【アウディRSQ8】600馬力のスーパーSUVの日本発売日はいつ?価格はいくら?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

アウディのフラッグシップSUVモデルであるQ8。

そのハイパフォーマンスモデル「RSQ8」の日本発売日に向けて準備が進んでいます。

アウディの「RS」と言えば、アウディが所有するレーシング部門「Audi Sport GmbH」によって製造されるハイパフォーマンスカーです。

アウディのスーパーカーであるアウディR8も手がけている生粋のレーシング部門によるチューニングはどのモデルも日本では不必要な化け物じみたスペックのものばかりです。

そんなAudi Sport GmbHがアウディのクーペSUVであるQ8の「RS」モデルは2020年3月に本国で発売が開始されました。

最高出力600馬力を発生させる最強エンジンを搭載したアウディのスーパーSUV「RSQ8」の日本発売を望む声も多い事でしょう。

今回はそんな「RSQ8」の日本発売日と発売価格を予想します。

スポンサーリンク

アウディRSQ8の日本発売日はいつ?

600馬力のスーパーSUV、アウディRSQ8の日本発売開始時期は、2021年3月以降となると思います。

通常、本国デリバーリー開始から早くても半年後に日本導入が開始されますが、RSという日本規格外のスペックを持った車なので認証に多少の時間が必要になる可能性は高いでしょう。

日本導入には少なくとも本国での発売開始から1年の歳月が必要と考えます。

2020年3月に本国で発売されてたので、丁度1年後の2021年3月が最も早い日本発売日となります。

言い方を変えれば、2021年3月よりも早く発売することはなく、遅く発売することはあるということです。

アウディのスーパーSUV「RSQ8」の日本導入は2021年3月以降と思っていた方がよさそうです。

スポンサーリンク

アウディRSQ8の日本発売価格はいくら?

アウディのスーパーSUV「RSQ8」の発売価格は、1900万円前後になると予想します。

ドイツ本国で発売されている「RSQ8」のベース価格は、12万7000ユーロ(約1535万円)ですが、日本仕様にするために様々なオプション装備が追加されるはずです。

これまでに日本に導入された「RS」から推測されるのは、ドイツ本国の発売価格よりも200~300万円増額している傾向があります。

つまり、日本に導入される「RSQ8」も同様に本国価格から200~300万円高になる可能性が極めて高いということです。

これを踏まえて、日本仕様のアウディRSQ8の日本発売価格を推測すると1735~1835万円という結果になります!

しかし、先代のRS6の日本発売価格が1823万円だったことを考えると、様々なシステムがアップデートされているRSQ8が1800万円を上回ることはあっても絶対に下回ることはないという観点から、1900万円前後という答えに辿り着きました。

ほぼ2000万円ということですね。

スペックもすごいが、価格もすごい、これが「RS」の実力ってやつですね。(笑)

同じプラットフォームを共有するランボルギーニのUrus(ウルス)の車両価格は2750万円が最低ラインであることを踏まえれば、アウディRSQ8の値段が2000万円弱というのは妥当な値段なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

アウディRSQ8のエクステリア

さすが「RS」というかモンスター感が滲み出ていますね。

アグレッシブなバンパーには大型のサイドエアインテイクが存在し、大パワーを発生するパワートレインの冷却システムの空気導入口となっています。

アウディを象徴するシングルフレームグリルには「RS」ならではの「ハニカムメッシュ」構造のグリルが確認できます。

フロントのタイヤアーチは10mm拡大されています。

アウディRSQ8に組み合されるアルミホイールは最低でも22インチ程ありそうですね。

アウディRSQ8に標準装備されているエアサスペンションは、ドライビングモードに応じて最大90mmで可変します。

サイドビューです。

改めて見てみてもアウディRSQ8のルーフラインはカッコいいですね。

写真だけ見ると全幅は約2m、全長も約5mある大型のSUVには見えず、スポーティで軽快なスポーツカーのようなシルエットにも見えます。

アルミホイールのデザインはアウディRS6やRS7にも採用されていた大径デュアルトーンスポークになっていて、RS専用の6ピストンキャリパーとドリルドブレーキディスクローターが確認できます。

明らかにオーバースペックなブレーキユニットですね、普通の車なら・・・・・・・・ですが。

リアビューです。

「RS」のデザインアイコンである「大径オーバールマフラー」が確認できます。

後から見ると明らかに車高が下がっているのが分かりますね。

さすが「RS」と名乗るだけのことはありますね。

SUVでありながら俊敏なハンドリングが期待でいます!

これまでこのサイズのクーペSUVのハイパフォーマンス市場は、BMWのX6とメルセデスAMGのGLE 63Sクーペが君臨していたのですが、やっとアウディRSQ8が参戦する事で、ジャーマンスリーが揃う事になります。

アウディRSQ8のパワートレイン

気になるアウディRSQ8のパワートレインですが、4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載します。

最高出力は600PS、最大トルクは800という化け物エンジンです。

「RSQ8」の巨体をたった3.8秒で時速100kmまで到達させるパワーはさすがの一言です。

それもそのはず、「RSQ8」に搭載されるエンジンは、「ランボルギーニ社」のスポーツSUV「Urus(ウルス)」のエンジンなのです。

ウルスに搭載されている4.0リッターV8ツインターボエンジンの最高出力は650PS、最大トルクは850Nm!!

8.5リッターの自然吸気エンジンの並の加速力を誇る、まさにモンスターエンジンです。

フル加速すると確実に体が置いて行かれる様な、非日常的な加速体験が出来るでしょうね。

同じエンジンなのになぜパワーが違うの?

それはブランド力が「ランボルギーニ>アウディ」だからです。

いくら同じグループ会社といっても、アウディグループの高級スーパーカーを任されるランボルギーニがアウディと同スペックのエンジンを搭載することはありません。

理由は「ランボルギーニ」としての立場が無くなってしまうからです。

そういうことで、同じエンジンをディチューンすることでランボルギーニウルスとアウディRSQ8の差別化を図っているのです。

ランボルギーニよりディチューンしているといっても、600PSという数字はライバルである「BMW X6」や「AMG GLE 63S」よりパワフルなスペックになっているので十分に魅力的です。

【2019年8月21日追記】「RSQ8」プロトタイプ

雪上テストの時とは違い、カモフラージュがかなり薄く、というかほぼない状態でプロトタイプが目撃されました。

「Audi Sport」のブラックとレッドでラッピングされた「RSQ8」プロトタイプのフロントマスクを見てみましょう。

他の「RS」モデル同様にボンネットとグリルの間にエアインテイク用のスリットが設けられていることが確認できます。

両サイドが力強く上へと跳ね上げられたリップスポイラーが印象的なフロントバンパーのシングルフレームグリルには新しい意匠のラジエターグリルを採用しています。

大型のサイドエアインテイクにもラジエターグリルと同じパターンのものデザインが確認できます。

「RSQ8」プロトタイプのサイドビューですが、ダイナミックなサイドスカートが装備されていることが確認できます。

また情熱的な赤で塗装され「Audi Sport」のロゴが入った高性能ブレーキユニットが目に付きますね。

最低でも22インチはありそうなアルミホイールは「RSQ8」専用デザインなのでしょうか。

「RSQ8」プロトタイプのリアビューです。

テールライトの下には縦スリットが設けられています。

このデザインは新型「TTクーペ」にも採用されているデザインで、アウディのスポーティさを演出する最新のデザインが取り入れられています。

シンプルなデザインでありながら強い存在感を放つリアディフューザーの両サイドには「RS」の証である「オーバルマフラー」が備わっています。


まとめ

アウディのSUV史上最速最強のモデルと期待される「RSQ8」、まさにトップ・オブ・SUVの名に恥じない

アウディのハイパフォーマンスモデル「RS」の良い所は、見た目がギラついていない事ですね。

いかにも速そうなボディキットやパーツを乱用しないことで上品でジェントルな雰囲気を出してはいるんだけど、良く見ると普通の車じゃありえない大きさのアルミ、ブレーキ、マフラーの組み合わせが何とも魅力的な車なのです。

パワートレインは、ランボルギーニUrusのエンジンのディーチューンであることは間違いなさそうですね。

アウディもランボルギーニもブランドイメージを大事にしているので、同スペックになることは有りえないと思います。

それでも600PS前後という「SUV」として不必要なほどのスペックが与えられるわけですからね。

日本発売時期は早くても2021年前半という予想ですが、目まぐるしく移り変わる自動車業界の改革期ですから発表発売が早まる可能性も十分あります。

日本仕様の価格はあくまでアウディRS6の数字を反映させただけなので、憶測でしかありませんが、案外リアルな数字が出たなぁと思っています。

アウディRSQ8の日本発表まで気長に待っておきましょう。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう