Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、Mです。

2018年のLAモーターショーでワールドプレミアされた「マツダ3」は世界中でそのデザインに高評価を得ているようです。

日本では「マツダ3」というネーミングに馴染みがありませんよね。

要するに「マツダ3」とは「アクセラ」のことです。

マツダのCセグメントモデル「アクセラ」が4代目へとフルモデルチェンジを果たしました。

このモデルチェンジを機に「アクセラ」という車名を世界での名称である「マツダ3」にするようです。

昨今のマツダの快進撃には目を見張るものがありますよね。

広島に本社を置くマツダは、「トヨタ」「ホンダ」「日産」と比べれば、決して大きくない自動車メーカーだったのですが、「誰からも好かれる車」を作るのをやめて、「好きな人だけ買ってくれる車」を作ったらバカ売れし始めたという珍しい事例を作ったメーカーです。

デザインを割り切ったらそれが正解だったというわけですね。

ちなみに、マツダがデザインの参考にしたメーカーはドイツの自動車メーカー「アウディ」だと言われています。

コンパクト、SUV、フラッグシップセダンに至るまで一貫したデザインを追求しているあたりなどよく似ているところがあります。

そんなマツダですが、新型マツダ3に採用されたデザインはもしかすると本家である「アウディ」を凌駕するものになったかもしれません。

少なくとも日本車として見ると、デザイン力では頭2、3個抜きに出ていると思えるほどです。

「この車カッコいい!」

と思ったあなたはマツダ3がいつ日本で発売され、価格はいくらなのか気になっているはずです。

それでは早速、新型アクセラ改め、マツダ3の日本で発売時期と価格を見てみましょう。

スポンサーリンク

新型マツダ3日本発売時期は?

まずは、いつ日本で発売されるのかを予想してみましょう。

グローバル戦略車ということもあり、アメリカでワールドプレミアとなった新型マツダ3の日本導入は気になるところですよね。

2018年当初、日本導入は「2019年半ば」と予想されていましたが、2019年3月現在でわかっている事は、日本正式発表は2019年4月とのこと!

そして発売は2019年5月になりそうです。

しかも2019年3月現在、一部タイプを除き見積もりも可能とのこと。

ちなみにセダンはハッチバックの発売から3ヶ月遅れで発売される予定となっています。

スポンサーリンク

新型マツダ3の日本発売価格は?

新型マツダ3においてもボディラインアップはこれまでと同様に「ハッチバック」と「セダン」が設定されます。

3代目アクセラのエンジンラインアップは、1.5リッターのガソリンエンジンを主体に、1.5リッターと2.2リッターのディーゼルエンジン、2.0リッターハイブリッドエンジンの計4種類でした。

それに対して、アメリカで発表された新型マツダ3には、1.5リッターと2リッター、そして2.5リッターのガソリンエンジンや、1.8リッターのディーゼルエンジン、そして圧縮着火のガソリンエンジンに24Vのモーターアシストを組み合わせた「スカイアクティブX」を用意している模様です。

一気にエンジンラインアップが充実しましたね。

とはいえ、2.5リッターガソリンエンジンは完全にアメリカ仕様のみの設定であり、日本導入はなさそうですね。

日本での主流派やはり2.0リッター以下の排気量となると思われます。

ちなみに、北米仕様の価格は、ハッチバックが23,600ドル~28,900ドル、そしてセダンが21,000ドル~27,900ドルとアナウンスされています。

もちろんエンジンによって値段は変化しますが、北米価格から予想すると日本仕様の価格は、新型マツダ3のハッチバックで2,650,000円から、セダンは2,530,000円からと予想されていました。

実際のところ、日本仕様では1.5リッターと2.0リッターのガソリンエンジンと1.8リッターディーゼルエンジン、そしてマイルドハイブリッドシステムを搭載したSKYACTIV-X2.0ℓの合計4種類となります。

エントリーモデルとなるマツダ3「15S」の日本販売価格は2,181,000で、先代モデルの「15C」の1,825,200円と比べると355,800円高くなるといういことになります。

新型マツダ3の導入による値上がりは必須といったところですが、デザイン性と走行性能の向上に加え、インフォテイメントシステムや安全装置といった付加装置を考えると致し方ないといったところでしょうか。

先代モデルでは1.5リッターエンジンが主流だったのですが、新型マツダ3では「2.0リッターガソリンエンジン」と「1.8リッターディーゼルエンジン」の販売にシフトするようです。

ハッチバック発売から3ヶ月遅れて導入される「セダン」には1.5リッターガソリンエンジンはラインアップされない様なのでご注意を!

新型マツダ3の目玉となる新開発のマイルドハイブリッドエンジンを搭載した「SKYACTIV-X」の車両価格は約314万円〜約363万円と高額なものとなるようです。

メルセデスベンツAクラスやアウディA3スポーツバックも検討できる金額になるので、欧州車に対抗できるデザイン相応の車両価格帯に設定されている様ですね。

スポンサーリンク

新型マツダ3のエクステリア

2018年のLAモーターショーでも話題となった新型マツダ3のエクステリアを見てみましょう。

フロントマスクですが、ひと目で「マツダ」と認識できるくらい「マツダワールド」全開のデザインですね。

モデルチェンジが行われるたびに鋭さを増すヘッドライトとアウディのシングルフレームグリル並にマツダのデザインアイコンとなった大型のグリルが確認できます。

スポーティと言われる車のデザインには必ず採用されるフロントバンパーのサイドエアインテイクですが、新型マツダ3には見うけられません。

そのせいもあり、グリルとヘッドライトの存在感が増して、精悍な雰囲気を演出しています。

新型マツダ3のワールドプレミアにおいてもう一つ話題になったのは、プレスラインのないエクステリアパネルです。

殆どのメーカーがショルダーラインやキャラクターラインを採用しているのに対して、新型マツダ3では「面」のみで構成されたサイドビューを持っています。

このデザインはメルセデスベンツにも見られる手法で、シンプルでありながら緩い曲線のみで構成される「くびれ」が特徴的なフォルムを形成しています。

新型マツダ3のウィンドとCピラーの仕上げはまるでイタリアのスーパーカーメーカーであるフェラーリ「FF」を彷彿とさせる綺麗な仕上がりとなっていて、個人的にはお気に入りのポイントです。

日本車にありがちな、窓の大きい見晴らしのいいデザインではなく、車の美しさを優先した非常に勇気あるデザインだと思いますが、そこが新型マツダ3が世界中で話題になっている理由の一つでしょうね。

リアビューです。

先代のアクセラの面影を残しつつ最新のデザイン言語を取り入れたものとなっています。

ショルダーラインがないフラットな側面からは、シンプルでありながら洗練されたフォルムによる大人の落ち着いたオシャレなコンパクトハッチバックと言った印象を受けます。

フロントマスク同様にとにかく無駄な装飾がないところがかえって新型マツダ3の存在感を高めてくれているようです。

正直、マツダのエンブレムを取ったら欧州車と言い張れるほどのセンスが光るデザインとなっていると思います。

新型マツダ3のインテリア

新型マツダ3のインテリアです。

以前からマツダのインテリアはまるで欧州車のようなデザインを取り入れていたので、今更珍しくもないのですが、インテリアに採用されてい「ステッチ」の使い方が抜群に良くなっていますね。

ダッシュボード中央に構えるのは「パネル」ではなく「ステッチ」が施されています。

車両本体価格的にも本物のレザーではないとは思いますが、この「ステッチ(風)」のデザインがあるのとないのではインテリアの高級感に雲泥の差を生みます。

このメルセデスベンツもこのステッチの使い方が非常に上手ですね。

マツダが欧州車のデザインを研究し、取り入れていることが分かります。

新型マツダ3のメーターパネルは3眼式となっていて、一部改良を受けた「アテンザ」や「CX-8」などと同じく、中央が速度計の機能を兼ねたTFT液晶ディスプレイとなっています。

センターコンソールは「アウディ」で、ナビ周りが「BMW」、インテリアの装飾は「メルセデスベンツ」といいとこどりのインテリアという表現が正しいのかは分かりませんが、とにかくマツダが良いと思うものを取り入れた最新のインテリアとなっています。

まとめ

新型マツダ3がワールドプレミアされ、マツダのデザイン力の高さに世界中から注目を浴びています。

これまでCセグメントの絶対王者はフォルクスワーゲン「ゴルフ」だったのですが、胡坐(あぐら)をかいてはいられなくなりそうです。

先行して新型マツダ3のアメリカで開催された試乗会の試乗記に目を通すと、その乗り心地と静粛性にかなりの高評価を得ている印象を受けました。

中には「ゴルフを上回る足回り」と絶賛する声もあるなど、デザインだけではなく車としての完成度もかなり高いものになっているようです。

マツダのデザイン本部長が「チーターの美しい走りをベースにデザインをしている」と語っている様に、美しく伸びた手足とくびれのある曲線美を持ち合わせるデザインになっていると思います。

日本発表は4月で、発売は5月という情報なので、新型マツダ3を狙っている方には朗報となりそうですね。

新型マツダ3は個人的にもかなり興味ある車の一つですので、日本発売を楽しみにしています。

マツダの購入をご検討のあなたへ

車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

しかも、買い取り業者さんが来る度、「希望額はいくらですか?」「修理箇所はないですか?」「いつ引き取れますか?」「他に査定依頼してますか?」「今のところ一番高い金額はいくらですか?」などなど、毎回同じ説明しなければなりません。

私の感想ですけど、正直、

マジで、面倒くせ~

というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう