アウディのレーシングモデル「R8」廃止!しかし次期後継モデルは開発予定!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

アウディのレーシング部門である「Audi Sport」が手掛ける本格レーシングモデル「R8」が廃止される予定であることがわかりました。

アウディ「R8」は2003年にフランクフルトモーターショーでコンセプトカーが披露され、2006年に発売が開始されました。

7,800回転で420PSを発生させる、4.2ℓV8自然吸気エンジンを搭載したアウディ初のハイパーカーとしてデビューしました。

2009年には、8,000回転で525PSを発生させる5.2ℓV10自然吸気エンジンを搭載したモデルを発表しています。

2016年に2代目へとフルモデルチェンジしたのを機にエンジンはV10エンジンのみに統一されました。

自然吸気エンジンならではのアクセルに忠実なレスポンスと、高回転エンジンならではの高揚感を与えてくれる高性能エンジンは数多くのユーザーを虜にしてきました。

そんなアウディ唯一のV10エンジンを持つ「R8」が廃止される方向で話が進められているようです。

また一つ車好きには悲しいニュースかと思いきや、後継モデルとなる次期型「R8」が開発される可能性があると海外の自動車情報サイトが伝えています。

今回はそんな「R8」の後継モデルに関しての情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

RS e-tron

「RS e-tron」と呼ばれると予想されている「R8」の後継モデルにはエンジンがありません。

勘のいい方はもうお気付きでしょうが、「RS e-tron」は完全な電気自動車になると予想されています。

実はアウディグループであるポルシェがクロアチアのハイパー電気自動車メーカー「リマック・アウトモビリ」に投資しています。

今後アウディグループである「アウディ」「ポルシェ」「ランボルギーニ」「ベントレー」そして「ブガッティ」への技術供給が計画されているのです。

リマックは2011年に各車輪にモーターを装備した4モーターの「コンセプト・ワン」を発表しています。

最高出力はブガッティ・ベイロンにも匹敵する1088PSにも達し、0-100km/hのタイムはたったの2.8秒でした。

そして2020年には2代目となる「C-Two」を発売予定です。

「C-Two」にも4モーターが採用されていますが、最高出力1914PSと大幅なパワーアップが施されています。

0-100km/hのタイムは驚異の1.85秒!

もはや市販車の枠を超えた規格外の速さを誇るハイパー電気自動車です。

そんなリマックのシステムを採用すると予想される「RS e-tron」ですが、出力は抑えられると思われます。

「R8」に搭載していたV10エンジンの最高出力は620PSだったので、いきなり1500PSを超えるスペックを搭載するとは思えません。

しかも、「ポルシェ」「ランボルギーニ」「ベントレー」「ブガッティ」というアウディよりも上位ブランドがある以上、「RS e-tron」のスペックを抑える必要もあります。

よって「RS e-tron」のスペックは、4モーターの950PS程度になると予想されています。

0-100km/hのタイムは2.5秒ほどとなる予定なので、「R8」の3.1秒よりを上回るスペックを手にするようです。

バッテリーは300マイル(483k)以上の航続距離を確保すると予想されているので、休日のドライブには十分なものになるようです。

スポンサーリンク

「RS e-tron」の発売時期と価格

「RS e-tron」の発売時期ですが、2023年~2024年ごろ発売されると予想されています。

アウディの2ドアクーペとして有名な「TTクーペ」は2022年を持って生産終了し、その後の生産はまだ白紙のままとなっています。

おそらく「R8」も2022年までの生産を以ってカタログから姿を消すと思われます。

「RS e-tron」の価格ですが、200,000ウーロ(約23,600,000円)以下となると予想されています。

この価格帯は「R8」のユーザーに合わせているようです。

それ以上の価格帯のハイパーカーはその他のアウディグループブランドに委ねるでしょう。

つまり、世界最速の電気自動車を作るリマックのシステムを最もお手頃価格で手に入れるには「RS e-tron」がおススメということですね。

スポンサーリンク

まとめ

アウディ「R8」が廃止され、新たな電気自動車モデルとして開発されるという情報をご紹介しました。

アウディ「R8」に搭載されていた5.2ℓV10エンジンは、グループ会社であるランボルギーニ社の「ガヤルド」にも採用されていました。

「ガヤルド」は2013年はランボルギーニ史上最多の販売台数と最大の売上額を記録した車としてニュースにもなりましたね。

2代目「R8」のエンジンも「ガヤルド」の後継モデルである「ウラカン」に搭載されています。

2019年には世界最高クラスのV10エンジン誕生10周年を記念した特別な「R8」を、世界限定222台を発売しています。

そんな高性能エンジンを搭載した「R8」が無くなり、完全な電気自動車へと生まれ変わるのはちょっと寂しい気もしますが、これも時代の流れでしょう。

とは言え、我々が想像もできないような加速力とパワーを電気自動車は発生させることが出来ます。

さらに、エンジンのような大型の内燃機関と冷却装置を必要としない為、よりデザインの幅を広げてくれることは事実です。

「R8 e-tron」は失敗に終わったので、後継モデル「RS e-tron」にはぜひ成功してもらいたいです。

「RS e-tron」非常に楽しみな一台ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう