Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、Mです。

車好きの私はネットで中古車を見るのが好きです。

興味のある車から買えもしない超高級スーパーカーまでチェックします。

「この車カッコいいなぁ。こんな車が買えたらどこ行こうかなぁ。」などと妄想を膨らませて楽しんでいます。(笑)

そんな中古車のリストに「登録済み未使用中古車」というものが存在します。

初度登録は半年以内で、走行距離は1~50km程度のものばかりです。

国産車では軽自動車なのによく見られる言葉かもしれません。

小型車以上では国産車ではなく、輸入車に多く存在しています。

以前は「新古車」と呼ばれていましたが、色々と誤解を招く恐れがある為、現在では使用が禁止されています。

登録済みなので「新車」ではなく「中古車」なのです。

中古車とはいえ、登録されただけで一切使用されていない車なので「登録済み未使用中古車」と呼ばれているわけです。

特に驚くべきはその価格です。

「登録済み未使用中古車」の価格が新車を買うのが馬鹿馬鹿しくなるほど安いんです!

登録済みなので「中古車」にはなりますが、登録から半年で走行距離は50km未満の車です。

今回はそんな限りなく新車に近い中古車である「登録済み未使用中古車」がなぜ格安で販売できるのか?

そして「登録済み未使用中古車」を購入するメリットとデメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

「登録済み未使用中古車」が格安な理由とは?

ずばり、「登録済み未使用中古車」が格安で販売されている理由は販売店の都合だからです。

「えっ、どういうこと?」と思った方も多いことでしょう。

もっと噛み砕いてご説明しましょう。

メーカーとの約束

あなたの街にある各メーカーの販売店、いわゆる「ディーラー」はメーカーとライセンス契約を行っています。

当たり前の話ですが、販売店はメーカーの許可なく勝手に看板を上げることは出来ません。

ましてや、メーカーから直接車を卸してもらうことも出来ません。

だからライセンス契約を結ぶ必要があります。

しかし、このライセンス契約というのが「メーカーの看板も、商品を卸すのも、販売も許可する代わりに、約束してね」という悪魔の契約なのです。

その「約束」というのが「販売台数」です。

メーカーはディーラーが約束する「販売台数」を基に生産台数を算出します。

その生産台数から今年の売り上げと収益を予想する「事業計画書」を作成します。

分かりやすく言うと、メーカーは「事業計画書」通りに進める為に販売店にノルマを課しているのです。

そのノルマを達成するために販売店は涙ぐましい努力をしています。

直接お客様に販売出来ればいいのですが、そう簡単には計画通りに行かないものです。

さらにメーカーは前年の販売台数の110%という要求をしてきます。

営業マンの検討空しく、計画台数に届かなければメーカーに怒られる!

せめて約束した台数だけは責任を持ってやらなければ!

期日末のタイミングで不足している登録台数を把握し、会社が在庫車を登録するのです。

そうです、これが「登録済み未使用中古車」が作られる理由の一つです。

まさに自分の足りないノルマを自分で契約するという「自爆営業」です。

メーカーインセンティブ

いくら計画台数に届かないとはいえ、「自爆営業」ほどのメリットがあるのでしょうか?

それが有るんです!

販売店はメーカーから自己申告した計画を基にノルマが課せられます。

ノルマは厳しいものですが、ノルマを達成すれば甘~いご褒美が待っています。

それが「メーカーインセンティブ」です。

販売店がノルマを達成すると、ご褒美として「期間中に登録した台数×〇万円」といったインセンティブが付きます。

当然ノルマを達成しなければ出ることのないご褒美です。

あと5台でノルマ達成というところまで来ていたら、利益度外視でも達成したいと思うでしょう。

原価で売ろうとしても、そんなに都合よく車を買いたい人がいるわけではありません。

だから販売店が自分で自分の車を買って登録する「自社登録」という手段を用いるわけです。

「登録済み未使用中古車」が安い理由

いよいよ本題ですね。

販売店は登録した車をどうするかというと「中古車」として販売するしかありませんよね。

これが「登録済み未使用中古車」です。

販売店としてはこの「登録済み未使用中古車」を現金化したいわけです。

よって、価格は「原価」で構いません。

なぜなら「メーカーインセンティブ」を見越しているからです。

ノルマの登録台数を達成するれば、販売店は登録台数に対して1台あたり〇万円のご褒美がもらえます。

つまり、「登録済み未使用中古車」を原価で販売しても、会社としてはメーカーインセンティブ分の収益を確保するとこが出来るわけです。

例えば、ノルマの登録台数が20台で、達成によるメーカーインセンティブが台当たり1万円だったとすると販売店は20万円の追加利益を得ることが出来ます。

メーカーインセンティブが台当たり2万円なら40万円、3万円なら60万円、さらにもっと台数があったとしたら・・・・・。

販売店からすると達成しないのと達成するのでは大きく収益が異なります。

まさに「損して得取れ」というやつですね。

つまり、販売店からすると「登録済み未使用中古車」はメーカーインセンティブを獲得する手段に過ぎないのです。

だから「登録済み未使用中古車」が新車に比べて大幅に安いというわけです。

多くのディーラーは大手の中古車販売店に「登録済み未使用中古車」を原価で卸し、即現金化する販売店もあるようです。

中には「登録済み未使用中古車」を自社で販売することで、多少なりの利益を得る販売店もあります。

販売網はそれぞれですが、「登録済み未使用中古車」は販売店の都合で作られているとは言え、とてもお得な中古車であることは間違いありません。

スポンサーリンク

「登録済み未使用中古車」を購入するメリットとデメリット

価格が安い「登録済み未使用中古車」ですが、購入するメリットとデメリットを考えてみましょう。

「登録済み未使用中古車」を購入するメリット

価格が安い

「登録済み未使用中古車」の最大の特徴は価格の安さです。

国産メーカーであれば、軽自動車やコンパクトーカーなどが新車価格から20~30万円安く販売されています。

輸入車では新車価格から100万円以上安く販売されていることもあるようです。

「新車」に固執しなければ、「登録済み未使用中古車」でも十分でしょう。

ボディカラーやオプションが好みのものがあれば、ぜひ検討してみましょう。

中古車と言えども新車同然

「登録済み未使用中古車」は「中古車」です。

しかし、登録されているだけであって新車と同じように「未使用」であることは間違いありません。

「新車」に固執しなければお得に買うこともできます。

「登録済み未使用中古車」を購入するデメリット

希望の車種が無いことがある

「登録済み未使用中古車」は全メーカーの全車種で用意されることはありません。

販売店の台数稼ぎなので、在庫車で比較的「安価」な車種が「登録済み未使用中古車」となります。

国産車メーカーで言うと、軽自動車や車両価格が200万円以下のコンパクトカーなどが多くみられるのはそのためです。

なので、「登録済み未使用中古車」のSUVやミニバンなどを探しても中々お目にかかれないかもしれません。

また、メーカーオプションやカラーも自由に選ぶことが出来ないので、拘りがあるのであれば多少高くても新車を検討した方が良いかもしれません。

下取価格が安いかも?

「登録済み未使用中古車」の場合、新車と違って車検証の「初度登録」と「登録年月日」に相違があります。

また、点検記録簿にある保証書にもセカンドオーナーとして記載されるので、「中古車」ということは容易に確認できます。

よって、査定価格が安くなることがあるので覚悟が必要です。

とは言え、査定額はその時々の流行りに左右される場合が多いので人気のある車種であればあまり影響はないかもしれません。

「安く買ったんだからその分下取も安くなる」と思っておくと気持ち的に楽になるかもしれませんね。

登録諸費用がやたら高い

中古車専門店などで「登録済み未使用中古車」の見積もりを取ると意外と諸費用等が高いという話をよく聞きます。

「登録済み未使用中古車」の最大の「売り」は安さです。

よって車両にあまり利益を乗せることが出来ません。

そこで白羽の矢が立ったのが「登録諸費用」「ナビゲーションシステム」「取り付け工賃」「点検パック」の料金です。

このような登録諸費用等も販売店の重要な収益源となります。

「登録済み未使用中古車」の安い価格設定にばかり目が行きがちですが、気づけば新車とあまり変わらない見積もりが出てくることもあります。

車両価格だけに囚われず、支払の内訳を理解して冷静に判断することも必要です。

車検が早く来てしまう

初回車検は初度登録日から3年後です。

「登録済み未使用中古車」は当然ながら登録されているので、車検期日へのカウントダウンは始まっています。

初度登録から半年経過した「登録済み未使用中古車」であれば、まだ2年半車検期日まで猶予があります。

しかし、10ヶ月、そして1年と経過した「登録済み未使用中古車」であれば、約2年しか車検が残っていない計算になります。

せっかく車を買ったのに、あっという間に車検が来てしまうなんてこともあります。

「登録済み未使用中古車」の購入では、オプションやカラー、価格だけではなく、初度登録日と車検日も考慮する必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

「登録済み未使用中古車」が安い理由と購入するメリットとデメリットをご紹介しました。

車を購入する側にとって価格は重要なことです。

欲しい車が安く買えるならそれに越したことはありません。

「登録済み未使用中古車」は販売店の都合で作られます。

新車より安いその「登録済み未使用中古車」を買いたいというユーザーも沢山います。

しかし、そうすると「新車」が売れなくなり、また販売店は「登録済み未使用中古車」を作ってしまいます。

ある意味「必要悪」なのかもしれませんが、「登録済み未使用中古車」を作ることによって、販売店は自分の首を自分で絞めてしまっているのが現状です。

この様なことから、各メーカーでは「登録済み未使用中古車」の台数や価格を規制する動きが強まってきています。

「登録済み未使用中古車」が無くなることはないと思いますが、これまで以上に拘った一台に出会えなくなるかもしれませんね。

「登録済み未使用中古車」のメリットとデメリットをしっかりと理解して、最高の一台を手に入れましょう。

自動車の購入をご検討のあなたへ

自動車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう