています。

とは言え、「RS」らしくスポーティなディテールはしっかりと継承しつつ、最新のアウディデザイン言語を採用したエクステリアには敬意を表したいと思います。

日本では2019年1月に新型アウディRS4が発表されたこともあって、早めのマイナーチェンジとなりますが、アップデートされることは決して悪いことではなのでプラスに捉えることとしましょう。

ライバルの動向によってマイナーチェンジ後のアウディRS4のパワートレインがアップデートされる可能性もあるので、むしろライバルには頑張ってもらいたいと思います。(笑)

新型アウディRS4のデビューが楽しみですね。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう