アウディ「Q8」プラグインハイブリッドの日本発売日はいつ?価格はいくら?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ドイツのプレミアムブランドのアウディが、ハイエンドSUV「Q8」にプラグインハイブリッドモデルを設定しています。

アウディ「Q8」は日本でも注目を集めているクーペSUVの頂点に位置するグレードです。

アウディQ8のサイズは、全長499cm、全幅199cm、全高170cmとビッグサイズです。

ロング&ワイド&ローのスタイリッシュプロポーションとアウディの最新のデザイン意匠によって、洗練されたスポーティな印象を受けます。

現在日本で発売されているアウディQ8には3.0ℓV6ターボのガソリンに48Vの電気モーターを搭載したマイルドハイブリッドです。

最高出力は340馬力、最大トルクは500Nmを誇ります。

2021年には最高出力600馬力を誇る高性能エンジンを搭載した「RSQ8」もラインアップされます。

アウディのプラグインハイブリッドである「Q8 e」に搭載されるパワートレインは、日本でも導入されている3.0ℓV6ターボのガソリンに、最新のEuro6をクリアした100kWの電気モーターと17.8kWhのリチウムイオンバッテリーパック組み合わせたユニットになります。

トータル出力は、381馬力(280 kW)と600 Nmという大トルクを発生させる優秀なパワートレインです。

今回は「Q8」のプライグインハイブリッド(PHEV)の日本発売日と価格を予想したいと思います。

スポンサーリンク

アウディ「Q8」プラグインハイブリッドの日本発売日はいつ?

アウディ「Q8」プラグインハイブリッドの日本発売日は、2022年前半と予想します。

アウディ「Q8」プラグインハイブリッドはすでに本国では発売されているのですが、日本導入には少なくとも1年以上の時間を有する可能性があります。

もっと言うのであれば、日本への導入自体全く決まっていない状態です。

今のところ欧州だけの発売に留まっているのが現状です。

とは言え、電気自動車用の高速充電器のインフラが整っているアメリカとは違い、日本ではまだまだ電気自動車には酷な国です。

だからこそ、電気も使えてガソリンで動くプラグインハイブリッドは導入するべきと思います。

アウディジャパンも同じ気持ちならきっとアウディ「Q8」プラグインハイブリッドを日本に導入していくれるという前提です。

もし本当にアウディ「Q8」プラグインハイブリッドが日本に導入されるのであれば、2021年後半に日本導入が発表され2022年前半に発売すると予想します。

スポンサーリンク

アウディ「Q8」プラグインハイブリッドの日本発売価格はいくら?

アウディ「Q8」プラグインハイブリッドの日本販売価格は、1100万円前後になると予想します。

本国の3.0ℓエンジンを搭載した「Q8 55TFSI quattro」の販売価格は75.001,68 EUR(約922万円)となっています。

プラグインハイブリッドである「Q8 TFSIe」の販売価格は75.351,26 EUR(約927万円)とほぼ変わらない価格となっていますが、標準装備が「Q8」と同じとは限りません。

価格のスタートを「Q8」と同じにして装備をオプションで追加していくと仮定すると、どう考えてプラグインハイブリッドの方が高額になることは必至でしょう。

日本仕様の「Q8」は1010万円から設定されているので、プラグインハイブリッドというブランド力を考慮すると90万円アップの1100万円あたりが妥当ではないかと考えます。

スポンサーリンク

アウディ「Q8」プラグインハイブリッドってパワートレイン

アウディ「Q8」プラグインハイブリッドに搭載されているパワートレインについてご紹介します。

冒頭でもご紹介した通り、プラグインハイブリッド「Q8 TFSIe」に搭載されるのは3.0ℓV6ターボのガソリン+最新のEuro6をクリアした100kWの電気モーターと17.8kWhのリチウムイオンバッテリーパック組み合わせたユニットになります。

トランスミッションは日本仕様と同じ「8速ティプトロニック(トルクコンバーター式AT)」です。

このハイブリッドユニットは最高出力381馬力と最大トルク600Nmを発生させるので、通常モデルと比較すると「プラス41馬力」と「プラス100Nmのトルク」アップになります。

ちなみにメーカーの公表によれば「Q8 TFSIe」の0-62mph(0-100kn/h)の到達タイムは5.8秒で、ガソリンモデルである「Q8 55 TFSI quattro」のタイムは5.9秒となっています。

走行性能にはあまり差を感じることはできませんが、「燃費」は別です。

ガソリンの「Q8 55 TFSI quattro」の燃費は「8.9-8.6ℓ/100km」と記載されています。

これが意味するのは「100km走行するのに8.6~8.9ℓのガソリンが必要」ということです。

これを1ℓあたりにすると「11.2~11.6km/ℓ」です。

次にプラグインハイブリッド「Q8 TFSIe」の燃費は「2.8-2.6ℓ/100km」、つまり「35.7~38.4km/ℓ」となります。

エンジンパワーは僅差ですが、燃費ではプラグインハイブリッド「Q8 TFSIe」が3倍の差をつけて圧勝です!

この燃費は日本人には受け入れられると思います。

アウディ「Q8」にトヨタのプリウス並みの低燃費で乗れるというのは素晴らしいです。

アウディのプラグインハイブリッド「Q8 TFSIe」の日本導入と発売に期待しましょう。

画像引用元:Motor1.com
ソース:Audi Deutschland

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう