Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

イタリアの高級スーパーカーメーカーであるランボルギーニが新型車を発表しました。

その新型車の名は「Sian(シアン)」です。

この「シアン」という名前の意味は、イタリアの美食の都として有名なボローニャの方言で「稲妻の閃光」。

ランボルギーニ社としては初となる電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルに相応しいネーミングではないでしょうか。

「シアン」はランボルギーニのトップモデル「アヴェンタドール」をベースとしてリデザインされた限定車です。

ランボルギーニ初の市販車「350GTV」が発表された「1963年」にちなんで「63」台限定で発売されます。

今回はそんなランボルギーニ初のハイブリッドモデルである「Sian」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ランボルギーニ「Sian」

ランボルギーニ「Sian」です。

ボディカラーのせいもあるかもしれませんが、かなり爬虫類系を連想させる顔立ちですね。

ランボルギーニのデザインアイコンである「Y」デザインのデイライトは、エッジを際立たせるような鋭いデザインが採用されています。

デイライトの延長線上にはブラックパネルが採用されることにより、まるで稲妻が切り裂いた後のようなユニークなデザインとなっています。

エッジの効いたボディーラインはフロントからサイド、そしてリアへと流れています。

直線的なキャラクターラインを積極的に採用したランボルギーニならではのデザインになっています。

サイドパネルにはまるで稲妻のようなサイドエアインテイクが採用されています。

ドアパネルには空気をエアインテイクに導くように深い抉られたデザインとなっています。

そしてなんといってもこのサイドフォルムの美しさには驚かされます。

コックピット側にオフセットされたフロントタイヤによってもたらされるスーパーカーならではのロングノーズ。

フロントにエンジンを搭載しないからこそ可能な低いボンネットラインの延長線上に、フロントガラスとルーフが存在しています。

今まさに獲物に飛び掛かろうとする肉食動物のような前傾姿勢のフォルムこそスーパーカーの醍醐味ですね。

「シアン」のリアビューもまたフロントマスク同様に爬虫類を彷彿とさせるデザインになっています。

曲線ではなく直線で構成されたリアデザインには「ヘキサゴン(六角形)」のリアテールライトとマフラーエンドが採用されています。

「アヴェンタドール」では「Y」シェイプのデザインだったので、まったく原形を留めていない「シアン」オリジナルのデザインとなっています。

リアフェンダーの延長線上には「63」が描かれたカーボンファイバー製のサイドウィングが採用されています。

リアウィングは可変式となっており、速度や走行モードに応じて適切なダウンフォースを発生させるように自動調整されると思われます。

リアのエンジンフードは、階段状にデザインされた強化ガラスで構成されています。

そのすぐ下には「シアン」の心臓部である「V12エンジン」を見ることが出来ます。

「V12エンジン」、良い響きですね。

「シアン」のインテリアです。

「アヴェンタドール」が基本となっているということもあり、スイッチ類は変更されていないようです。

とはいえ、ダッシュボードやルーフライニング、センターコンソール、そしてステアリングには、高級スエード「アルカンターラ」が採用されています。

センタークラスターには最新の「ウラカン」にも採用されている縦型のインフォテイメントシステムを採用し、その周りはマットカーボン製のパネルで覆われています。

ダッシュボード、ドア、そしてセンターコンソールには「Y」デザインのアンビエントライトが採用されています。

センターコンソールのニーパッド(膝あて)には「Sian」のロゴを採用する憎い演出がされています。

まさに「シアン」オーナーだけが見ることができる特別な空間が演出されています。

スポンサーリンク

「シアン」のパワートレイン

ランボルギーニ社としては初のハイブリッドモデルとなる「シアン」のパワートレインをご紹介します。

メインユニットは、「シアン」専用にチューニングされた6.5ℓV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンです。

チタン製の吸気バルブを採用するなど、とにかく予算度外視でチューニングされたエンジンは8500回転という高回転型エンジンで、その最高出力は785馬力にも達します。

さらに、この高回転型高性能エンジンとトランスミッションの間に、最高出力34馬力を発生する48Vの電気モーターが組み込まれます。

これにより、ランボルギーニの市販車として史上最強となる819馬力をいう驚異的なパワーを発生させる「シアン」の0-100km/h加速は、2.8秒以下になるということです。

このタイムもランボルギーニ史上最速となります。

ランボルギーニも電気モーターの可能性を模索していて、今後開発されるハイパワーモデルには必ずハイブリッドモデルとなるでしょう。

そうなると、エンジンをライトサイジング(ダウンサイジング)する方向になると思います。

もしかすると、「シアン」が最初で最後のV12エンジンを搭載するハイブリッドモデルとなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ランボルギーニの新型ハイブリッドモデル「シアン」をご紹介しました。

かなり攻めたデザインになっていましたね。

世界限定63台しかないモデルなのでその位目立った方がオーナーとしては良いのかもしれませんね。

一見押し出しの強いデザインのようですが、フロントスポイラー、サイドスカート、リアディフューザーなどを見ると、本格的なレーシングカーのノウハウが採用されていることが分かります。

「目立つデザインにした」というよりは、最高のパフォーマンスを追求した結果「目立つデザインになった」と考えた方が良いでしょう。

ランボルギーニ史上最強最速のハイブリッドモデル「シアン」、ぜひ一度目の前で見てみたいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう