日産が新型SUV「マグナイト」を発表!日本発売日はいつ?価格はいくら?

日産の新型SUV「Magnite(マグナイト)」が2020年10月21日にワールドプレミアを迎えました。

新型SUV「マグナイト」は2020年7月にコンセプトモデルが発表されているのですが、なんと全長4メートル以下というコンパクトSUVであることが分かっていました。

ちなみに、「マグナイト」というネーミングの由来は、「Magnetic(マグネティック)=人を惹きつける/魅力的」と「Ignite(イグナイト)=点火/発火させる=」を組み合わせた造語です。

つまり「マグナイト」に込められた意味は「一目見ただけで欲しいという衝動を燃え上がらせるような魅力的なデザインと性能を持っている車」という解釈だと思います。

満を持して日産が発表した新型の小型SUV「マグナイト」ですが、実はインド市場に焦点を当てた車になっています。

「えっ?全長4メートル以下の小型SUVが発表されたと思ったら、インドだけでしか発売されないの?」

残念ながら今のところインドのみの発売となっています。

しかしこの新型SUV「マグナイト」は、設計は日本で行っています。

さらに、走行テストは日産のスペシャルモデルである「GT-R」も行う日産の栃木試験場で行われているのです。

おそらく日産は「マグナイト」をインド専用の車として考えていないと思います。

全長4メートル以下のSUVなんてインドのみならず、日本でも重宝されることは目に見えているからです。

ということで、今回は日産の新型SUV「マグナイト」が日本でも発売される前提で、日本での発売日と発売価格を予想したいと思います。
[dfads params='groups=102&limit=1&orderby=random']

スポンサーリンク

新型SUV「マグナイト」の日本発売はいつ?

日産の新型SUV「マグナイト」の日本発売日は、2021年9月頃になると予想します。

その根拠は、今のところ新型SUV「マグナイト」の生産がインド工場のみで行われるという点です。

新型SUV「マグナイト」は、「インドのお客様の要件を念頭に置いて、日本で特別に設計されたモデル」とインドのマネージングディレクターが語っています。

つまり「マグナイト」は、インド市場向けの車両として開発された車両であることに間違いありません。

しかしながら、日本で「設計」と「テスト」を行っているということは、少なくとも日本市場での発売を見越してのことであると考えることも出来ます。

日産の計画としては、2021年初頭にインドで発売開始し、「グレード」や「オプション」の売れ行きの傾向を調査します。

それから日本でのモデルのみならず、グローバルモデルへの展開を模索すると思われます。

ということであれば、市場調査に3ヶ月ほどの期間が必要となるでしょう。

さらに、「マグナイト」の日本での生産に向けての工場の誘致、もしくは製造ライン増設などに3ヶ月ほどの期間が必要になるでしょう。

以上のことから、新型SUV「マグナイト」の日本導入には最低でも半年の時間がかかると考えた方がいいと思います。

よって、日産の新型SUV「マグナイト」の日本発売日は2021年9月頃という結論になりました。

スポンサーリンク

新型SUV「マグナイト」の日本発売価格はいくら?

新型SUV「マグナイト」の日本販売価格は、170万円前後になると予想します。

その最大の根拠はライバル車の価格帯です。

全長4メートル以下の小型SUVである「マグナイト」のライバルは、同じ小型SUVである「ダイハツ・ロッキー」と「トヨタ・ライズ」であることは明らかです。

「ダイハツ・ロッキー」の販売価格は170.5万円~、「トヨタ・ライズ」の販売価格は167.9万円~。

どちらも170万円前後の価格帯を設定しています。

「マグナイト」に余程画期的なシステムを標準で装備するなどなければ、170万円前後の価格帯で設定する可能性はとても高いでしょう。

よって、新型SUV「マグナイト」の日本発売価格は、170万円前後になると予想します。

スポンサーリンク

新型SUV「マグナイト」ってどんな車?

日産の新型コンパクトSUV「マグナイト」のエクステリアです。

日産がSUVモデルに採用しているヘッドライトとポジションライトを別に配置する「昆虫」のようなフロントマスクの要素は一切ありません。

ヘッドライトには直線的なデザインを採用することで、スポーティでシャープな印象を演出しています。

さらに日産がデザインアイコンとして全モデルに取り入れている「Vモーショングリル」が大幅にアップデートされました。

8角形をしたグリルには鎖のようなデザインの格子を採用することで、SUVらしい頑丈なイメージを受けます。

フロントバンパーのサイドにデザインされた大胆な「L」字のデイタイムランニングライトが「マグナイト」の存在感を演出しています。

「マグナイト」のアウターパネルには立体的なプレスラインが大胆かつ積極的に採用されています。

フロントとリアに採用されているオーバーフェンダーを演出するプレスライン。

スポーティさを演出するドアパネルのプラスライン。

頑丈さをイメージさせるバックパネルに採用された台形のプラスライン。

全長4メートル以下という小型SUVでありながらそれを感じさせない力強いデザインが採用されています。

バックパネルをよく見ると「TURBO」と「CVT」のエンブレムが確認できますが、願わくば日本仕様では「CVT」のエンブレムは外して欲しいです。

「マグナイト」のエクステリアに関してですが、フロントマスクのデザインがアウディRSQ3に似ているような気がします。

「直線的なヘッドライト形状」「8角形のグリル」「両サイドのL字型のデザイン」「サイドのシルバーパーツ」「フロントとリアのオーバーフェンダー」

似ているようで似ていないのかなぁ?

「マグナイト」のインテリアです。

垂直に切り立ったダッシュボードを採用することで、全長4メートル以下の室内を少しも無駄にしないものとなっています。

センターには8インチのタッチスクリーンを持つインフォテインメントシステムを確認することが出来ます。

そして注目すべき点は、7インチのTFT液晶パネルをメーターナセルに設定しているところです。

日本メーカーの同クラスでは初の採用となる「デジタルクラスター」が標準装備なのかは分かりませんが、一部の高級車にしか採用されていなかったデジタルメーターがついにこのクラスの車でも設定されるようになったということに感動を覚えます。

一つ不満があるとすれば、コンセプトモデルと市販モデルの質感のギャップです。

根本的なデザインはそのまま採用されていますが、「質感」が残念なことになっています。

もしかするとグレードに応じてコンセプトモデルのような「質感」になるかもしれないので、期待して待ちましょう。

「マグナイト」はルノーのコンパクトカー「トライバー」に搭載されるCMF-Aプラットフォームを共有しています。

その兄弟車の「トライバー」に採用されていると同じ95馬力の1.0ℓ3気筒のターボエンジンが採用されます。

トランスミッションはCVTが組み合わせれ、今のところ前輪駆動モデルのみのラインアップです。

おそらく日本仕様でも同じパワートレインが採用されることでしょう。

さらに日本仕様では、車の周りを見渡せる「サラウンドカメラ」の採用はもちろん、「衝突軽減ブレーキ」や「踏み間違い防止機能」などの安全装置も採用されると思われます。

日産の新型コンパクトSUV「マグナイト」の日本発売が待ち遠しいです。
[dfads params='groups=102&limit=1&orderby=random']

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND