アウディ「Q5」が2020年にマイナーチェンジ!プラグインハイブリッドモデルも発売か?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

アウディのDセグメントの人気SUVモデル「Q5」が早くもマイナーチェンジに向けて開発が進められています。

アウディ「Q5」は衝撃のデビューを果たした「Q7」に継ぐ、2番目のSUVとして2008年にデビューしました。

アウディ「A4」のプラットフォームを共有することで、スポーツセダン並みの走行性能と兄貴分である「Q7」さながらのデザインが採用されたことで人気を博しました。

2016年に2代目へとフルモデルチェンジを果たし、日本には2017年10月に導入されました。

日本での発売開始からたったの2年でテストカー目撃というのはかなり早いスパンです。

SUVは世界レベルの人気車種となっているので、小まめなアップデートは必須なのでしょう。

どのメーカーも鎬を削る戦いを繰り広げているモデルということです。

今回はそんな改良新型となる「Q5」の情報をご紹介します。

更新情報

最新のプロトタイプ画像を更新しました。(2019年8月30日)

スポンサーリンク

改良新型「Q5」

改良新型「Q5」のフロントマスクです。

マイナーチェンジということもあってか、カモフラージュは薄めになっていますが肝心な部分はしっかりと隠されています。

やはり目に付くのはアウディの象徴である「シングルフレームグリル」でしょう。

ラジエターグリルにはメッシュデザインが採用されています。

さらにグリル形状も六角形から八角形になり、横に引き伸ばされています。

次にヘッドライトを見てみましょう。

これまで角のあったヘッドライト形状ですが、改良新型「Q5」では角の取れた形状へと変更されています。

もちろんヘッドライトグラフィックの変更も行われます。

これまでのようにノーマルヘッドライトとオプションのヘッドライトでグラフィックが変更されると思われます。

さらに先にマイナーチェンジが行われた「A4」のようにキー開錠施錠時ライトによる演出が行われるでしょう。

フロントマスクの雰囲気が随分と変わることは明白です。

サイドビューです。

カモフラージュが施されている箇所は気になりますが、こちらはほとんど変更はないようです。

リアビューです。

リアビューにも変化が見られます。

リアテールライト形状を比べてみると、マイナー前に比べてマイナー後の方が明らかに角張ったデザインになっていることが分かります。

カモフラージュで覆われたリアテールライトの下をよく見るといかにもシルバーメッキガーニッシュがハマりそうなラインが確認できます。

昨今の欧州車のトレンドもしっかりと取り入れられているようです。

リアテールライトグラフィックはヘッドライトグラフィックと統一されたデザインになると予想されます。

【2019年8月30日追記】最新のプロトタイプ画像

スポンサーリンク

改良新型「Q5」完成予想CG

ロシアの自動車情報サイト「」に掲載された改良新型「Q5」の完成予想CGです。

本当にこの才能は羨ましい限りです。

とても良く再現されていると思います。

ヘッドライト形状を見てもテスト車両のものを忠実に再現されていますね。

しいて注文を付けるとすると、グリル形状が八角形ではく六角形のままになっている点でしょうか。

グリルを変えるともっと現車に近いデザインになると思います。

リアビューはまさに私が想像しているもの近い完成予想CGになっています。

リアテールライトの下にはシルバーメッキのガーニッシュも再現されていますね。

リアバンパーにマフラーエンドがありますが、テスト車両には確認できませんでした。

もしかするとまったく違ったデザインが採用される可能性が高そうです。

スポンサーリンク

改良新型「Q5」プラグインハイブリッドモデルを追加!

これまでどおり、2.0ℓと3.0ℓそれぞれにガソリンとディーゼルエンジンを設定すると思われます。

そして注目すべき点は、プラグインハイブリッドモデルの追加です。

アウディは2025年までに電気自動車のラインアップを拡充すると同時に、ハイブリッドやプラグインハイブリッドのモデルを全モデルに用意すると発表しています。

今回のマイナーチェンジを機に、「Q5」として初となるプラグインハイブリッドモデルを追加する可能性は高いでしょう。

プラグインハイブリッドモデルの日本導入は不明ですが、もしラインアップされれば話題になることは間違いないでしょう。

改良新型「Q5」の発表時期

ワールドプレミアから3年、日本発売からたったの2年でテスト車両が目撃された「Q5」ですが、改良新型として発表されるのは2019年中はないと思います。

おそらくモデルイヤーが切り替わる2020年9月を軸として発表されると予想されます。

ということは、9月の3ヶ月前である2020年6月のモーターショーなどでワールドプレミアが行われ、9月から生産開始、そして10月頃から納車という流れが自然でしょう。

日本発売は早くともその半年先となるので、日本での発表は2021年6月、同年9月の発売となると予想します。

まとめ

アウディ「Q5」が2021年モデルとして発売する改良新型「Q5」の情報をお伝えしました。

輸入車といえば長いスパンのモデルサイクルと日本車に無い洗練されたデザインが魅力です。

そんな輸入車も目まぐるしく変わるトレンドを取り入れる為にフェイスリフトのスパンが短くなっています。

常に最新のテクノロジーが開発されているので当然のことなのかもしれません。

もしかするとこれからの車は1つのモデルサイクルに対して1回だけではく、2回も3回もフェイスリフトが行われる時代になるかもしれませんね。

アウディ「Q5」のフェイスリフトの正式発表が楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう