アウディ「S5」が高性能ディーゼルエンジンに変更!日本発売時期は?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

ドイツの自動車メーカーであるアウディが手掛けるDセグメントのクーペモデル「S5」に搭載されるパワートレインがディーゼルエンジンに変更されることがわかりました。

アウディ「S5」は、アウディの中型セダン「A4」をベースのクーペモデルである「A5」の高性能モデルです。

最高出力354PS、最大トルク500Nmを発生する3ℓV6ターボエンジンを搭載し、2ドアクーペの「S5」と4ドアクーペの「S5 Sportback」を展開しています。

2019年4月17日の発表によると、これまだ搭載していた3ℓV6ターボエンジンに変わり、3ℓV6ターボディーゼルエンジンが採用されるとのこと。

そんな新しい「S5」の日本発売時期と性能を調べてみました。

スポンサーリンク

アウディ「S5 TDI」の日本発売時期はいつ?

まず最初に新生「S5」の日本発売時期ですが、残念ながらオフィシャルの発表はまだありません。

2019年4月現在、ドイツ本国のホームページで「S5」を確認すると「既に販売されておらず、生産された車は利用可能です(Google翻訳)」という言葉を発見しました。

要するに「もう新車を作ってないから在庫車から選んでください。」ということですね。

推測ですが、すでにガソリンエンジンモデルの生産はなく、ディーゼルエンジンモデル待ちといったところでしょうか。

欧州では2019年5月から発売されるので、その半年後の2019年年末から2020年初め頃に日本で発表される流れが普通ですが、そう簡単にはいかないでしょう。

実はアウディ「A5」シリーズはもうすぐフェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジを控えています。

もし日本に導入するとなると、このビッグマイナーチェンジ後である可能性が高いでしょう。

マイナーチェンジによる改良新型の「A5」が日本で発売される時期は2020年9月頃とM's reportでは予想しているので、高性能ディーゼルエンジンを搭載した「S5」が日本で発売されるのはどんなに早くても2020年年末から2021年初頭になると思われます。

すでに本国ではガソリンモデルの「S5」の生産が終了しているので、日本でもしばらく「S5」の販売が止まってしまう可能性が高いでしょう。

高性能ディーゼルエンジンと搭載する改良新型「S5」の日本発表は少し気長に待つ必要があるようです。

ちなみに、欧州では「S5」「S5 Sportback」ともに、6万5300ユーロ(約830万円)からとなります。

スポンサーリンク

アウディ「S5 TDI」

今回発表された「S5 TDI」の画像からはエクステリアとインテリアのデザインに特に変更点は確認できません。

強いて言うならばアルミホイールのデザインがガソリンモデルと違うといった程度かと思います。

新生「S5」に搭載される高性能ディーゼルは、3ℓV6ターボディーゼルエンジンに48Vのマイルドハイブリッドを採用しました。

エンジンはターボと電子コンプレッサーによるダブル過給により、最高出力はガソリンモデルモデル並みの347hp(351PS)と、71.4kgm(700Nm)という4ℓツインターボガソリンエンジン並みの大トルクを獲得しています。

またマイルドハイブリッドにより、55~160km/hの範囲でクルーズ中(激しい加速と減速を伴わない走行時)、最長で40秒エンジンを休止させ、モーターのみの走行が可能となります。

それにより、100kmあたり、最大0.4リットルの燃料を節約できるということらしいですが、それだけではなく、加速時にはモーターが5PS程ですがエンジンをアシストすることで加速性能も向上しているようです。

メーカーの公表によると「S5クーペTDI」の0~100km/h加速タイムは4.8秒、最高速は250km/h、「S5スポーツバックTDI」の場合、0~100km/h加速は4.9秒、最高速は250km/hの性能を発揮します。

ちなみに最高速はリミッター制御によるものですので、本当はもっと出るかもしれません。

しかし、700Nmのトルクには驚きですね。

先代のアウディ「S8」「RS7」「RS6」に搭載されているの高性能ガソリンエンジンである「4ℓV8ツインターボエンジン」のスペックが最高出力605PS、最大トルク750Nmであることを踏まえると、馬力こそ劣りますがトルクに関しては申し分ない数値が出ていると思います。

ディーゼルエンジンでこれだけの高スペックを獲得できるならもうガソリンモデルを作らなくなるのも納得です。

ちょっと残念なのはあの3ℓV6ガソリンターボエンジンの乾いたレーシーなサウンドが聞けなくなることですね。

「TDI」が奏でるエキゾーストサウンドに期待しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

アウディ「A5」の高性能モデル、「S5」のエンジンがガソリンからディーゼルに変更になりました。

ディーゼルエンジンと言うとトルクは大きく馬力が少ないイメージでしたが、ターボと電子コンプレッサーのダブル過給により、従来のガソリンエンジンモデルと同等の馬力を手に入れ、さらには従来モデルを大きく超えるトルクを獲得しています。

まさにモンスターマシーン並みの加速力(トルク)を手に入れたわけです。

ガソリンエンジンにある伸びやかな加速フィーリングがどの程度ディーゼルエンジンで体感できるかが気になるところですが、700Nmというトルクを考えるともはや気にすることではないのかもしれません。

ル・マン24でもディーゼルエンジンを採用したアウディのことなのできっと車好きが満足するディーゼルエンジンに仕上げていることでしょう。

日本での発売の有無もまだ不明ですが、ぜひ日本にも導入して貰いたいと思っています。

新生アウディ「S5」の発売が楽しみです。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう