アウディ「Q7」の最強モデル「RSQ7」発売される可能性はあるのか?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

2019年6月、アウディが展開するビッグSUVモデル「Q7」がフェイスリフトを伴うビッグマイナーチェンジを迎えました。

そして2019年8月には、「Q7」の高性能モデルとなる「SQ7」も改良新型となり発表されました。

改良新型「SQ7」に搭載されているパワートレインは、最大出力435馬力と最大トルク91.8kgmを発生する4.0ℓV8ツインターボのディーゼルエンジンに48Vのマイルドハイブリッドユニットを採用した高性能ディーゼルエンジンです。

マイルドハイブリッドユニットは、2つのターボタービンをモーターで回転させることで、エンジンの低回転時に発生するターボラグを解消することに成功しました。

わずか0.25秒で最大トルクを発生させることの出来る過給エネルギーを生み出すシステムの搭載により、「SQ7」の高性能ディーゼルエンジンは欧州市場において最強のディーゼルエンジンとなっています。

そんな高性能モデル「SQ7」を持つ「Q7」シリーズですが、まだ「RS」モデルがラインアップされていません。

「RS」モデルとは、アウディが手掛ける「アウディ最強最速」を冠するモデルにのみ与えられる称号のことです。

2019年9月1日現在、アウディの「RS」ラインアップは、「RS3」「RS5」「RS6」となっています。

これから順次、「RSQ3」「RSQ3スポーツバック」「RS4」「RS7」「RSQ8」が発表される予定です。

今回は未だラインアップされていない「Q7」最速最強モデル「RSQ7」の発売される可能性を検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

「RSQ7」発売の可能性は?

結論から言いましょう!

「RSQ7」の発売の可能性ですが、十分にあり得ると思います。

もちろん「RSQ7」に関するアウディからの公式発表はまだありません。

しかし、アウディは「RS」モデルの展開には本気になっています。

アウディは「RS」のブランディングを行う為に、アウディのレーシング部門にして「RS」モデルの開発製造を行う子会社「quattro GmbH」の社名を「Audi Sport GmbH」へと改名しています。

そして、アウディのディーラーの中からレーシングモデルである「R8」を取り扱える店舗を「Audi Sport店」として世界展開しています。

メルセデスベンツの「AMG」やBMWの「M」のように、アウディと言えば「Audi Sport 」というブランドイメージを構築していく計画です。

その「Audi Sport」の展開においての説明において、アウディは『全てのラインアップに「RS」モデルの設定を行う準備がある』と述べています。

まぁ、「準備がある」という言い方には逃げ道はありますが、少なくとも出そうという気はあるようです。

ということであれば、「Q7」だけ「RS」を作らないとはならないでしょう。

さらに、「Q7」とプラットフォームを共有する言わば兄弟である「Q8」には一足先に「RS」モデルが発表される見通しです。

プラットフォームが同じなら益々「RSQ7」がラインアップされる可能性は高いものになると思われます。

未だに「RSQ7」が設定されていないのは、おそらく「RSQ8」の発表を先にしておきたかったからだと思います。

「RSQ8」のベースとなる「Q8」は「Q7」のクーペSUVです。

要するに「Q8」の方がよりスポーティなコンセプトでありモデルという位置にいるので「Q8」にスポーティなイメージを印象付けたいという思惑があったのかもしれません。

「RSQ8」が発表されれば、「RSQ7」が発表されるのも時間の問題でしょう。

以上の観点から、「RSQ7」の発売の可能性が十分に有ると思われます。

スポンサーリンク

「RSQ7」完成予想CG

海外の自動車情報サイト「carscoops.com」に掲載されていた「RSQ7」の完成予想CGです。

シングルフレームグリルには「RS」のアイコンデザイン「ハニカムメッシュ」に「RSエンブレム」が確認できます。

完成予想CGに使用されているパンパーデザインは「RS5」などに採用されているデザイン言語を参考に作成されています。

カーボン製のフィンがフロントアンダースポイラーとサイドエアインテイクをよりシャープに印象付けています。

フロントフェンダーには「ブリスターフェンダー」が採用され、「RS」らしさを表現しています。

オーバーフェンダー化されたことにより、アルミホイールは22~24インチが想定されるでしょう。

「RSQ7」完成予想CGのリアビューです。

大型のリアディフューザーを採用し、サイドには「RS」のデザインアイコンである「オーバルマフラー」が確認できます。

バックドアのメッキガーニッシュはブラックに塗装されることによって、引き締まった印象になっています。

リアフェンダーにも横に拡張された「ブリスターフェンダー」が確認できます。

「RSQ7」に搭載されると期待されているパワートレインは、4.0ℓV8ツインターボガソリンエンジンです。

最高出力は600馬力前後となると見られています。

パワートレインはおそらく「RS6」「RS7」「RSQ8」と同じものとなるでしょう。

車両のキャラクターによって、多少のスペックの差別化は行われるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

アウディの3列シートを持つビッグSUV「Q7」の最高位モデル「RSQ7」の発売の可能性について考えてみました。

アウディ「Q7」が2代目となって早4年ですが、いまだに「RS」モデルのラインアップが行われていません。

その背景には、「Q7」のスポーツグレードとして発表を控えていた「Q8」の存在が多少関係していたように思えます。

人気のクーペSUVの新型車として注目度が高い「Q8」の方が、「SQ8」「RSQ8」という高性能モデルを展開するにあたって都合が良かったのかもしれません。

「RSQ8」の正式発表が行われれば、そんな遠くない未来に「RSQ7」の発表が行われると思われます。

アウディ最速の3列シートとなる「RSQ7」の正式は発表が楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう