2024年初頭に日本で発売される三菱新型「トライトン」のサイズとスペックは?価格はいくら?

三菱自動車工業株式会社が2024年初頭に新型ピックアップトラック「トライトン」を日本で発売すると発表しました。

ピックアップトラック(pickup truck)は、セダンやSUVのようにボンネットを持つ車両のキャビン(室内)以降に、バックドア等の付いていない荷台を有する貨物自動車のことを指します。

セダンやSUVのトランクリッドやバックドアで「閉ざされた荷室」とは違い、「開放式の荷台」があるのがピックアップトラックの特徴の一つです。

さらに、SUV並みの車高と悪路走破性を兼ね備えていることから、北米、南米、東南アジア、アフリカなどではピックアップトラックは非常に人気の高い車種となっています。

昨今のキャンプなどのアウトドアブームの効果もあり、日本でも人気が高まってきているピックアップトラック市場に三菱自動車工業が本格的に参入することになります。

今回は、三菱自動車が2024年初頭に日本で発売を予定している新型「トライトン」のサイズとスペックについて紹介します。

画像引用元①:ミツビシモーターズ
画像引用元②:トヨタ
画像引用元③&ソース:Motor1

三菱新型「トライトン」のサイズ

三菱が日本導入を予定している新型「トライトン」は後部座席がある4ドアモデルとなる「ダブルキャブ」となります。

新型「トライトン」(ダブルキャブ)
全長 5320mm
全幅 1865mm
全高 1795mm
ホイールベース 3130mm

ワールドプレミアで公表されたダブルキャブのサイズですが、日本仕様でもほぼ同じサイズになると予想されます。

全長こそ5.3mもありますが、全幅は1.9m以下に抑えられているので走行中はあまりボディサイズを意識することはなさそうです。

新型「トライトン」には、従来モデルと比べて曲げ剛性を60%、ねじれ剛性を40%向上させた新開発のラダーフレームが採用されています。

フレームにハイテン鋼(鉄の3倍以上の強度を持つ鋼板)の使用比率を増やすことでフレームの重量増を最小限に抑えているのも特徴です。

梯子のような構造をしているラダーフレームを採用することにより、高い悪路走破性を有していることは想像に難くないと思います。

三菱新型「トライトン」のスペック

三菱新型「トライトン」

三菱新型「トライトン」に採用されているパワートレインは、新開発された「2.4ℓ直列4気筒のクリーンディーゼルターボエンジン」のみとなっています。

パワートレインには出力が異なる3つのグレードが設定されています。

パワートレイン 出力 トルク
高出力 150kW(203PS) 470Nm
標準 135kW(183PS) 430Nm
低出力 110kW(149PS) 330Nm

高出力エンジンでは、1500rpmという低回転時から最大トルク470Nmをフラットに発生させることが可能とのことなので、とても乗りやすいと思われます。

新型「トライトン」に組み合わされるトランスミッションは「6速AT」と「6速MT」の2種類とのことですが、日本仕様では6速MTは導入されない可能性があります。

新型「トライトン」の駆動システムはもちろん四輪駆動を採用し、シンプルな「イージーセレクト4WD」と三菱自慢の高機能4WDシステム「スーパーセレクト4WD-Ⅱ」で武装しています。

「スーパーセレクト4WD-Ⅱ」によって、後輪駆動のみで走行する「2H」、フルタイム4WD走行となる「4H」、そして、センターデフロックする「4HLc」と減速比を下げる「4LLc」の4モードから選択可能となっています。

さらに、「エコ」「ノーマル」「グラベル」「スノー」「マッド」「サンド」「ロック」の7つのドライブモードも用意されているので普段乗りからヘビーデューティまで幅広く乗りこなすことが可能です。

三菱新型「トライトン」の日本価格

三菱新型「トライトン」

三菱新型「トライトン」の日本発売価格は350万円~450万円の価格帯になる可能性が高いと思われます。

一足先に発売が決定したタイ市場における新型「トライトン」の価格を見てみると、日本に導入される予定であるダブルキャブキャブは日本円で約330万円となっています。

「トライトン」はタイで生産が行われてるので、新型「トライトン」が日本の工場で生産されない限り、販売価格には輸送費が上乗せされることになります。

ということは、少なくとも日本仕様の新型「トライトン」の価格はタイでの販売価格330万円以上になるのは間違いなさそうです。

また、日本仕様としてタイ仕様よりも装備を充実させることも考えると、新型「トライトン」の日本発売価格は350万円前後になると予想しました。

ライバルはもちろんトヨタ「ハイラックス」

トヨタハイラックス

三菱の新型ピックアップトラック「トライトン」のライバルはもちろんトヨタ「ハイラックス」となります。

2023年時点で日本の正規代理店にて新車のピックアップトラック(軽自動車は除く)が購入できるモデルはトヨタ「ハイラックス」と、Jeep(ジープ)「グラディエーター」の2モデルだけです。

ちなみに、日本未導入のピックアップトラックであるトヨタの「タンドラ」や「タコマ」も新車で購入可能ですが、並行輸入車なので価格も割高なうえにメーカー保証も受ける事が出来ませんので候補からは除外しています。

さらに、トヨタ「ハイラックス」の日本販売価格は352万円~に対して、Jeep「グラディエーター」の日本販売価格は960万円~とかなり高額となっています。

販売価格帯を考慮すると、Jeep「グラディエーター」は新型「トライトン」の直接的なライバルにはならないと思います。

以上のことから、三菱新型「トライトン」のライバルはトヨタ「ハイラックス」一択となります。

新型「トライトン」と「ハイラックス」のサイズ比較

サイズ比較 新型「トライトン」 「ハイラックス」
全長 5320mm 5340mm
全幅 1865mm 1855mm
全高 1795mm 1800mm
WB 3130mm 3085mm

三菱新型「トライトン」とトヨタ「ハイラックス」のサイズを比較してみると、三菱新型「トライトン」の方が「20mm短く」「10mm幅広く」「5mm低く」「45mmホイールベースが長い」ことがわかります。

いずれにしても差異は50mm以下なのでほぼ同サイズということが確認出来ます。

新型「トライトン」と「ハイラックス」のエンジン比較

エンジン比較 新型「トライトン」 「ハイラックス」
排気量 2.4ℓ 2.4ℓ
気筒数 直列4 直列4
種類 ディーゼル ディーゼル
過給機 ターボ ターボ
モーター × ×
出力 ①150kW(203PS)
②135kW(183PS)
③110kW(149PS)
110kW(150PS)
トルク ①470Nm
②430Nm
③330Nm
400Nm

三菱新型「トライトン」のパワートレインの方が「出力」「トルク」ともに「ハイラックス」を上回っていることがわかります。

「ハイラックス」と同じ出力を持つ「低出力エンジン」だけを比較すると、「ハイラックス」のエンジンの方がトルクフルのようですね。

ちなみに、まだ日本仕様の新型「トライトン」に採用されるパワートレインについては公表されていません。

もしかすると、「②の標準エンジン」もしくは「③の低出力エンジン」のみの導入となる可能性もあります。

日本仕様のエンジンスペックに関しては三菱自動車の正式発表を待ちましょう。

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND