フェラーリ初のSUV「プロサングエ」どんな車?最低でも600馬力間違いなし!

イタリアのスーパーカーメーカーであるフェラーリが2021年にSUVに参入すると正式に発表しました。

そして2022年2月22日、インスタグラム衝撃的な写真が!!

画像引用元:sportscarsbr(Instagram)

なんとフェラーリ新型SVUプロサングエの量産モデルのスクープ画像です。

最新のフェラーリデザイン言語を取り入れた芸術的な曲線から見ても、実車である可能性は高いです。

フェラーリ初のSUVプロサングエの追加情報が待ち遠しいですね。

フェラーリ最後のV12エンジン⇒フェラーリ最新限定モデルデイトナSP3は最後のV12エンジンを搭載したスーパーカーだ!

スポンサーリンク

フェラーリ初のSUVプロサングエってどんな車?(予想CG)

フェラーリがSUVに参入すると発表してから、数多の自動車メディアや媒体によってフェラーリが世に出すであろう新型SUVをあれやこれやと予想しています。

数多の自動車メディアが予想したフェラーリ新型SUVのCGを一部を抜粋してまとめてみました。

画像引用元:REC Anything

あなたはどのフェラーリSUVだったら買いますか?

私だったら「こんなんフェラーリ要素どこにもないやん!」と罵倒してしまいそうなので、何も言わずに立ち去りたいと思います。

この記事を書いている2022年2月時点では、フェラーリ新型SUVの情報は完全にブラックボックス、つまり、まったく深淵に迫る情報がない状況です。

そんな中、「2NCS」という優秀なコンピューターグラフィックデザイナーが、フェラーリ「ローマ」をベースとしたCGを公開しました。

それがこちらです!

画像引用元:REC Anything

これこそフェラーリですよね!!超カッコいいです!!!

という事で、今回はフェラーリが世に送り出す新型SUVのCGを見て、妄想して思いっきり楽しんでみたいと思います。

スポンサーリンク

フェラーリ新型SUV「エクステリア」

フェラーリ新型SUVのエクステリアです・・・・と言っても公式でなく「2NCS」さんが作成した予想CGがです。

画像引用元:REC Anything

もう一度言いますが、この画像は「2NCS」さんがデザインしたフェラーリ新型SUVの予想CGです。

フェラーリ「ローマ」をベースとしていますが、いや、マジでカッコいいです!惚れました!!

フェラーリらしいヘッドライトと航空力学に基づいた実用的なフロントバンパーなど、一見してフェラーリとわかるデザインが織り込まれています。

とにかく、SUVにフェラーリのデザインアイコンを取り入れても、尚、フェラーリらしさが破綻していないCGになっているのが素晴らしいと思います。

もちろん、細かく見れば、アウタードアハンドルがないとか、ドアミラーベースがしょぼいとか、ツッコみどころはあります。

あくまで予想CGなので、「こんなフェラーリのSUVだったらカッコいいな」程度で見てください。

画像引用元:REC Anything

「2NCS」さんがデザインしたフェラーリ新型SUVの予想CGのリアビューです。

一瞬ですが、俳優の阿部寛さん、もしくは、歌手の平井堅さんが頭をよぎったのは私だけでしょうか?

映画「テルマエ・ロマエ」に出てきそうなダビデ像のような濃ゆい顔になっています。

確かにフェラーリらしいテールライトを採用していますが、これじゃない感があります。

特に、テールライトの下にあるエアアウトレットらしきものと横のデザインは不要ですね。

あくまで予想CGですが、バックパネルがやかましい印象を受けます。

まぁ、散々言いたい放題言ってますが、私自身まったくCG作成する技術を持ち合わせていませんので、私は「2NCS」さんとその才能に敬意を示します。

「2NCS」さん、素晴らしいCGを作ってくれて、ありがとうございます。

カッコいいSUV⇒【最強最速SUV】アストンマーティンDBX707の日本発売はいつ?販売価格はいくら?

スポンサーリンク

フェラーリ新型SUV「インテリア」

画像引用元:REC Anything

フェラーリ新型SUVのインテリアについても、全く情報がありません。

しかしながら、フェラーリ「ローマ」のインテリアをもっとブラシュアップしたものになると予想します。

すでに洗練されたデザインをどこまで突き詰めてくるのか?

どんな新しいシステムが採用されるのか?

フェラーリ新型SUVへの期待が膨らみますね。

フェラーリ新型SUV「パワートレイン」

画像引用元:REC Anything

フェラーリ新型SUVモデルに搭載されるパワートレインを予想します。

予想されるパワートレインは、ツインターボで武装された「V6」「V8」「V12」、そして「プラグインハイブリッド」がラインアップされる可能性があります。

その根拠は、この予想CGがフェラーリ「ローマ」をベースとしていることです。

例えば、GTに搭載されている612馬力と760Nmのトルクを発生する3.9ℓV8を搭載すれば、スペックも実績も申し分ない上に新開発する必要もありません。

もちろん、フェラーリ新型SUVは独自の四輪駆動システムで武装されることになるので、走破性は折り紙付きとなるでしょう。

という事で、フェラーリ新型SUVを色々と妄想してみました。

フェラーリがSUVに参入するってことは、それだけSUVという車に安い高い関係なく需要があるということなんでしょうね。

フェラーリ新型SUVの正式発表に期待しましょう。

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND