新型アウディA3スポーツバックの日本発売価格はいくら?グレードは?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

アウディのコンパクトモデルである新型アウディA3スポーツバックが世界中で売れに売れているようですね。

特に台数が売れているモデルということもあって、アウディが新型A3スポーツバックに投入する最新技術やシステムも注目すべき点です。

まず世界中のメディアが高評価をしているのは、新型アウディA3スポーツバックの走行性能です。

アウディA3スポーツバックにはアウディ最新のMQBプラットフォームが採用されることによって、軽量かつ高剛性なシャシとなっています。

その上品でありながらステアリング操作に忠実なハンドリングと乗り心地は、最も高品質なプレミアムコンパクトハッチバックモデルであると評されています。

デザイン面でおいては、直線が目立つエクステリアもさることながら、インテリア全体の「高品質な素材」「革新的な技術」そして「最新のデジタル機器」に高評価を得ています。

世界中で高評価を得ているアウディA3スポーツバックは2020年3月にワールドプレミアされてるのですが、日本には未導入となっています。(2020年10月現在)

今回はそんな日本導入が待ち遠しい新型アウディA3スポーツバックの日本仕様の価格と用意されるグレードを予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

新型アウディA3スポーツバックの日本販売価格

まず気になるのは新型A3スポーツバックの日本販売価格です。

新型A3スポーツバックの日本販売価格は最低でも350万円以上と予想されています。

その根拠をドイツ本国の新型A3スポーツバックから推測しましょう。

2020年10月現在のドイツ本国では「ガソリン」「ディーゼル」「PHEV」「天然ガス」の4つのパワートレインが存在するのですが、全部日本に導入されることはないと考えます。

まず日本仕様では、天然ガスを使用する「g-tron」は導入しないでしょう。

PHEVに関してはいずれ導入されるかもしれませんが、最初に日本導入される可能性が高いのは「ガソリン」と「ディーゼル」です。

ガソリンエンジンには110馬力を発生させる「1.0L直列3気筒ターボ」と150馬力を発生させる「1.5L直列4気筒ターボ」の2タイプあります。

最もエントリーグレードなる「30TFSI」には1.0L直列3気筒ターボのガソリンエンジンが搭載されているのですが、このグレードがすでに350万円です。

日本仕様で1.0Lを導入しているモデルはアウディの最もコンパクトなモデルである「A1スポーツバック」と最もコンパクトなSUVモデルである「Q2」の2車種のみ。

どちらもアウディのエントリーモデルとなります。

アウディA3スポーツバックは幅広いユーザーに人気のある車種なだけに「1.0L」エンジンの導入の可能性も高いと思われます。

一方で、アウディA3スポーツバックの同グレードとしてラインアップされている新型Q3/Q3スポーツバックに導入されているパワートレインは、「1.5Lガソリン」と「2.0Lディーゼル」の2つのパワートレインです。

新型A3スポーツバックがそのグレードの位置の確立を優先させるのであれば導入されるエンジンは「1.5Lガソリン」と「2.0Lディーゼル」と考えることもできます。

ちなみに「1.0L」と「1.5L」のガソリンエンジンと「2.0L」のディーゼルエンジンのドイツ本国販売価格を見てみると。

1.0Lガソリンエンジンの「30TFSI」は、3,45,3,095円

1.5Lガソリンエンジンの「35TFSI」は、3,704,884円

そして2.0Lディーゼルエンジンの「35TDI」に至っては、4,184,480円となっています。

これらの価格は最も安価な「base」グレードの価格なので、「advanced」や「S line」となるとさらに価格が上がります。

もし新型A3スポーツバックに「1.0L」がラインアップされれば350万円~となりますが、「1.5L」となれば日本販売価格は370万円以上~となります。

「ナビゲーション」をはじめ「バックカメラ」や「安全装備」などは標準装備ではありません。

個別でオプションを追加していくと、少なくとも40~50万円はオンしなければならないでしょう。

そうなると新型A3スポーツバックの車両価格は400万円以上になりそうです。

新型になり良くはなっているとはいえ、価格アップは覚悟しなければならないようですね。

スポンサーリンク

新型アウディA3スポーツバックの日本仕様グレード

新型アウディA3スポーツバックの日本仕様のグレードはドイツ本国と同じ3グレードになると予想されます。

アウディA3スポーツバックのエントリグレードとなる「base」。

アウディA3スポーツバックの売れ筋モデルとなる「advanced」。

そして、上位グレードとなるスポーティなデザインがウリの「S line」の3タイプです。

それではそれぞれのグレードを細かく予想していきましょう。

新型アウディA3スポーツバック「base」グレード

新型アウディA3スポーツバック「base」グレードは素体となるので、車として「必要最低限の装備を有している仕様」と考えて良いでしょう。

「ナビゲーションシステム」をはじめ、「バックカメラ」や「コーナーセンサー」などの快適装備は別途オプション設定になると思います。

ドイツ本国仕様の「base」グレードと新型A1/Q3の日本仕様のグレードを参考にして日本仕様の標準装備を予想すると下記のようになります。

新型アウディA3スポーツバック「base」グレードの標準装備
16インチアルミホイール LEDヘッドライト(一部バルブ球) 手動ファブリック標準シート
電動格納サイドミラー マニュアルエアコン リモコンキー(イモビライザー付き)
アクセサリーソケット(12V) デジタルクラスター ラジオ&オーディオプレーヤー(6スピーカー)
電動パーキングブレーキ オートマチックトランスミッション(S-tronic) 後席トランクスルー

まさにこれ以上もこれ以下もないであろうというベースグレードです。

必要最低限のオプションでアウディA3スポーツバックに乗りたいのであれば「base」グレードを選びましょう。

新型アウディA3スポーツバック「advanced」グレード

新型アウディA3スポーツバックの最も売れ筋グレードとなるであろう「advanced」を予想してみます。

ドイツ本国の「advanced」の装備と新型A1/Q3の日本仕様のグレードを参考にして日本仕様の標準装備を予想すると下記のようになります。

新型アウディA3スポーツバック「advanced」グレード標準装備(「base」グレードに加え)
17インチアルミホイール パーシャルレザー(人口革)への選択可能 フルLEDヘッドライト
キーレスエントリーシステム advanced専用バンパー グリルなどのハイグロスブラック塗装

本国仕様では「base」グレードと同じLEDヘッドライトが標準装備ですが、日本仕様ではグレードアップされた「フルLEDヘッドライト」が採用される可能性が高いですね。

プッシュボタンでエンジンスタート/ストップシステム、もしくは、オプションでレザーシートなどの快適オプションを選びたいのであれば「advanced」にする必要がありそうですね。

ちなみに、「advanced」を直訳すると「高度」や「先進的」という意味です。

より良い装備やオプションを選択したのであれば「advanced」一択となりそうです。

新型アウディA3スポーツバック「S line」グレード

アウディA3スポーツバックの最上位グレードとなる「S line」です。

「S line」はスポーティなエクステリアが特徴的なグレードとなります。

アウディの「S line」をライバルのグレードで例えると、メルセデスベンツの「AMGパッケージ」やBMWの「Mスポーツパッケージ」に該当します。

要するに新型アウディA3スポーツバックの最もカッコいいグレードというわけです。

ドイツ本国の「S line」の装備と新型A1/Q3の日本仕様のグレードを参考にして日本仕様の標準装備を予想すると下記のようになります。

新型アウディA3スポーツバック「S line」グレード標準装備(「advanced」グレードに加え)
18インチアルミホイール S line専用バンパー センターアームレスト
アンビエントライト ドライブセレクト スポーツサスペンション

本国使用の「S line」には17インチアルミホイールが採用されていますが、日本仕様では18インチへとインチアップされる可能性が高いでしょう。

他にも、スポーティな演出をするために「スポーツサスペンション」や走行モードを選択できる「ドライブセレクト」が追加されると思われます。


画像引用元:Audi Deutschland

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう