アウディA3の超高性能モデル「RS3」に試乗したので評価してみた!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

どうも、Mです。

ついにアウディA3シリーズの最強最速のモデルである「RS3」に乗ることが出来ました!

私の友人の知人(もやは他人)の方が「RS3」に乗っているというのは聞いていたのですが、たまたまお会いする機会があったので、ダメもとでお願いしたところ快諾してくれました。

いやぁ~、友人の幅広い人脈に感謝です。

アウディ「RS3」は、最高出力400PSと最大トルク480Nmを発生させるアウディ伝統の2.5ℓ5気筒ターボエンジンを搭載し、アウディの四輪駆動システム「quattro」によりその膨大なパワーを持て余すことなく路面に伝えることで、時速100kmまでの到達時間はわずか4.1秒という俊足を可能にしています。

アウディのハイパフォーマンスモデル「RS」シリーズにおいて、もっともコンパクトなモデル、それが「RS3」です。

2019年現在、アウディ「RS3」はラインアップから外れているので欲しくても注文が出来ない状態となっています。

どうしても欲しい人は中古車でしか買えないということですね。

今回はそんな希少な存在であるアウディ「RS3」の試乗インプレをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

アウディRS3スポーツバックの試乗インプレ

まずは今回試乗させていただいた相棒の紹介です。

アウディRS3スポーツバック、カラーはグレイシアホワイトメタリックです。

車両本体価格は7,620,000円と「RS」としてはお手頃な価格設定となっています。

装備されているオプションは、

  • パノラマサンルーフ
  • アウディマグネティックライド
  • マトリクスLEDヘッドライト
  • プライバシーガラス
  • ブラックスタイリングパッケージ
  • RSデザインパッケージ
  • 5アームローターデザインアルミホイール

となっています。

注目の合計金額は、8,430,000円です!

今回試乗を快諾頂いたオーナー様、どうもありがとうございます。

アウディRS3スポーツバックのエクステリア

私もアウディA3スポーツバックのS-lineパッケージに乗っていますが、この「RS3」の存在感は別格ですね。

シングルフレームやバンパーのデザインがまったく私のA3と違います。

シングルフレームの下には立体的にデザインされた「quattro」のロゴがあります。

ブラックスタイリングパッケージを装着しているのでボディカラーのホワイトを相まって一際目立っています。

アルミホイールもオプションのものに変えてあるのでかなりスポーティな印象です。

アルミホイールの隙間から見えるドリルドブレーキディスクと「RS」のロゴが入ったブレーキキャリパーがこの車が普通ではないことを物語っています。

アウディの「RS」と言えばこのオーバルマフラーの存在も忘れてはなりません!

このコンパクトなボディに似つかわしくない大口径のマフラーエンドがカッコいいですね。

アウディRS3スポーツバックのインテリア

インテリアはブラック中心にレッドステッチやエアベントにもレッドのアクセントが入っている仕様となっています。

ステアリングホイールはナッパレザーとスウェードの異なる素材でラッピングされており、握った感触もまるでレーシングカーのステアリングホイールのような握り心地です。

シートはオプション設定の「RSデザインパッケージ」によりヘッドレスト一体型のRSスポーツシートとなっています。

オーナー様によると、標準シートは電動シートなのに「RSスポーツシート」になると手動になるとのこと。

「オプションで210,000円も払うのにですか?」という貧乏性の私の問いかけに、「軽量化と思えばいいんだよ。」とサラっと答えるオーナー様。

まさに自分の小ささを知った瞬間でした。(笑)

アウディRS3スポーツバックの試乗

いよいよ試乗です。

スタートボタンを押した瞬間、「ボーン、ボン、ボン」と重低音のきいたエキゾーストサウンドが車内に響きます。

車内でも結構大きい音がするんですが、これ外で聞いたら半端ないです!

「ブォーン、パン、パン」と今にもバックファイヤーが出るのではないかと思うような音がします。

まるでレーシングカーのようです。

シフトを「D」に入れ、いざ出発。

アクセルを踏んだ瞬間から太いトルクを感じることが出来ます。

オーナー様の了承のもとアクセルを踏み込みます。

「ブーン」とも「ファーン」とも聞こえる5気筒エンジンが奏でる独特のエキゾーストサウンドを響かせながら、みるみる景色を置き去りにしていくRS3。

トルクが太くて速い!めちゃんこ速い!

正直こんなコンパクトな車に搭載していいエンジンではないですね。

明らかに日本の道路ではオーバースペックであることは間違いありません。

しかし、不思議と怖くないんです。

安心してアクセルを踏んでいけます。

そこでオーナ様が気を利かせてくれて、走行モードを「Auto」から「Dynamic」へ切り替えてくれました。

どこか遠いところでしていたエキゾーストサウンドが一気に距離を縮め、エンジンレスポンスが向上します。

そして、オプションで装備されている「アウディマグネティックライド」が瞬時に足回りを固めます。

ただでさえ少し硬めの足がもう一段回引き締められたのをステアリングとシートから感じます。

快音を響かせるエンジンのアクセルを緩めると、後ろから「ボン、ボコボコボコ」とマフラーからレーシングカーさながらの音が聞こえてきます。

もう気分はGTドライバーです。(笑)

引き締められた足は確かに硬いのは硬いですが、いやな跳ね方はせず、しっかりと路面を捉え続けてくれます。

ちょっとした段差では結構な突き上げを感じますが、許容範囲内です。

とにかく400PSと480Nmのパワーは伊達ではありませんね。

結果、「RS3」はA3の形をしただけのまったく違う車と認識しました。

今回はほぼ直線しか走っていませんが、この車でサーキットを走ると尚の事良さが分かると思います。

スポンサーリンク

アウディRS3スポーツバックの評価

アウディRS3スポーツバックはとんでもない車でした。

こんなのに乗ったら自分のアウディA3スポーツバックに乗れなくなってしまいそうです。(涙)

そんなアウディRS3スポーツバックの気になった点をご紹介します。

「RS」専用のメーター

アウディRS3スポーツバックに搭載されているバーチャルコックピットには「パワー」と「トルク」の表示があります。

アクセルを踏むとエンジンが発生させる「パワー」と「トルク」がパーセントで表示されるので、なんだかテストドライバーにでもなった気分です。

もちろん運転中はあまり直視できませんが、視界の下の方で円グラフが動いているのは確認できます。

役には立たないかもしれませんが、とても面白いギミックだと思ったので紹介しました。

スタート時のエンジン音

スポーツカーと言えば胸のすくようなエンジン音ですよね。

アウディRS3スポーツバックもハイパフォーマンスモデルらしい快音を響かせていました。

ただ気になったのは、エンジンをかけた時の音です。

エンジン音は室内にいればそこまで気にならなかったのですが、外で聞くとちょっとビックリする音がします。

音に神経質なご近所さんなどがいらっしゃる場合には何かしらの対策を行うことをお勧めします。

また、深夜と早朝でのエンジンスターも出来るだけ自粛した方がいいでしょう。

ちなみに、エンジンがかかる時は大迫力の音がするのに、エンジンが暖まった途端に今までが嘘だったかのように静かになります。

どんだけツンデレだよ!とツッコミたくなりますね。

スポーティな音は嫌いではありませんが、せめて静かにスタートさせるモードの設定があっても良かったと思います。

リアフェンダー

フロントフェンダーはブリスターフェンダーになっているのに、リアフェンダーは通常モデルと同じになっています。

ワンランク上の「RS4」をはじめ、「RS5」「RS6」のフロントとリアフェンダーにはブリスターフェンダーが採用されていました。

これにより、前から見ても後ろから見ても明らかに通常モデルにはないワイド感と力強さがあったのですが、「RS3」はフロントのみの採用となっています。

オーバルマフラーが採用されているのである程度の力強さを感じることは出来ますが、出来ればブリスターフェンダーを採用してもっとワイド感を出して欲しかったというのが本音です。

フロントマスクの迫力が強いだけにちょっと残念な点ですね。

総合評価

「スタート時のエンジン音」と「リアフェンダー」を含めても、アウディRS3スポーツバックが魅力的な車であることは間違いありません。

アウディRS3に関しては、ハッチバックモデルの「スポーツバック」とは別に、セダンモデルもラインアップされていた点は非常に魅力的でした。

アウディ「RS」シリーズ唯一のセダンモデルということもあり、注目度も高かったと思います。

なんと言ってもアウディが誇る2.5ℓ5気筒ターボエンジンは本当に素晴らしかったです。

さすがエンジン・オブ・ザ・イヤーを連続受賞しただけのことはあります。

ハイパフォーマンスモデルというと気を使って乗らないといけないイメージがありますが、アウディRS3スポーツバックにはその気遣いが一切不要のように感じました。

とにかくすごく乗りやすいんです。

普通に使っても良し。せめても良し。

アウディRS3スポーツバックは一台で二役の優れものです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はアウディRS3スポーツバックの試乗インプレをご紹介しました。

アウディRS3スポーツバックがラインアップから外れているので本当に希少な車になりましたね。

2020年にフルモデルチェンジが予想されているA3ですが、新型でRS3が発売されるのかは分かりません。

発売になったとしても純粋に2.5ℓ5気筒ターボエンジンではなく、ハイブリッドなどのシステムで武装される可能性も十分考えられます。

もしかすると、今あるアウディRS3が最初で最後のガソリンエンジンのみのパワートレインを搭載したモデルになるかもしれませんね。

私もアウディA3ユーザーとして、その最高峰に君臨する「RS3」は気になっていましたが、やはり想像通りのハイパフォーマンスカーでした。

「自分のA3もRS3だったらなぁ」と妄想をしながら帰ったのは言うまでもありません。(笑)

スポーツカーとしてのポテンシャルを発揮しつつ、日常生活をおくる為の車としても気軽に使えるRS3はまさに万能選手です。

あなたがもしアウディRS3を検討しているのであれば、このインプレをぜひ参考にして下さい。

よく読まれています

アウディ「A3シリーズ」の購入をご検討のあなたへ

アウディ「A3シリーズ」を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう